« 歩いてきました「両国から日本橋薬研堀不動院」その3 | トップページ | 行ってきました「東京モーターショー2017」 »

2017年11月 4日 (土)

どうなる?「MFゴースト」

2013年に終了した「頭文字D」のあと、「高嶺の花」や「セーラーエース」を描いていた、しげの秀一。
9月からの新連載「MF GHOST」です。

舞台は近未来。
主人公「カナタ ・リヴィントン」は、イギリスの名門レーシングスクール出身。
日本に来て、箱根で行われる公道レースに旧型つまり今の赤い86で参戦します。

そのレースのエグゼクティブオーガナイザーは「リョウ・タカハシ」。
統括本部長は「上有史浩」。
カナタは「藤原の教え子」。
カナタの日本名は「片桐夏向」。

さぁ、面白くなってきました。
頭文字Dに関わる名前が、次々と出てきます(^^)

これらの中で「片桐」ですが。
プロジェクトD編のチーム名ではありますが、さほど重要でもないですよね。
カナタくんのお父さん、どんな人なのでしょう。
Mfghost_20171104


ちょっと引っかかるのが「史浩」です。
初期の赤城レッドサンズでは「外報部長」と呼ばれています。
頭文字Dの連載開始が1995年、ちょうど一連の事件の頃。
誰がモデルかは、明らかです。
当時も気になりましたが、名字は出ませんでしたし。

それが、こちら「MFゴースト」では「上有」。
字は違いますが、このフルネームは、どうなんでしょう。
20年以上経ったとはいえ、目にして嬉しい名前ではありません。

大手出版社の有名雑誌です。
何段階ものチェックを経て、問題なしと判断しているのでしょうが。

|

« 歩いてきました「両国から日本橋薬研堀不動院」その3 | トップページ | 行ってきました「東京モーターショー2017」 »

MFゴースト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうなる?「MFゴースト」:

« 歩いてきました「両国から日本橋薬研堀不動院」その3 | トップページ | 行ってきました「東京モーターショー2017」 »