« 歩いてきました「両国から日本橋薬研堀不動院」その2 | トップページ | どうなる?「MFゴースト」 »

2017年11月 2日 (木)

歩いてきました「両国から日本橋薬研堀不動院」その3

両国橋を渡って、中央区日本橋です。
左に曲がると、薬研掘不動院の参道です。
とは言え、ただのビル街に柳の木とのぼりがあるだけ。
曲がり角は、創業明治10年の太田牛乳、二階は喫茶デルフリ村ですって。
時々ハイジが来てくれるかも(^^)
不動院自体は、ビルの屋上に建つような構造なのですね。
毎月28日が、縁日だそうです。
20171028_06

まずはお参りをしてと。
縁日イベントの一環ですね、干支のお守りも頂きました。
ご朱印も頂いてと。
駐車場の裏に「遍路大師」の像。
弘法大師が全国各地を行脚した姿。
その両脇にも石碑が。
--------------------------------------------
右側の石碑は「講談発祥記念之碑」。
 由来の記

 元禄の昔、赤松清左衛門は浅草見附辺の町辻で
太平記を講じ、江戸講釈の発祥となった。これが
後に「太平記講釈場」に発展して長く庶民に親
しまれ、安政年間、「太平記場起原之碑」が建て
られた。この碑はその後、当不動院境内に移され、
大正十二年の関東大震災まで名物となっていた。
 この度、 当不動院と講談協会との因縁により、
真言宗宗祖弘法大師一千百五十年御遠忌を記念し、
相はかって茲に新たに建碑をなすものである。

 大僧正 高橋隆天撰書

 弘法大師一千百五十年御遠忌記念
  大本山川崎大師平間寺
 昭和五十九年秋吉祥  東京別院薬研堀不動院
   講談協会 建之

講談発祥の資料提供 日本大学国文学部教授
   民俗芸能研究家 永井啓夫氏
--------------------------------------------
左側は「順天堂発祥の地」。
順天堂発祥之地
 天保九年(西暦一八三八年)
 順天堂始祖佐藤泰然この地に
 和蘭医学塾を開く

 昭和五十七年四月十日
  学校法人 順天堂 建之
--------------------------------------------
小雨の中、縁日のイベントとして、人力車と駕籠も登場です。
20171028_07

画像はないのですが。
2時からは、本堂で講談の会です。
なんと、本堂で行われます。
出演は、一龍齋貞友さん。
声優としても有名な方。例えばこんな作品です。
 ちびまる子ちゃん おかあさん
 忍たま乱太郎 しんべヱ
 クレヨンしんちゃん マサオくん
演題は「木津勘助」。
約45分、すぐそばでたっぷりと聞かせて頂きました。
20171028_00

チンドン屋さんも繰り出して。
子どもたちも楽しそう。
近くにあった小さな本屋さんで、オミヤゲに文庫本。
萩原浩「花のさくら通り」。
先日始まったテレビの新番組「ユニバーサル広告社」の原作です。
20171028_08

1.9km 22分のところ、滞在時間4時間以上。
東京の下町は、深いですね~(^^)

その後、新宿に移動し、本日の歩行は約14,000歩。
20171028_09

|

« 歩いてきました「両国から日本橋薬研堀不動院」その2 | トップページ | どうなる?「MFゴースト」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/65995417

この記事へのトラックバック一覧です: 歩いてきました「両国から日本橋薬研堀不動院」その3:

« 歩いてきました「両国から日本橋薬研堀不動院」その2 | トップページ | どうなる?「MFゴースト」 »