« 行ってきました「東京モーターショー2017」その3 | トップページ | 工場見学です「株式会社SUBARU(スバル) 群馬製作所 矢島工場」その2 »

2017年11月11日 (土)

工場見学です「株式会社SUBARU(スバル) 群馬製作所 矢島工場」

日産に続き、完成車の無資格検査が発覚した、株式会社SUBARU(スバル)。
検査工程の画像入り記事がありましたので、失礼してキャプチャ。
Toyokeizai_201711

先日、そのスバルの矢島工場の見学に行ってきました。
2017年10月のホンダ狭山工場と同じようなパターンですが、全くの偶然です。
20171107_02

群馬県太田市の矢島工場内の「スバルビジターセンター」です。
一日に何組もの団体を受け入れているようです。
バスを待たせて、小学生が記念撮影の準備中。
2年前のホンダの寄居工場と同様に、建屋同志は空中の通路で繋がっています。
20171107_01

さて集合です。
まずはDVDとパワーポイントによる、会社概要と見学内容の説明。
その後、工場の見学です。
工場内はお約束の撮影禁止ですので、画像はありません。
寂しいので、スバルビジターセンターのサイトから拝借です。

ホンダとは違い、帽子の着用は指示されませんでした。
工場建屋の壁際の高い位置に、見学専用の通路が作られています。
ちょうど、二階のベランダから見下ろしているような感じ。
作業エリアと完全に分けられているので、帽子は不要ということでしょう。

まずはプレス工程。
ボディのパネルが作られています。
まずはコイル材を平らにし、外形だけ打ち抜き。
その後、巨大な5000トントランスファープレスで成型。
軽く二階建ての民家くらいはありそうです。
Subaru_201711_01

次は溶接工程。
産業用ロボットが、数工程に分けてバチバチとボディを溶接。
最近見た他社の最新のラインに比べると、素人目にやや冗長に見えます。
Subaru_201711_02

その後、組立工程を経て、完成車両検査を見学通路から見下ろします。
Subaru_201711_03

エンジンをかけて、ホーンやライト、サイドスリップ検査など。
問題の工程ではありますが、てきぱきと普通に作業をしているなー、と思うだけです。
Subaru_201711_04

展示されていた写真を見ますと、工場は昭和55年に建てられたようです。
普通の建物の三階分はありそうな「ノコギリ屋根」の建屋です。
高い位置の通路からは、各工程を見下ろしながらの見学です。
で、目の高さには、大量の塗装前のボディやドア。
大きなハンガーで吊るされて、次の工程を待っています。
ぐるぐる回ってすごい光景ですが、、、
中間工程で多く在庫を抱えているようにも見えます。

工場の入り口には、いかにも手作りの坪庭があったり。
木目の案内板や、手描きの説明図など。
こういった手作り感も、ちょっと楽しいです。

歴代スバル車のギャラリーなどは、後ほど。

|

« 行ってきました「東京モーターショー2017」その3 | トップページ | 工場見学です「株式会社SUBARU(スバル) 群馬製作所 矢島工場」その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 工場見学です「株式会社SUBARU(スバル) 群馬製作所 矢島工場」:

« 行ってきました「東京モーターショー2017」その3 | トップページ | 工場見学です「株式会社SUBARU(スバル) 群馬製作所 矢島工場」その2 »