« 見てきました「弥生美術館 滝田ゆう展」その2 | トップページ | 面白い!!!テレビドラマ「重版出来」 »

2018年1月26日 (金)

見てきました「東京理科大学 近代科学資料館」

弥生美術館から移動します。

すぐそばの東京大学構内を抜けて地下鉄の駅へ向かいます。
おっ。キレイなTX650。
農学部の構内には、忠犬ハチ公と飼い主の上野英三郎博士の像。
20180120_03

飯田橋です。
外堀通りを少し歩くと東京理科大
不思議なモニュメントは「坊ちゃんの塔」。
夏目漱石「坊ちゃん」の主人公は、理科大の前身の東京物理学校の卒業という設定です。
それにちなみ、平成26年に設置されたそうです。
この角を曲がると「近代科学資料館」がすぐそこ。
入場無料。
おぉ。こいつはすごい。
決して広くはありませんが、すごいコレクション。
20180120_04

有史以前というような、牛骨や藁の記録装置。
そろばんや機械式計算機はもちろんのこと。
バベッジの階差エンジンやホレリスのパンチカードシステム。
アナログ微分解析機。パラメトロン電子計算機。
コンピュータ開発史に出てくるあれこれの、まさに現物がずらり。

さぁ来ましたよ。
この辺からは、私も触って使って、よーく知っています。
記憶装置はさん孔テープから歴代フロッピー。
1981年シャープMZ-80B、1989年東芝ルポJW9HD、1990年NEC初代98NOTESX。
20180120_05

1983年IBMマルチステーション5550。
私もさんざんイジりました。
グリーンディスプレー全盛の時代に、アンバー24ドットの画面は新鮮でした。
渥美清がCMキャラクター。
当時のコピーは「友よ。機は、熟した。」
担当者が、渥美清に操作しているようなポーズを依頼したところ、、、
「私は使えないのだから」と断ったという話がありました。
20180120_06
ゲーム機やオーディオも歴代製品がずらり。

何時間でも見ていたいですが。

さて。
飯田橋に戻り、すっかり日も暮れた神楽坂です。
寒い夜には、お鍋。
鶏肉あんこう野菜たっぷりの、ちゃんこ鍋。
20180120_07

|

« 見てきました「弥生美術館 滝田ゆう展」その2 | トップページ | 面白い!!!テレビドラマ「重版出来」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見てきました「東京理科大学 近代科学資料館」:

» 近代科学資料館は日本一の計算機コレクション [ぱふぅ家のホームページ]
近代科学資料館は東京理科大学が運営する博物館で、算木から算盤、大型電算機、電卓、パソコンまで日本一の計算機コレクションがある。タイガー計算機は実際に触れることができる。圧巻は、Bush式アナログ微分解析機のデモンストレーションだ。地下には数学体験館がある。... [続きを読む]

受信: 2018年2月 4日 (日) 12時06分

» 近代科学資料館は日本一の計算機コレクション [ぱふぅ家のホームページ]
近代科学資料館は日本一の計算機コレクション【更新】東京理科大学 神楽坂キャンパス、庚嶺坂の写真を追加 [続きを読む]

受信: 2018年2月15日 (木) 18時54分

« 見てきました「弥生美術館 滝田ゆう展」その2 | トップページ | 面白い!!!テレビドラマ「重版出来」 »