« 歩いてきました「結城のひな祭り」その2 | トップページ | 眺めてきました「KDDI八俣送信所」 »

2018年3月 8日 (木)

歩いてきました「結城のひな祭り」その3

2018年3月3日(土)の続きです。

お蕎麦屋さん「田村そば店」で、おかめそば700円。
どーんと仙台麩が立っています。
えーと。
おかめそばって、具を並べて「おかめ」の顔に見えるのですよね。
ですがこちらは、特に顔に見えるというわけでも。
お雛さまには、キャラメルコーンなど、かわいいお菓子が飾られていました。
すぐ隣の「石島荒物店」も良い感じ。
ガラス窓の貼り紙は「子ども英会話教室」ですって。
20180303_08

空き店舗を再生した、おしゃれっぽいカフェも数店。
20180303_09

蔵に洋風の増築をした建材店、裏の三階建てと繋がるお茶屋さん。
呉服屋さんも、良いですねぇ。
カメラ屋さんには、振袖姿の広瀬すず。
さらに「カラー写真<現像・焼付>明日出来ます」という懐かしいカンバン(^^;
20180303_10

時代は下がって、凝った意匠の赤い屋根は床屋さん。
建物両脇に塔のような飾りのついた建物は、何のお店だったのでしょう。
洋品店には、地元中学校の入学用品の立て看板。
手造りのパネルは、ポケモンとアンパンマン。
20180303_11


というわけです。

お雛さまの展示は、真壁の約160か所に対し、こちらは37か所。
歴史的景観という意味でも、真壁ほどの密度ではありません。
また、休憩などの拠点も少なく、食事や物販のイベントもありません。

その代わり、看板建築などの昭和テイストも楽しめますし。
先のような話好きのダンナさん、良い感じのお店もありました。

これはこれで、良いですねぇ。
ビラには「近隣のひな祭り」として、真壁と筑西が紹介されていました。
これで来年は、お雛さまで三日を費やすことに(^^)

|

« 歩いてきました「結城のひな祭り」その2 | トップページ | 眺めてきました「KDDI八俣送信所」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/66468244

この記事へのトラックバック一覧です: 歩いてきました「結城のひな祭り」その3:

« 歩いてきました「結城のひな祭り」その2 | トップページ | 眺めてきました「KDDI八俣送信所」 »