« Breva750で「小鹿野春まつり」 | トップページ | 見てきました!!!映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」 »

2018年4月24日 (火)

Breva750で「小鹿野春まつり」その2

2018年4月20日(土)の続きです。

さーて、お昼です。
小鹿野の名物と言えば、わらじカツ。
いつもの通り、元祖の「安田屋」には行列が出来ています。
それではこちら「昭和」というお店にしてみます。
おみそ汁と漬け物も付いて、900円。
20180421_05
さーて、午後は「小鹿野歌舞伎」です。
時間が合えば、先の屋台の上での上演も見たかったですが。
会場の前で、白塗りのお姉さんがビラを配っていました。

歌舞伎の会場は「小鹿野町観光交流館」。
パイプいすの観客席が、ざっと100席ほど。
まずは子どもたちの太鼓がありまして。
少子化が進む中、なんとか地元の子どもたちで活動しているそうです。
その後、小鹿野歌舞伎です。
演目は「義経千本桜 伏見稲荷鳥居前之場」。
義経を追って、静御前が長刀を抱えて登場。
先ほどのビラ配りのお姉さんが現れるかと思いきや・・・(^^;
20180421_06

義経を捜しに来た、早見の藤太と家来が登場。
道化役として、家来が観客にインタビューして笑わせます。
20180421_07

道路に出ると、ちょうど神幸祭(神輿渡御)です。
衣装も立派ですし、天狗のお面が格好良い。

この後、流鏑馬奉納などもあるのですが。
そろそろ引き上げましょう。
おみやげは、いつもの「太田甘池堂」の羊羹。
 白いんげんで上品な「本煉」。
 白いんげんに柚子の香りの「柚子」。
 柔らかな小豆の粒がいっぱいの「田舎」。
さすがに、まるまる三棹は多いので、220円の小さいサイズで複数購入。
農協直売所で「朝採れ蕨」ひと束300円。
20180421_08
今年は花が早くて、すでに芝桜も見ごろだそうです。
秩父市内へは近づかず、秩父高原牧場を抜けて帰りました。
こちらもひと月後には、一面にポピー咲き誇り、賑わうのでしょう。

|

« Breva750で「小鹿野春まつり」 | トップページ | 見てきました!!!映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/66647487

この記事へのトラックバック一覧です: Breva750で「小鹿野春まつり」その2:

« Breva750で「小鹿野春まつり」 | トップページ | 見てきました!!!映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」 »