« スケッチお試しです「鉛筆下書きで、そのまま彩色」 | トップページ | MFゴーストでがっかり「その後の藤原拓海」(-_-) »

2018年4月13日 (金)

スケッチお試しです「鉛筆下書きで、そのまま彩色」その2

というわけで。

鉛筆で薄く下書きをした、江戸東京たてもの園の常盤台写真場。
お手本は、午後の遅い時間に撮った画像です。
夕陽に照らされて、白い壁がオレンジに染まっています。
20180413_2

濃い背景は後にして、白っぽい建物を先に彩色してみます。
20180413

ありゃー。
これはダメです。

夕日の当たっている面は、まぁ良いとして。
日陰の面で大失敗。
夕陽の色から濃い目にしたら、ただの茶色い壁に(泣)
自分に突っ込み。

 ちがうよ! 夕日の日陰になってるけど、白っぽい壁なんだよ!

それから、乾く前に窓枠を描き足したら、滲んでぐちゃぐちゃ(泣)
窓枠や庇などは、線画で描いてしまった方が良いようです。

下書きを薄く描くのは、建物には向かないようですねぇ。

|

« スケッチお試しです「鉛筆下書きで、そのまま彩色」 | トップページ | MFゴーストでがっかり「その後の藤原拓海」(-_-) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/66606940

この記事へのトラックバック一覧です: スケッチお試しです「鉛筆下書きで、そのまま彩色」その2:

« スケッチお試しです「鉛筆下書きで、そのまま彩色」 | トップページ | MFゴーストでがっかり「その後の藤原拓海」(-_-) »