« 見てきました!!!映画「レディ・プレイヤー1」 | トップページ | Breva750で再訪「利根沼田望郷ライン~中之条」その2 »

2018年5月 4日 (金)

Breva750で再訪「利根沼田望郷ライン~中之条」

2018年5月1日(火)、連休の谷間ですが私は休日です。
Breva750で出掛けてみます。

以前行って大いに気に入ったルートを、もう一度走ります。

関越自動車道の昭和ICから赤城西麓広域農道を通り、川場村を経てJR後閑駅あたりまで。
まさに「快走ルート」と呼ぶにふさわしい、気持ちの良い道です。

昭和ICすぐそばの「道の駅あぐりーむ昭和」。
ここから後は、良く整備された道を標識通りに進みます。
一面に広がる山麓の農場、所どころに芝桜やつつじやタンポポなど。
20180501_01

数か所のビュースポットには、トイレや自販機も置かれています。
上が平らな山は、三峰山というようです。
気持ち良さそうな鯉のぼりのある農家には、大きなトレーラー。
あちこちに立派な石碑。
 清水潤う西麓の大地 昭和村長 加藤秀光
 赤城西麓 清水の利根 沼田市長 星野巳喜雄
広域農道整備の記念碑なのでしょう。
20180501_02

農道を過ぎると、ちょっとした山道です。
ほぉ。
立派な道路に立派な「道切り」。
二か所ありましたので、その間の集落が据えたのでしょう。
草鞋にしては、丸っこいですが。
拡幅工事中の道路を抜けていく自転車。
ネットで見ると、バイクより自転車のコースとして人気のようです。
20180501_03

沼田市内のビューポイント。
のぼりは「日本一有名な河岸段丘 天空の城下町 沼田」ですって。
すぐそばに、小さなお社が並んでいました。
20180501_04

石碑には以下の通りです。
  昔の住人より 山の守り神とし
 て信仰されてきた高平地区八つの
 十二様を一同に終結を計り 地区
 民はもとより望郷ラインを通行さ
 れる皆様に 自然の尊さと林業に
 係る人の安全を願い 多くの皆様
 の参拝を望み当地に移築する
       一番 白大沢
       二番 中之沢
       三番 松ケ久保
       四番 黒岩
       五番 浄平
       六番 滝ノ沢
       七番 桜ケ原
       八番 戸之敷

   平成二十三年5月吉日
        高平公益社

へぇ「十二様」ですって。
ウィキペディアでは「山精様」として説枚がありました。

へぇ「高平公益社」ですって。
以下のようなサイトがありました。

社団法人 高平公益社(白沢村)
 林資源の維持培養と地区住民の福祉の増進を図るため、明治40年に設立された。
 この共有林は経営面積522ha。住民の労力奉仕によって、スギを主林木に造林された。
 この山林の収益は組合員に分配することなく村内の共同施設、農業改善の施策、
 青年団、老人会、学校、消防、集落公費、神社祭典、各種記念事業等の
 寄付や援助に当てられている全国に類のない経営体である。

白沢村は、2005年に沼田市の編入されたそうです。

とにかく広くて明るくて気持ちの良い道です。
20180501_05
関東平野のど真ん中、海も山も坂道さえロクにない埼玉県民。
道が左右や上下にうねっているだけで、嬉しい・・・(^^)

|

« 見てきました!!!映画「レディ・プレイヤー1」 | トップページ | Breva750で再訪「利根沼田望郷ライン~中之条」その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/66675386

この記事へのトラックバック一覧です: Breva750で再訪「利根沼田望郷ライン~中之条」:

« 見てきました!!!映画「レディ・プレイヤー1」 | トップページ | Breva750で再訪「利根沼田望郷ライン~中之条」その2 »