« 歩いてきました「横須賀周辺」その3 | トップページ | スケッチ彩色「混色カード」を作成 »

2018年5月24日 (木)

歩いてきました「横須賀周辺」その4

2018年5月19日(土)の続きです。これで終わりにします。

海上自衛隊横須賀基地に近づきました。
並んでいるのは、海洋観測艦「にちなんAGS-5105」「しょうなんAGS-5106」
「対潜戦に影響を及ぼす、海底地形や底質、磁気雑音などの自然環境のデータ化」
が目的だそうです。
佳境に入り、乗客も総立ちという感じ。
向こうに見えるのは、掃海艦「ひらど MSO-305」
機雷の排除用の艦船。磁気に反応しないよう船体はFRPだそうです。
20180519_24
先ほどの、海上保安庁の巡視艇「うらゆき PC33」
乗務員が手を振ってくれています。
2艘並んでいる手前は、潜水作業支援船「水中処分母船3号 YDT03」
機雷や不発弾など水中の爆発物処理などの、危険な潜水作業を行う水中処分隊の艦船。
白くて大きいのは、特務艇「はしだて ASY-91」
賓客を迎える「迎賓艇」で非武装だそうです、って見れば分かりますね。

まだまだ続きます。
護衛艦が2艘並んでいます。
ミサイル護衛艦「はたかぜ DDG-171」
汎用護衛艦「ゆうだち DD-103」
それら護衛艦に向かうランチ。
20180519_25
護衛艦「むらさめ DD-101」
護衛艦「ゆうぎり DD- 153」
補給艦「ときわ AOE- 423」
潜水艦救難艦「ちよだ ASR-404」
深海救難艇が搭載されているそうです。
ふぅー。
これはもう、たまりませんねぇ。

最初の潜水艦に戻りました。
2隻で、船尾の舵の形が違います。
海上でV字型に見えているのは、全体でX字型なのでしょう。
これが最新の「そうりゅう」の特徴。
垂直なのが、前の型の「おやしお」でしょう。
艦橋の形も良く見えます。
20180519_26
というわけで。
あっという間の45分。
オミヤゲもいろいろ。

いやー面白い。
これはたまりません。
船に乗る時には、それなりの用意をしました。
スマホで海上自衛隊の艦船一覧を開いて、単眼鏡も用意て。
もう、次から次に様々な艦船で、見ているヒマはありませんでした。

その場でのガイドの解説も面白かったです。
潜水艦以外は船首に艦番号が描かれているので、帰宅後の復習も容易です。
これだけ楽しんで、1400円は安い!!!

その後、タイ料理のお店へ。
従業員もタイ人のようでした。
挨拶の「サワディカー」も、数年前のタイ旅行を思い出して、ちょっと嬉しい。
程よくエスニックで、味も量も雰囲気も満足。
20180519_27
すっかり日の暮れた公園は良い雰囲気(^^)
潜水艦も黒いシルエット。

|

« 歩いてきました「横須賀周辺」その3 | トップページ | スケッチ彩色「混色カード」を作成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/66752404

この記事へのトラックバック一覧です: 歩いてきました「横須賀周辺」その4:

« 歩いてきました「横須賀周辺」その3 | トップページ | スケッチ彩色「混色カード」を作成 »