« スケッチ彩色「混色カード」で撃沈 | トップページ | 聞いてきました!!「旅する浪曲 広小路亭」その2 »

2018年5月30日 (水)

聞いてきました!!「旅する浪曲 広小路亭」

2018年5月27日(日)です。
上野で「浪曲」を聞いてきました。

Roukyoku_201805

日本の伝統的な話芸と言えば、落語・講談・浪曲。
いずれも、全盛期は昭和30年~40年代と言って良いでしょう。
落語は、一部で「平成の落語ブーム」といった現象があったり。
講談も、ガンダムネタの新作とか、テレビで講談師が社会現象を解説したり。

これらに比べると、浪曲はちょっとキビしそうです。
ウィキペディアでも、こうですからね。
 戦後の隆盛後、落語、講談、浪花節と並び称された3演芸のうち、急速に衰えた。

さくっと状況確認。
googleでの検索ヒット数は以下の通り。

 落語  28,200,000 件
 講談   1,260,000 件
 浪曲     967,000 件
 浪花節   335,000 件


 SR400  13,400,000 件
 Breva750  407,000 件

昔からの芸能ですからね。
ネット上の情報が少ないのは、仕方ないでしょうが。
それにしても、SR400どころか「Breva750よりは多い」という程度(^^;

浪曲は「浪花節」とも言うわけですが。
普段の会話で出てくるのは、こんな言い回しくらいでしょうか。

浪花節的
・デジタル大辞泉の解説
 言動や考え方が義理人情を重んじ、通俗的で情緒的であるさま。「浪花節的な解決」
・大辞林 第三版の解説
 義理人情を考えや行動の中心におく、通俗的で古風なさま。 「 -な人間関係」

斯く言う私も。
落語や講談は、以前から良く聞いています。
ですが、、、浪曲はねぇ。
一般的に「講談は軍記もの・浪曲は人情もの」といったイメージがありますが。
有名どころの演目は、落語や講談と被るものが多いようです。
となりますと、講談との差は、独特の節回し程度。
それならあえて浪曲を聞くことも無いと思っていました。

でもまぁ、一度くらいは生で聞いてみましょうか。
前置きが長くなりました。
続きは後ほど。

|

« スケッチ彩色「混色カード」で撃沈 | トップページ | 聞いてきました!!「旅する浪曲 広小路亭」その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/66777027

この記事へのトラックバック一覧です: 聞いてきました!!「旅する浪曲 広小路亭」:

« スケッチ彩色「混色カード」で撃沈 | トップページ | 聞いてきました!!「旅する浪曲 広小路亭」その2 »