« 雑考「東武博物館の時刻表」 | トップページ | 補完計画「東国三社~サーキットの狼ミュージアム~佐原の大祭」 »

2018年7月14日 (土)

雑考「東武博物館の時刻表」 その2

明治40年8月27日発行の時刻表の続きです。
当時の「候文」は、音読すると良い気持ちです。

右の三駅御通過の切符御所持の御方
は一旦下車し御用辨の上再び御随意
の列車へ御乗車差支無之候

 右の三駅ご通過の切符ご所持のお方は、
 いったん下車し、ごようべんのうえ、再びご随意の
 列車へご乗車さしつかえこれなくそうろう。

用辨(用弁)=用事を済ますこと。 だそうです。

 太田呑龍 御参詣の御方は館林、
福居、足利町の三驛へ御下車御便利
に有之候

 太田呑龍 ご参詣のお方は館林、福居、足利町の
三駅へご下車ご便利にこれありそうろう。

ちょっと引っかかる言葉もありますねぇ。
 御下車=「ごげしゃ」?
 御便利=「ごべんり」?

どちらも、反対語「ご乗車」「ご不便」は、違和感はありません。
それなのに、なぜこちらは使われないのでしょう?
ネットで参考になる記事がありました。


<「ご便利」という丁寧語?>

丁寧語ではありません。

1.「便利」は「簡単」「困難」と同類で、「判断」をあらわす中性的な名詞として使われます。
2.これらの名詞はそれぞれ、「便利な」「簡単な」といった形容詞から派生した名詞ですから、
「ご便利な」「お簡単な」という丁寧語が存在しないように、「ご便利」「ご簡単」という
丁寧語は存在しないのです。

逆の意味の「ご不便」は普通に使いますが、そちらについても説明がありました。

ご不便、ご困難といった判断を表す名詞に「ご」がつくことがありますが、
これは、「不便」「困難」という名詞が、「所有物」「付属物」と考えられているからです。
この時、ご不便、ご困難の「ご」は、相手の持ち物に対する尊敬語となります。
一方「便利」は「便利がある」とは言わず、持ち物ではないので、尊敬語の「ご」もつかないのです。

なるほどねー。

ついでにもう一つ。

やたらについている「御」の読み方です。
えいやっと分類すると、こうでしょうか。

御=「お」または「おん」
 御方×2
御=「ご」
 御通過、御所持、御用辨、御随意、御乗車、御参詣、御下車、御便利

御の読み方の「お」と「ご」の基本は、以下の通りのようです。
 漢語についたら「ご」
 和語についたら「お」

更に。
 漢語は、漢字を音読みする言葉
 和語は、感じを訓読みをす言葉

これを組み合わせますと、こうなりますが・・・
 「ご」=漢語=音読み
 「お」=和語=訓読み

それから「参詣」と「参拝」はどう違う?

これくらいにしておきます。

|

« 雑考「東武博物館の時刻表」 | トップページ | 補完計画「東国三社~サーキットの狼ミュージアム~佐原の大祭」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/66940813

この記事へのトラックバック一覧です: 雑考「東武博物館の時刻表」 その2:

« 雑考「東武博物館の時刻表」 | トップページ | 補完計画「東国三社~サーキットの狼ミュージアム~佐原の大祭」 »