« 現地でスケッチ練習「横浜大桟橋」 | トップページ | 見てきました!!!映画「椿三十郎」 »

2018年7月 3日 (火)

現地でスケッチ練習「横浜大桟橋」その2

2018年6月30日(土)の続きです。

近くの「横浜開港資料館」です。
昭和6(1931)年に英国領事館として竣工。
企画展は「金属活字と明治の横浜」。
金属活字の明朝体で組まれた、主にキリスト教布教のための書籍など。
20180630_04
中庭の「たまくすの木」は「ペリー提督横浜上陸の図」に描かれている木そのものですって。
オミヤゲに、マグネットをひとつ270円。

下の「ペリー提督横浜上陸の図」画像は、横浜開港資料館のサイトから拝借。
Yokohama_201806

美しいレンガ造の「横浜市開港記念会館」。
大正6(1917)年竣工。
大正12(1923)年の関東大震災で被害を受け、昭和2(1927)年に震災復旧工事が完了。
大変立派な建物ですが、私にはとても描けそうにありません。
そうしたら、歩道の植え込みの脇に、お一人。
これくらいの描き込みが出来れば、誰に見られても恥ずかしくないですね。
20180630_05
感心しながら、赤レンガ倉庫の見える公園へ。
あれ?
朝は白く輝いていた倉庫の屋根が、午後の日差しで黒っぽく見えています。
なるほどねー。
太陽の位置や日光の強さを、ちゃんと描かないといけませんね。

道はまだまだ遠そうです。

|

« 現地でスケッチ練習「横浜大桟橋」 | トップページ | 見てきました!!!映画「椿三十郎」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/66894693

この記事へのトラックバック一覧です: 現地でスケッチ練習「横浜大桟橋」その2:

« 現地でスケッチ練習「横浜大桟橋」 | トップページ | 見てきました!!!映画「椿三十郎」 »