« 自炊です「海街diary」 | トップページ | 補完計画「黒部ダム・トロッコ列車・最後のトロリーバス」その2 »

2018年8月 2日 (木)

補完計画「黒部ダム・トロッコ列車・最後のトロリーバス」

浦沢直樹の「20世紀少年」。
1970年の大阪万博が重要なモチーフになっています。

私もまさに20世紀の少年ですが。
当時は万博以外にも、様々な出来事に心を動かされました。

例えば「夢の超特急」東海道新幹線、「超高層のあけぼの」霞が関ビル。
そして「黒四ダム」もそのひとつです。

木本正次という方の小説「黒部の太陽」。
中学校の図書館で読んで、大感激しました。
ウィキペディアで再確認します。
 1964年の毎日新聞の連載小説で、完結後に加筆出版。
 石原裕次郎主演の映画が1968年公開。
 映画に合わせて1967年に再版。
私が読んだのは、おそらくこれでしょう。
ちなみに、2009年に新潮社から新装版も出ていました。
332402_xl

というわけで。
黒部ダムは、このブログで2回ご報告していますが・・・


今度は、某旅行会社の美味しそうな企画です。

あなたの知らない黒部ダムの秘密にせまる!
 ・宇奈月ダムの内部を、国交省の担当者の案内で見学
 ・黒部峡谷トロッコ電車で終点の欅平へ
 ・黒部ダムの河床をハイキング、ダムの放水を下から眺める
 ・関電トンネル内の工事跡を見学

おぉ。
2015年に乗ったトロッコ電車は、途中で折り返し運転で残念でした。
トロリーバスは今シーズンで引退。これが最後のチャンス。

これはもう、行くしかないですね。

|

« 自炊です「海街diary」 | トップページ | 補完計画「黒部ダム・トロッコ列車・最後のトロリーバス」その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/67014242

この記事へのトラックバック一覧です: 補完計画「黒部ダム・トロッコ列車・最後のトロリーバス」:

« 自炊です「海街diary」 | トップページ | 補完計画「黒部ダム・トロッコ列車・最後のトロリーバス」その2 »