« 行ってきました「HATO BUS multi-language one-day tour Dynamic TOKYO!」 | トップページ | 行ってきました「九州・長崎」その2 »

2018年11月27日 (火)

行ってきました「九州・長崎」

2018年11月22日(木)~25日(日)の3泊4日で、九州に行ってきました。

まずは長崎です。
平和公園の平和祈念像。外国人観光客が大勢。
平和の母子像など、モニュメントがたくさん。
20181122_01
公園の場所は、当時は「長崎刑務所浦上刑務支所」だったのですって。

長崎市原子爆弾無縁死没者追悼祈念堂。
昭和50年8月現在、8927柱が安置されているそうです。
原爆落下中心碑と浦上天主堂の遺構には、小学生の団体。
20181122_02
少し歩いて、浦上天主堂ことカトリック浦上教会。
入り口わきには、首のないマリア像。
裏手には「アンジェラスの鐘」。
原爆によって吹き飛ばされた天主堂の鐘楼の一部。

平和と鎮魂、祈りのエリアから、ぐっと俗なエリアへ。
「丸山花街」の跡地です。
「京都の島原」「江戸の吉原」と共に、日本三大花街のひとつ。
入口の繁華街は、行こうか行くまいかの「思案橋」。
公園脇の交番まで、このようなレトロな風情。
20181122_03
そして、カステラの福砂屋本店です。
2016年の「世田谷文学館 浦沢直樹展」のイベント「ひとり漫勉」の際のお菓子。

少し移動して「オランダ坂」です。
長崎市東山手の伝統的建造物群保存地区。
石畳の坂道に、海に向いて洋館が立ち並んでいます。
入場無料で、カフェとして営業していたり。
マンツーマンで二胡の講習をしていたり。
20181122_04
休日のせいか観光客もわずかで、静かな道です。
近くの活水女子大の正門そばには、生徒たちが歩いていました。

オランダ坂を上りきると、反対側に下れます。
なんと。今どき本物のタバコ屋のおばあさん。
犬の散歩の人と立ち話をしています。
20181122_05
本物のお風呂屋さんもありました。
更に先には、中国の聖人、孔子を祀る聖地「長崎孔子廟」。


いやもう、たまらない風情です。
この坂は、さだまさし「絵はがき坂」という歌の舞台です。
初めてのソロアルバム「帰去来」の中の一曲。1976年リリース。
 活水あたりはまだ 絵はがき通りの坂
 つたやかづらの香り背に 学生たちが通る

40年も前ですが、今でも当時のままの風景なのでしょう。
ここだけで、まる一日くらいは過ごしたいですが、、、次に向かいます。

|

« 行ってきました「HATO BUS multi-language one-day tour Dynamic TOKYO!」 | トップページ | 行ってきました「九州・長崎」その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行ってきました「九州・長崎」:

« 行ってきました「HATO BUS multi-language one-day tour Dynamic TOKYO!」 | トップページ | 行ってきました「九州・長崎」その2 »