« 見てきました「世田谷文学館 筒井康隆展」その3 | トップページ | 見てきました「日産ヘリテージコレクション」 »

2018年12月 9日 (日)

さすがです「ザ! 鉄腕! DASH!!」

日曜夜のテレビ番組「ザ! 鉄腕! DASH!!」です。
かなり細かい話ですが。

先週の回で、松岡昌宏さんが麻婆茄子を作っていました。
中華鍋でひき肉と茄子を炒め、続いて調味料を投入。
その際に、小鉢の内側に付いた調味料を、茄子で拭うようにして入れていました。
Dash_201812_1
おー、さすが。
私もよく、これをやります。

普通の料理番組を見ていて、結構気になるんですよね。
小さなガラス容器に入ったマヨネーズや豆板醤などを、スプーンでちゃちゃっと入れて。
容器の内側に、べったりと残っていたりします。
家であれをやったら、残りが勿体ないし、洗うのも大変ですからね。

この番組では、料理に限らず、農作業や土木作業のシーンが良く出てきます。
もちろん忙しい人気タレントの方々です。
彼らが全工程をやり切っているはずはありません。
それでも、このようなちょっとした仕草で「本気度」が分かるように思います。
Dash_201812_2

ついでに書いてしまいます。
この番組のコーナーで「グリル厄介」というのがありまして。
川や池の外来種の魚などを捕獲して、料理して食べるというものです。
その際のナレーションが、こんな感じ。
 「罪はないけど厄介もの」
そうですよね。
本来の生態系を破壊するからといって、その個体に悪意がある訳ではありません。
この意味で「厄介」とは、うまい表現だと思います。


それにひきかえ。

他局で「池の水をどうとかする」という番組がありまして。
すでに批判も出ているようで、尻馬に乗るのも少し気が引けますが。

私が以前見た時のお笑いタレントは、こんな感じでした。

 外来種が在来種を捕食することを「悪行」と呼ぶ
 一般参加の小学生が拾った物を、骨董的な見方で「価値がない」と無視する

こういうところで「見えてしまう」ものだなーと思います。

|

« 見てきました「世田谷文学館 筒井康隆展」その3 | トップページ | 見てきました「日産ヘリテージコレクション」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さすがです「ザ! 鉄腕! DASH!!」:

« 見てきました「世田谷文学館 筒井康隆展」その3 | トップページ | 見てきました「日産ヘリテージコレクション」 »