« ポケモン「叫び」 | トップページ | 見てきました「フェルメール展」その2 »

2018年12月29日 (土)

見てきました「フェルメール展」

評判の展示会を見てきました。

 フェルメール展 Making the Difference:Vermeer and Dutch Art
 上野の森美術館
 2018年10月5日(金)~2019年2月3日(日)
 作品の展示替え
 「赤い帽子の娘」10/5(金)~12/20(木)
 「取り持ち女」1/9(水)~2/3(日)

 前売券 一般 2,500円(税込)
 当日券 一般 2,700円(税込)

 日時指定入場制
 音声ガイド来場者全員無料

17世紀オランダ絵画の傑作約50点
フェルメールだけではなく、ハブリエル・メツー、ピーテル・デ・ホーホ、ヤン・ステーンら
オランダ同時代の絵画と合わせた約50点を通して、17世紀オランダ絵画の広がりと独創性をご紹介します。
 第1章 オランダ人との出会い:肖像画
 第2章 遠い昔の物語:神話画と宗教画
 第3章 戸外の画家たち:風景画
 第4章 命なきものの美:静物画
 第5章 日々の生活:風俗画
 第6章 光と影:フェルメール

前売券でも2,500円と、良いお値段です。
その代わり、作品解説のブックレットと石原さとみの音声ガイド付きです。
また、フェルメール以外の展示も多くて、見ごたえ充分でした。
20181228_01

ムンク展では、ポケモンが叫んでいましたが。
こちらでは、ミッフィーがミルクを注いでいました。

来年の秋には、9月に永井豪、10月がゴッホだそうです。
http://www.nagai50ten.com
組み合わせがすごい(^^)

展示内容については、後ほど。

|

« ポケモン「叫び」 | トップページ | 見てきました「フェルメール展」その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見てきました「フェルメール展」:

« ポケモン「叫び」 | トップページ | 見てきました「フェルメール展」その2 »