« NHKドラマ10「トクサツガガガ」 | トップページ | 行ってきました ホテル雅叙園東京「百段階段 百段雛まつり2019」その2 »

2019年2月 5日 (火)

行ってきました ホテル雅叙園東京「百段階段 百段雛まつり2019」

2019年2月3日(日)です。
まだまだ寒いですが、少しづつ日は伸びてきています。
今日は節分、明日は立春、雛まつりまで1か月。

先日の迎賓館は、大変な豪華さで大いに感心しました。
当然ですが、隅から隅までぴっかぴか。
同じように豪華絢爛ですが、時間がついた建物を見てきます。

ホテル雅叙園東京
「百段雛まつり2019 青森・秋田・山形ひな紀行」
 日本各地の歴史ある雛人形をご紹介する企画展の10回目。
 ・開催期間:2019年1月18日(金)~3月10日(日) 10:00~17:00
 ・入場料:当日1,500円、館内前売1,000円、学生:800円
 ・音声ガイド:500円
Gajyo_201902_01

雅叙園の「百段階段」は、1935(昭和10)年に建てられた「旧館」です。
東京都の有形文化財に指定されています。
斜面に作られた七つの客室を、99段の階段廊下でつないでいます。
そこに全国各地から借り受けたお雛さまを飾るという、企画展です。

JR目黒駅から行人坂を下って10分足らずで、ホテル雅叙園東京に到着。
入り口付近には「お七の井戸」。
へぇー。歌舞伎や落語の「八百屋お七」ですね。
20190203_01

エントランス左側すぐ。
自動販売機でチケットを買って会場へ。
エレベーターから、すでにこんな装飾です。

靴を脱いでスリッパに履き替えて入場します。
部屋によって雰囲気は違いますが、なるほどこれは大したもの。
各部屋の格天井には、有名画家による花鳥風月。
床柱や欄間には、見事な彫刻や螺鈿など。
会場内は撮影禁止ですが、一部屋だけ可能でした。
この部屋は、いささか装飾過剰という感じもします。
20190203_02
見学しながら、スマホであれこれチェック。
お雛さまのお菓子は、山形県酒田市の小松屋。
予約販売で買えるのですね。
Komatsuya_201902
・雛の飾り菓子(大) 7,500円(税別)
・雛の飾り菓子(小) 2,000円(税別)

続きは後ほど。

|

« NHKドラマ10「トクサツガガガ」 | トップページ | 行ってきました ホテル雅叙園東京「百段階段 百段雛まつり2019」その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行ってきました ホテル雅叙園東京「百段階段 百段雛まつり2019」:

« NHKドラマ10「トクサツガガガ」 | トップページ | 行ってきました ホテル雅叙園東京「百段階段 百段雛まつり2019」その2 »