« 映画「翔んで埼玉」続報 | トップページ | 歩いてきました「筑波山梅林~筑波山神社周辺」その2 »

2019年3月14日 (木)

歩いてきました「筑波山梅林~筑波山神社周辺」

2019年3月9日(土)です。

春本番を思わせる穏やかな快晴。
関東地方平野部の梅は、どこも満開のようです。
越生や水戸など、名所はあちこちにありますが。
その中の「筑波山の梅林」を見てきました。

遮るものがなく、はるか遠方に見える筑波山(^^)
近くのコンビニで見かけた、派手な走り屋さん。
スリックタイヤに、スタンドも取り外し式。
ウェストポーチに入れて持ち歩くそうです。
高速道路を使い、奥多摩にも遠征するのですって。
20190309_01
まずは、渋滞情報です。
筑波山のふもとの交差点に到着したのが、9時半頃。
そこから山道が始まり、筑波山梅林や筑波山神社の周辺までは一本道です。
途中の「筑波倶楽部」辺りでクルマが詰まりましたが、ノロノロは1㎞足らずで済みました。
複数ある公営駐車場は一杯ですが、民間駐車場は充分余裕がありました。
料金は、どこも500円に統一されているようです。
ちなみに。
午後の帰りには、これから山に向かうクルマで、ふもとまでびっしり。
やはり、早めに行くのが良いようです。

梅林自体の混雑は、さほどでもありません。
着物姿の「つくば観光大使」のお姉さんが記念撮影。
屋台や仮設店舗も、そこそこ出ています。
20190309_02
おしゃれなカフェスペースもありました。
最近流行の「フォレストアドベンチャー」も出来たのですね。

紅白の梅が満開。
傾斜地なので、見晴らしが良くて見応えがあります。
イベント「ガマの油の口上」の実演。
20190309_03
休憩所の出店です。
あつあつ「つくばうどん」900円。
手打ちうどんだそうで、具沢山で美味しかったです。
小食の方なら、ハーフサイズ500円で充分かも。
大判焼きのような「杉本屋の筑波山焼」
カスタード、梅あん、小倉あん各150円。

正直なところ、食べ物は、ちょっと高いと感じます。
梅林の中には、東屋やベンチも沢山ありました。
お弁当でも持ってきて、梅林の中で食べた方が楽しいかも知れません。

|

« 映画「翔んで埼玉」続報 | トップページ | 歩いてきました「筑波山梅林~筑波山神社周辺」その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歩いてきました「筑波山梅林~筑波山神社周辺」:

« 映画「翔んで埼玉」続報 | トップページ | 歩いてきました「筑波山梅林~筑波山神社周辺」その2 »