« 歩いてきました「筑波山梅林~筑波山神社周辺」 | トップページ | 見てきました!!映画「あの日のオルガン」 »

2019年3月15日 (金)

歩いてきました「筑波山梅林~筑波山神社周辺」その2

2019年3月9日(土)の続きです。

筑波山は、男体山と女体山、二つの峰が連なっています。
男体山にはケーブルカー、女体山にはロープウェイがあります。
二つの峰を歩き、両方を乗り継いでみようと思います。

・梅林から歩いて、筑波山神社
・神社の奥のケーブルカーで、男体山頂上へ
・男体山頂上から歩いて、女体山頂上まで
・ロープウェイで、女体山のふもとへ
・無料シャトルバスで、梅林へ戻る

梅林から坂道を歩いてすぐ。筑波山神社です。
随神門には、倭健命(やまとたけるのみこと)と豊木入日子命(とよきいりひこのみこと)の像。
金網越しでうまく撮れませんでした。
20190309_04
門前の土産物店など、なかなかの風情(^^;

筑波山神社の奥にケーブルカー乗り場。
ケーブルカーの上りとロープウェイの下りの、セット料金1100円。
さて着きました。男体山頂上です。
お店がいくつも並んで、山歩きの方も結構います。
20190309_05
男体山頂上から女体山頂上までは、アップダウンもさほどではなく気楽なもの。
途中の「ガマ石」は、確かにそんな感じに見えますね。
この場所で、永井兵助という人が「ガマの油売り口上」を考え出したのですって(^^)

女体山頂上に着きました。
ロープウェイそばの展望台。
自撮り用サービスでしょう、手すりにカメラの雲台が並んでいます。
ロープウェイは20分おきの運行。
20190309_06
駐車場に無料のシャトルバス。
こちらは1時間に1本。
大鳥居の前に戻りました。
ここから梅林周辺の駐車場は、歩いてすぐです。

おまけです。
埼玉県加須市の道の駅「童謡のふる里おおとね」
加須市出身の作曲家「下總皖一」の銅像があります。
童謡「たなばたさま」「かくれんぼ」「電車ごっこ」などを作曲した方。
ちょうど「古河桃むすめ」皆さんが来ていました。
茨城県古河市は川向う、県境を越えてのPR活動なのでしょう。
3年前に行った「古河の桃まつり」も、もうすぐです。
20190309_07
埼玉県内では有名な和菓子のチェーン店「十勝甘納豆本舗」大利根店。
十勝とありますが、本社は埼玉県川口市。
ひなまつり商品が大特価(^^;

|

« 歩いてきました「筑波山梅林~筑波山神社周辺」 | トップページ | 見てきました!!映画「あの日のオルガン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歩いてきました「筑波山梅林~筑波山神社周辺」その2:

« 歩いてきました「筑波山梅林~筑波山神社周辺」 | トップページ | 見てきました!!映画「あの日のオルガン」 »