« 最終回です「トクサツガガガ」 | トップページ | 余談です「トクサツガガガ」 »

2019年3月 5日 (火)

最終回です「トクサツガガガ」その2

先の「救急機エマージェイソン」のVHSセルビデオ。
仲村叶さんが高校の卒業間近に、ビデオ店の特価品として発見したもの。
エマージェイソンは「99」と表記されていますので、1999年作品なのでしょう。
仲村叶さんはTVドラマでは24歳。とすれば1999年当時は5歳。

そのビデオを通して、5歳の頃、高校生の頃、そして現在と。
回想シーンを織り込みながら、重層的にストーリーが展開します。

うーん。良いですねぇ。
私は、仲村叶さんの倍以上の年のジジイです。
自分の幼い頃や若い頃、そして子育ての頃と現在。
仲村叶さん以上に、幾重もの思いが迫り、もうたまりません。

そしてラストシーンです。
本屋さんのレジには、なんと宮内洋さん。
言うまでもない、1973年「仮面ライダーV3」風見志郎
衣装も当時のような、青いシャツに白いベスト姿。
Gagaga_201903_3

いやいや~。
宮内洋さんの活躍は、V3に留まりませんからね。
デストロンを倒した後も、まだまだ戦い続けます。
・秘密戦隊ゴレンジャー
・快傑ズバット
・ジャッカー電撃隊
更には、最前線の経験を生かして、各種組織の指揮官を歴任。
・特警ウインスペクター
・特救指令ソルブレイン
・超力戦隊オーレンジャー

これだけの輝かしい戦歴です。
幅広い年齢層の視聴者に、それぞれの世代の思い出を残しているでしょう。
これこそが、宮内洋さん出演のキーポイントでしょう。

最終回全体としては、エピソード満載で、やや詰め込みすぎという印象があります。
この点は、原作でも語られています。
・特撮番組は、1年間50話で固定されている
・不人気テコ入れなどの事情で、ストーリーが急展開することが良くある

もしかしたら、これの再現という凝った内容なのかも知れません。

まだまだ言い足りませんが、この辺で。

|

« 最終回です「トクサツガガガ」 | トップページ | 余談です「トクサツガガガ」 »

コメント

トクサツガガガ 終わってしまいましたね
毎週、楽しみにしていたので淋しいであります
最終回は 3回ほど見直したけど まだ足りないかも・・

宮内洋さんには 私もビックリでした
特撮昭和世代の私には もう神ですね

お母さんの松下由樹さんも 頑張っていましたね
私の記憶では ヤマハのショルキーのCMが 懐かしいですけど~

投稿: ロッソ | 2019年3月 6日 (水) 21時21分

ロッソさん、コメントありがとうございます。
私は第4話のカラオケシーンを録音して聞いています(^^;
宮内洋、良かったですよねぇ。
私には「長官」のイメージが懐かしいです(^^)
で。
ヤマハのショルキー、全く忘れていましたが、
Yutubeで見て思い出しました。
松下由樹さんぴっちぴち(^^;

投稿: 缶コーヒー | 2019年3月 6日 (水) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最終回です「トクサツガガガ」その2:

« 最終回です「トクサツガガガ」 | トップページ | 余談です「トクサツガガガ」 »