« 最終回です「トクサツガガガ」その2 | トップページ | 今年も「真壁のひなまつり」 »

2019年3月 6日 (水)

余談です「トクサツガガガ」

このドラマをきっかけに、原作も読み進めています。
15巻まで出ていますが、まだ半分ほどです。

様々な架空の特撮番組が出てきて、どれもこれも面白そう。
戦隊シリーズでは、こんな感じ。
・メンバーが宇宙人「異星探査ストレンジャーV(ファイブ)」
・考古学調査「探求探索シラベルーパー」
・手品師「マジカライザー」
その他も、どれもこれもユニークな意欲作。
絡繰忍者 雷伝
現代妖怪血風録 白狐丸 などなど。
Gagaga_201903_5
これら劇中劇の特集本があれば、ぜひ読みたいですねぇ。
昨年の重版出来の連載漫画の例もあります。
関連本として てれびキッズ別冊 歴代ヒーロー大特集 なんて出ないでしょうか(^^)

映画「怪獣ダゴン」というのも出てきました。
かつて17作も作られた国民的怪獣映画シリーズ、だそうです。
Gagaga_201903_6
これは明らかに「ゴジラ」のイメージですね。
ダゴン対サラマンドロス
ダゴン対バジリコッケス などなど。
サラマンドロスは、サラマンダー=火蜥蜴。
バジリコッケスは、バジリスク=蛇鶏。

で「ダゴン」です。
ほっほぉ~。そう来ましたか(^^)
これは、見逃がせません。

幻想小説の名手ハワード・フィリップス・ラヴクラフトのデビュー作と同じ名前。
ざっとこんな話です。
 海で遭難した主人公が、海底から隆起した謎の島で怪物に遭遇。
 主人公は救出された後も、あまりの恐怖に精神に異常をきたす。
例えば「マタンゴ」など、初期の特撮映画でも見られるパターンですね。

姿は断片的な描写です。
・創元推理文庫ラヴクラフト全集3 大瀧啓裕訳 1984年3月30日初版
 単眼巨人ポリュフェーモスを思わせる巨体、鱗につつまれた巨大な腕

青空文庫でも読めます。
大堀竜太郎翻訳 2015年12月24日

で。
ラヴクラフトと言えば。
代表作「クトゥルフの呼び声」
架空の神話体系「クトゥルフ神話」のルーツとなった作品。

一昨年に出た新訳も、ウチにあります。
そちらでは「クトゥルーの呼び声」星海社Fictions
今どきの若い人向けのカバーが、ちょっと気恥ずかしいですが。
これも、読み直さないといけません。

TV放映が終わっても「トクサツガガガ」は、まだまだ楽しめそうです。

|

« 最終回です「トクサツガガガ」その2 | トップページ | 今年も「真壁のひなまつり」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 余談です「トクサツガガガ」:

« 最終回です「トクサツガガガ」その2 | トップページ | 今年も「真壁のひなまつり」 »