« ココログリニューアルでトラブル その4 | トップページ | 今年も見てきました「鎌形八幡宮の流鏑馬」 »

2019年4月 5日 (金)

必見の価値あり

老舗の CAR GRAPHIC の流れを汲む、おしゃれ自動車雑誌です。
20190403_1

何やらの施設が「必見の価値あり」だそうです。
20190403_2

これは「一見の価値あり」「必見」が、ごっちゃになったのでしょう。


念のため、ネットの辞書で確認。

まず「一見・・・」について。

実用日本語表現辞典では、こうです。
【一見の価値がある】
 少なくとも一度は見ておくとよい、
 一度は見ておくだけの値打ちがある、
 必見、などの意味の表現。


goo辞書では、こうです。
【一見】
 一度見ること。ひととおり目を通すこと。
 「一見に値する」「百聞は一見に如かず」


では「必見」について。
「必見の価値」を掲載している辞書は無いようです。
goo辞書では、こうです。
【必見】
 必ず見なければならないこと。見る価値のあること。
 また、そのもの。

 「必見の資料」「ファン必見の映画」

先の雑誌記事の「必見」は、どちらの意味でしょう。
雑誌に「必ず見なければならない」と命令されても困ります。
ここでは「見る価値のあること」という意味ですね。
つまり「必見の価値あり」では
「見る価値のあること」+「価値あり」と、二重になってしまいます。


Googleで検索してみます。

・一見の価値あり:約16,800,000件
・必見の価値あり:約23,800,000件

・一見:約 77,600,000件
・必見:約277,000,000件

どちらも「必見」の方が多いです。
今はもう、この用法が定着したということでしょうか。
というよりは、意味の強い「必見」の方が多用されているのでしょう。

|

« ココログリニューアルでトラブル その4 | トップページ | 今年も見てきました「鎌形八幡宮の流鏑馬」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ココログリニューアルでトラブル その4 | トップページ | 今年も見てきました「鎌形八幡宮の流鏑馬」 »