« ありがとう平成 | トップページ | 古い本棚「対論」五木寛之/野坂昭如 »

2019年5月 2日 (木)

行ってきました「日本科学未来館・重機展」

こんな企画展を見てきました。
Juku_201904_1
Juku_201904_2
企画展 「工事中!」~立ち入り禁止!?重機の現場~
 日本科学未来館 1階 企画展示ゾーン
 2019年2月8日(金)~5月19日(日)
 大人(19歳以上):1600円
 中人(小学生~18歳):1000円
 小人(3歳~小学生未満):500円
 協賛
 トピー工業、アクティオ
 協力
 キャタピラージャパン・日本キャタピラー・東京レンタル、
 住友重機械建機クレーン、タグチ工業、日立建機、古河ユニック
協賛と協力は、どう違うのでしょうか。


小雨模様のお台場の日本科学未来館
親子連れ、外国人観光客、若いカップルなど多彩なお客さん。
まずは、日立建機の四脚クローラ方式双腕型コンセプトマシンが、どーん。
20190427_01

キャタピラージャパンのホイールローダー
少量生産ならでは。
砂型鋳造と分厚い平板切り出しの部品の組み合わせが美しい。
銀色の機種は、日本初の油圧ショベル、キャタピラージャパンのユンボY-35。1961年。
フランスのシカム社との技術提携により、当時の新三菱重工業が開発。
国立科学博物館重要科学技術史資料「未来技術遺産」に選定。
ユンボと言えば、油圧ショベルの代名詞ですものね。
20190427_02

さすがにクレーンはミニチュアですが。ウィンチなど実物のでかいこと。
20190427_03
素材のコーナーの鉄筋コンクリート
圧縮に強いコンクリートと引っ張りに強い鉄筋の組み合わせ。
コンクリートの柔らかさの測定見本。
円錐型の容器から引き抜き、山の頂点の下がった高さ「スランプ値」の説明。

H型鋼やワークマンの作業服など。
20190427_04
作るためには、解体も重要。
タグチ工業の、切断機ガジラDSカッター、油圧発電式マグネット、マグ・ゴンなど。
ガジラと言えば、、、則巻ガッちゃんの本名ですね(^^)
開発中の自律型鉄筋結束ロボットなどなど。

トミカのミニカーがずらり。これは展示品。
20190427_05
お土産コーナーも充実です。
Tシャツやお菓子はもちろん。
八重洲出版の雑誌「重機fan」や、ハセガワのプラモデル。

巨大メカずらり。うーん。たまりませんねぇ。

|

« ありがとう平成 | トップページ | 古い本棚「対論」五木寛之/野坂昭如 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ありがとう平成 | トップページ | 古い本棚「対論」五木寛之/野坂昭如 »