« えぇ?こんな所に?「本物のターミネーター2のハーレー」 | トップページ | 見てきましたが、、、、、映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」その2 »

2019年6月23日 (日)

見てきましたが、、、、、映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」

ハリウッドと東宝の提携作品「モンスターバース」シリーズの3作目。
G_201906
・GODZILLA ゴジラ (2014年)
・キングコング: 髑髏島の巨神 (2017年)
・ゴジラ キング・オブ・モンスターズ (2019年)
・Godzilla vs. Kong (2020年公開予定)

第一作「GODZILLA ゴジラ」を見た時に、私は「これはゴジラではない」と書きました。

 2014年8月5日(火) 見てきました 映画「GODZILLA ゴジラ」
  ただねぇ、これはゴジラではないですね。
  プロットから見れば、もう平成版ガメラ「大怪獣空中決戦」そのもの。

それでは、ゴジラとは何でしょうか?

初代から語るとすれば、水爆実験とか東京大空襲とか重い話になるでしょう。
私ごときが、偉そうに論じても仕方ありません。

 2014年6月7日(土) 見てきました 映画「ゴジラ」1954年版

で、私にとってのゴジラ原体験と言えば。
これはもう、小学生の頃のお正月映画です。
大体、この辺ですね。
 ・モスラ対ゴジラ (1964年4月)
 ・三大怪獣 地球最大の決戦 (1964年12月)
 ・怪獣大戦争 (1965年12月)
 ・ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘 (1966年12月)
 ・怪獣島の決戦 ゴジラの息子 (1967年12月)
 ・怪獣総進撃 (1968年8月)

当時は怪獣ブーム。
恐怖の大怪獣だったのが、人気キャラクター扱い(^^;
作文に「ゴジラがシェーをして面白かったです」なんて書いたり。

さて「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」に戻ります。
見てびっくり。
先の昭和版はじめ、平成版や他の怪獣映画の大ネタ小ネタが満載。
 ・以前の怪獣騒ぎで家族を失った主人公
 ・新発明の怪獣制御装置は手持ちで運べる大きさ
 ・悪役キングギドラは再生能力のある宇宙怪獣
 ・世界各地で怪獣が大あばれ
 ・脇役怪獣も続々登場
 ・博士が怪獣について延々と語る
 ・新兵器オキシジェンデストロイヤー
 ・防衛軍の巨大戦闘母艦
 ・敵をひきつけ串刺しにする時代劇殺法
 ・カタカナのゴジラの文字
 ・お経や和太鼓まで出てくる伊福部昭のテーマ曲
 ・エンドロールの怪獣の俳優名はhimself
 ・エンドロールに昭和ゴジラ関係者への謝辞
 ・エンドロールの後に謎の映像

まだまだ、ありそうです。

ゴジラの造形も昭和風。
前かがみの恐竜風ではなく、手が長く直立しています。
これは、昭和の着ぐるみに近いイメージかと思います。
大きく違うのは、頭部が小さく真上を向けること。
昔は技術的に不可能だったことを、あえて強調して見せているのかも。

というわけで。
この映画は、、、
 歴代ゴジラにインスパイアされてリスペクトしたオマージュ (笑)
、、、ってことで良いですか?

|

« えぇ?こんな所に?「本物のターミネーター2のハーレー」 | トップページ | 見てきましたが、、、、、映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« えぇ?こんな所に?「本物のターミネーター2のハーレー」 | トップページ | 見てきましたが、、、、、映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」その2 »