« 幸手市権現堂堤のあじさい 久喜市菖蒲町のラベンダーと花菖蒲 開花状況 | トップページ | やっぱりこちら!!! 映画「ニュー・シネマ・パラダイス 劇場公開版」その2 »

2020年6月23日 (火)

やっぱりこちら!!! 映画「ニュー・シネマ・パラダイス 劇場公開版」

4月にDVDで見た「ニュー・シネマ・パラダイス ディレクターズカット版」
あれ?
大昔に映画館で見た記憶とかなり異なり、がっかり。

この映画は、複数のバージョンがあります。
以下、ウィキペディアからの抜粋。
・173分: 「ディレクターズカット版」(長尺版)
・155分: イタリアで上映された「オリジナル版」
・123分: インターナショナル版「劇場公開版」(短縮版)
長尺版と短縮版では、映画の主題が大きく異なっている。
短縮版では映画館「パラダイス座」が物語の中心となるのに対し、
長尺版では主人公の人生に焦点が置かれており、
青年期のエレナとの恋愛や壮年期の帰郷後の物語が丹念に描かれる。

新型コロナウイルスの影響で、各映画館では旧作名作の特別上映。
近所の109シネマズでは「ニュー・シネマ・パラダイス」
上映時間は10:30~12:45、135分。
ということは、123分の「劇場公開版」ですね。
これは見なくては。
20200601_03

さっそく見てきました。
これこれ。これですよ。
少年サルヴァトーレと映画技師アルフレード、二人の友情を中心に、物語は進みます。
少年の成長や映画館など、村の変化も描かれます。

「ディレクターズカット版」で詳しく描かれる、エレナとの恋。
こちらでは、彼女の転居と彼の徴兵で幕を閉じます。
音信不通になったエレナも気にはなりますが。
それはそれで、構いません。

そして現在。
サルヴァトーレは中年男。
恋人はいても、生涯の伴侶ではない様子。
その彼に、故郷の村から連絡が来る・・・

主題が明確で、素直に話に入り込めます。
ラストシーンはもう、涙モノですよ。

「ディレクターズカット版」より、私は断然こちらですね。

・155分: イタリアで上映された「オリジナル版」
こちらも見てみたいですが、日本国内での流通はないそうです。

|

« 幸手市権現堂堤のあじさい 久喜市菖蒲町のラベンダーと花菖蒲 開花状況 | トップページ | やっぱりこちら!!! 映画「ニュー・シネマ・パラダイス 劇場公開版」その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幸手市権現堂堤のあじさい 久喜市菖蒲町のラベンダーと花菖蒲 開花状況 | トップページ | やっぱりこちら!!! 映画「ニュー・シネマ・パラダイス 劇場公開版」その2 »