« MFゴースト 第106話 群馬プライド | トップページ | 見てきました!!! 映画「アルゴ」 »

2020年6月14日 (日)

MFゴースト 第94話 好敵手(ライバル)


この記事にお越し下さった皆様、ありがとうございます。
よろしければ、関連記事もご覧ください。
 カテゴリー:MFゴースト

先日、諸星瀬名の出走シーンをご報告しました。
遅ればせながら、初登場シーンもご報告しておきます。

2020年2月24日発売の、ヤングマガジン2020年12号。
MFゴースト 第94話 好敵手(ライバル) です。

諸星瀬名の初登場。
アポなしで緒方自動車に現われます。

 突然失礼します。
 オレはドリームプロジェクトの
 諸星 瀬名といいます
Mfg_94_1
 片桐 夏向君に会いに来たんですが
 いますか?

 会えてよかった 運がいいや
 諸星 瀬名といいます よろしく
Mfg_94_2
 こちらこそ
 (セナっていい名前です)
 片桐 夏向です

 オレは君よりふたつ年上だけど
 MFGでは君の方が先輩だ

しっかり握手を交わし、紳士的な会話をして去って行きます。
以前も書きましたが、頭文字Dでもそうだった、心地よい挨拶シーン。
 2013年7月30日 (火) 頭文字Dついに最終回 その2

スープラのゼッケン885を見て、奥山さん。
 オレには わかる
 あれはゴロあわせだ・・
 センスのかけらもない

どんなゴロあわせかは、語られていませんが。
ウィキペディアでは、以下の通りです。
 ゼッケンナンバーの「885」は語呂合わせで「速い」となるが、
 奥山には心の中で「センスの欠片も無い」と言われてしまった。

啓介や諸星本人が885の意味を語っているわけではありません。
後で、本当の意味が語られるかも知れません。

ついでに書いてしまいます。
「ドリームプロジェクト」って、ネーミングセンスとして、どうでしょう?
そう言えば、啓介の会社は「TKマッハコーポレーション 」
こちらも、マッハなんて、ちょっと昭和っぽくないですか?

啓介がこれらの名前を付けたとすれば、、、
 うっせえなぁ
 名前なんて、どーでもいいんだよ
 問題は中身だ!!

そんな風に言われてしまうかも知れませんが。

|

« MFゴースト 第106話 群馬プライド | トップページ | 見てきました!!! 映画「アルゴ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MFゴースト 第106話 群馬プライド | トップページ | 見てきました!!! 映画「アルゴ」 »