« 埼玉県北本市で浪曲「入門講座+玉川太福独演会」 | トップページ | 見てきました! 午前十時の映画祭12「エデンの東」 »

2022年5月27日 (金)

埼玉県北本市で浪曲「入門講座+玉川太福独演会」その2

2022年5月21日(土)の続きです。

埼玉県北本市の「北本文化センターホール」で、浪曲を聞いてきました。

きたもとさくら亭 浪曲講座 『浪曲』~古くて新しいその魅力
Kitamoto_202205
・開催日:2022年5月21日(土)
・第1部 浪曲入門講座:13:00~
・第2部 玉川太福独演会:14:15~
・場所:北本市文化センターホール
・出演:玉川太福、玉川みね子
・料金:第1部券800円、第2部券1,200円、通し券1,900円(前売・当日は+100円)

さて、第2部「玉川太福独演会」です。

はじめに、軽く世間話。
浪曲師は、昭和の初めには3000人。
今は浪曲師が60人、曲師が30人ほど。
一方、落語家は900人。
講談も、最近は神田伯山で盛り上がっているのに、、、

寄席での浪曲の定席は、浅草の木馬座のみ。
月に一週間だけで、入場料は2200円。
ただし25歳以下は半額。
高齢者の割引はありません。
そうしたら全員割引になってしまいます。
、、、とのことです。
うーん、厳しいですねぇ。

さて、独演会です。

まずは新作の「銭湯激戦区」
銭湯と戦闘をかけて、激戦区なのですね。
荒川区には、銭湯が沢山ある。
以前は、徒歩10分の範囲で10軒くらい。
今はそれほどでもないが、それぞれ特徴があって。
お湯が思い切り熱かったり、ぬるめだったり、サウナ無料だったり。
もっと良い銭湯が・・・

次は「天保水滸伝 鹿島の棒祭り」
先の「講座」で見たDVDと同じ演目です。
主人公は、北辰一刀流の達人「平手造酒(ひらてみき)」。
酒で身を持ちくずし、今は下総国の「笹川の繁蔵」の用心棒。
鹿島神宮の祭礼「鹿島の棒祭り」で、止められていた酒を飲んでしまい・・・

いやー、やはり「生」は良いですね。
マイクなんて不要なくらいの迫力。
講談の「立て板に水」とはまた違う「節回し」の面白さ。

演目も良かったです。
こういう「入門編」には、やはり「天保水滸伝」のような良く知られた定番作ですね。
話が分かりやすくて、面白い。
新作も、軽い内容で落語のように笑ってしまいました。

独演会の初めに、それまでかけていた眼鏡を外したり。
お茶を飲むときは、口元を手ぬぐいで隠したり。
そういった所作も、良かったです。

おまけです。
ロビーのガラスケース、北本市の名産コーナー。
グリコのポッキーやプリッツ。
トヤマ楽器製造株式会社のアウロスリコーダー。
などなど。
20220522_05

|

« 埼玉県北本市で浪曲「入門講座+玉川太福独演会」 | トップページ | 見てきました! 午前十時の映画祭12「エデンの東」 »

講演会公演など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 埼玉県北本市で浪曲「入門講座+玉川太福独演会」 | トップページ | 見てきました! 午前十時の映画祭12「エデンの東」 »