« 液晶テレビ「東芝レグザ」びっくり仕様変更 | トップページ | 液晶テレビ「東芝レグザ」びっくり仕様変更 その3 »

2022年9月 1日 (木)

液晶テレビ「東芝レグザ」びっくり仕様変更 その2

さて。
新しく購入した液晶テレビ、東芝レグザ 43Z570K

以前から使っている「ワイヤレススピーカー」の接続です。
デジタルワイヤレスステレオスピーカーシステム
audio-techinica AT-SP767TV
・電池不要の充電式
・余分な機能のないシンプル操作
・キッチンでも安心の防滴仕様
テレビの音量を上げずに、少し離れた対面式キッチンでテレビの音声が聞けるんです。
早朝や深夜に一人でテレビを見る時には、手元に置いて小音量で使ったり。
大いに気に入って、便利に使っています。
Atsp767r_1_202208

設定は簡単です。
送信機は、AC電源とテレビのヘッドホンジャックへの接続だけ。
スピーカー部は、送信機に乗せて充電するだけ。
Atsp767r_2_202208

最後にテレビの音声の設定。
「ヘッドホン出力設定」「ヘッドホンとスピーカー」を設定。
はい、これで完了です、と思ったら、、、

あれれ?
リモコンで音量を変えると、ワイヤレススピーカーの音量が変わるだけ。
あろうことか、テレビの音量は変化なし、中くらいのまま。

取扱説明書を確認。

43z570k_manu_52_202208
なんと、びっくり。
「ヘッドホンとスピーカー」を選択しているときは、音量調整はヘッドホンの音量を調節します。
とのこと。
テレビ本体の音量については記載なしです。
実際は、中程度の音量に固定なのですね。
やれやれ。

旧型の取扱説明書も確認。
型番は東芝レグザ 40S20です。
40s20_manu_42
・親切モード
家族で視聴する場合など、スピーカーの音声が聞き取りにくい人が
ヘッドホンまたはイヤホンで聴くというような使い方ができます。

やれやれ。
新型はこの「親切モード」を削除してしまったのですね。

さて、どうしましょうか。
続きは後ほど。

|

« 液晶テレビ「東芝レグザ」びっくり仕様変更 | トップページ | 液晶テレビ「東芝レグザ」びっくり仕様変更 その3 »

バイク以外の雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 液晶テレビ「東芝レグザ」びっくり仕様変更 | トップページ | 液晶テレビ「東芝レグザ」びっくり仕様変更 その3 »