« まるごとバイクフェスティバル その2 | トップページ | 群馬県館林市「つつじが岡公園」です »

2024年5月 6日 (月)

びっくり「歯生え薬」

「歯生え薬」の治験がはじまる、というニュースがありました。

失礼して、テレビのニュース番組の解説を一部抜粋。
https://news.yahoo.co.jp/articles/b5744e348a2c494fdb945b04e2b0806ab0b7e71e
夢の新薬「歯生え薬」とは 虫歯で永久歯が抜けても大丈夫に?その効果とは【Nスタ解説】
5/3(金) 20:06配信
歯の根元には「次の歯を作る芽」があるそうです。

この「次の歯を作る芽」は「USAG-1」というタンパク質により成長を阻害されているそうです。
今回の「歯生え薬」は、その成長を阻害する「USAG-1」の働きをブロックすることで、芽が育つようになるという仕組みなのです。
Hahaegusuri_20240503

実際の告知は、こちらですね。

https://www.kitano-hp.or.jp/info/20240503
公益財団法人田附興風会 医学研究所北野病院
先天性無歯症に対する歯の再生治療薬(通称名「歯生え薬」)の医師主導治験を開始
2024.05.03
(中略)
今後、う蝕、歯周病、外傷などによる一般的な後天的欠損歯に対して第3生歯を再生することで、高齢者も自分の歯で食事できるようにし、オーラルフレイルの根本的な改善に繋げることをめざします。


へぇー。
びっくりです。
人体には、乳歯と永久歯の下に「第三の歯の芽」があるのに。
その人体が、わざわざ「芽」の成長を阻害しているのですか。
なんとも不思議な話です。

もしかすると、他にも隠された「芽」があるのかも知れません。

私が子供の頃に、SF小説や漫画などでよく見聞きした話です。
「人間の脳は10%しか使われていない」
「サイボーグ009」の「001=イワン・ウイスキー」が有名ですね。
この説は今は否定されているようですが。
こちらも、脳の活動の阻害因子が発見されて、その働きをブロックする薬が作られたりして。

他にも、いろいろ思いつきます。
髪の毛にも、毛根の下に「芽」があるとか。

骨や筋肉の「芽」を育てて増強が可能だとか。


更に空想は広がります
これらの阻害因子は、何らかの意思により「人体本来の機能を封印」している。
これでは「ニュータイプ」になってしまいますね。

|

« まるごとバイクフェスティバル その2 | トップページ | 群馬県館林市「つつじが岡公園」です »

世間話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まるごとバイクフェスティバル その2 | トップページ | 群馬県館林市「つつじが岡公園」です »