バイク以外の雑談

2018年12月17日 (月)

今月の新刊 (^^)「重版出来 12巻」

私が楽しみにしている漫画の最新刊が、連続発売です。

・海街Diary 9巻 12月10日(月)
・重版出来 12巻 12月12日(水)

大事な2冊を、急いで読んでしまっては、もったいない。

海街Diaryは、この巻で完結です。
それから、最終回は先に雑誌連載で読んでいます。

そこで、先に「重版出来」から取りかかります。
Jyuhan12_01

公式サイトでの紹介は、以下の通りです。
Jyuhan12_02
 安井がWEB漫画誌の編集長に…!
 過去のトラウマから、誰よりも利益に対してシビアな安井。
 その安井が新たなフィールドをWebに求めた。
 「売れるモノしか生まれない場を作る」
 「自由でなければ、Web漫画誌の意味がありません」
 この宣言の下での作品募集に対し、届いた原稿の1作は
 以前、心ではなく安井を選んで潰されてしまった東江のものだった。
 心は今度こそ東江とヒット作を作ろうと誓うが、安井がそれを許さず…!?

というわけで。
今回は、ネットへの参入がストーリーの中心となります。

新人漫画家の東江絹さん。
以前、編集部員の安井さんに、ひどい目にあわされた経験があります。
その後大学を卒業して、旅行会社に就職。
オリジナル作品を、今回のWEB漫画誌に投稿します。
職場の上司もすごく良い人そう。
会うのも怖かった安井さんにも、しっかりと意見が言えて。
人間的にも成長した姿が見られて、良かったなぁ~と思います。

人気漫画家の高畑一寸
紙の見開きとネットの縦スクロール、どちらでも効果的なコマ割りの研究。
ストーリー中で説明がありましたが、この作品自体が、それですね。

この巻の一番の泣かせどころ。
かつて雑誌の廃刊で苦労した安井さん。
新しく立ち上げたWEB漫画誌のタイトルは・・・

紙の見開きではこうです。
Jyuhan12_03

そして、縦スクロール。
1ページづつ見ても、感動ひとしお。
Jyuhan12_04


済みません。「欲を言えば」というお話です。

この漫画の面白さの一つは、様々な職種の方の仕事の様子です。
例えば、校正者やフォントデザイナーなど、珍しい仕事が描かれました。
業務上の課題や対応が大変面白かったです。
きっと、しっかりした取材や業務の理解があったのでしょう。
さて今回です。
初登場の職種は、ウェブサイトの開発担当者。
打合せ段階では、面白いアイディアを提示して存在感を出していました。
ですが、その後の開発段階は、ただの激務の描写で終わっていました。

・バグがあって動かない、、、見つけたー!
・事務所の床で、寝袋で仮眠する
・サイトが立ち上がらないという悪夢にうなされる

例えばサイトのデザインなら。
スマホからパソコンまで、どんな大きさの画面にも対応する動的デザイン。
スクリプトのコーディングなら、バグを出しにくい開発手法やフィックスの手順などなど。
「理系ネタ」は、表現が難しいかもしれません。
それでも、それなりにエピソードは拾えると思うのですが。
もしも、実際に「ただの激務」だとしたら、悲しいですよねぇ。


最後に、後半の次のエピソードについて。
不幸な生い立ちの新人漫画家、中田伯くんのお話。
デビュー作の第2巻も順調ながら、人気にわずかな影が。
巨匠の三蔵山龍の助言を得て、長く会っていない父との再会。
はじめての大きな壁にぶつかり、続きは次巻へ。
うわー。
どうなるんでしょう、これ。

今からもう、来年の夏が楽しみです。

 ・・・というように、次巻への「引き」が大事なんだ!
 捉まえた読者を、放すんじゃないぞ!

和田編集長の声が、聞こえてくるようです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 9日 (日)

さすがです「ザ! 鉄腕! DASH!!」

日曜夜のテレビ番組「ザ! 鉄腕! DASH!!」です。
かなり細かい話ですが。

先週の回で、松岡昌宏さんが麻婆茄子を作っていました。
中華鍋でひき肉と茄子を炒め、続いて調味料を投入。
その際に、小鉢の内側に付いた調味料を、茄子で拭うようにして入れていました。
Dash_201812_1
おー、さすが。
私もよく、これをやります。

普通の料理番組を見ていて、結構気になるんですよね。
小さなガラス容器に入ったマヨネーズや豆板醤などを、スプーンでちゃちゃっと入れて。
容器の内側に、べったりと残っていたりします。
家であれをやったら、残りが勿体ないし、洗うのも大変ですからね。

この番組では、料理に限らず、農作業や土木作業のシーンが良く出てきます。
もちろん忙しい人気タレントの方々です。
彼らが全工程をやり切っているはずはありません。
それでも、このようなちょっとした仕草で「本気度」が分かるように思います。
Dash_201812_2

ついでに書いてしまいます。
この番組のコーナーで「グリル厄介」というのがありまして。
川や池の外来種の魚などを捕獲して、料理して食べるというものです。
その際のナレーションが、こんな感じ。
 「罪はないけど厄介もの」
そうですよね。
本来の生態系を破壊するからといって、その個体に悪意がある訳ではありません。
この意味で「厄介」とは、うまい表現だと思います。


それにひきかえ。

他局で「池の水をどうとかする」という番組がありまして。
すでに批判も出ているようで、尻馬に乗るのも少し気が引けますが。

私が以前見た時のお笑いタレントは、こんな感じでした。

 外来種が在来種を捕食することを「悪行」と呼ぶ
 一般参加の小学生が拾った物を、骨董的な見方で「価値がない」と無視する

こういうところで「見えてしまう」ものだなーと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 2日 (日)

行ってきました「九州・黒川温泉~熊本」

2018年11月25日(日)です。

阿蘇山の北側の大観峰。
どこまでも続く雄大な光景。
クルマではなく、バイクで走ってみたいですねぇ。
20181125_01

工事中のう回路で、偶然みつけた石畳。
参勤交代の道だったのですって。
地元の方が、草刈作業の準備中でした。
20181125_02
熊本空港には、がんばろう熊本、漫画家の色紙コーナー。
ハリスの旋風、ワンピース、風の大地、バガボンド、カイジなどなど。
パネルのよろしくメカドッグは、作者の次原隆二が福岡県鞍手町出身。
シティハンターは、作者の北条司が福岡県小倉市出身。
武者は誰の作品なのでしょう、私は分かりません。

というわけです。
長崎の辛い歴史と祈りの場所、歴史に彩られた港町の風情。
熊本の被災状況と明るく広い空。
阿蘇山周辺の雄大な光景。
どこも心に残る場所ばかりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 1日 (土)

行ってきました「九州・熊本~黒川温泉」

2018年11月24日(土)です。

熊本市の水前寺成趣園。高校生以上400円。
透き通る水の池に大きな鯉が悠然と泳ぐ、大変美しい庭園でした。
門前の土産物店のおばちゃん。
後ろのポスターには、ご本人が写っています(^^)
名物のいきなり団子は、サツマイモの薄切が入った大福という感じ。
あんこぎっしりの大福などよりも軽い食感で、大変美味しかったです。
20181124_01
国道325号、南阿蘇の素晴らしい光景。

昼食は、高森町の高森田楽保存会です。
囲炉裏端には、お皿や箸と共に手袋が一つだけ。
串の向きを自分で変えるためですって。
20181124_02
高森田楽コース 1,890円
 串が四本、こんにゃくと山菜、お豆腐、鶴の子芋、山女魚
 生揚げひと皿、とうきびご飯、香のもの、山菜だんご汁
だんご汁に入れる唐辛子も、ざく切りの手作り。
これは楽しいですねぇ。
きょろきょろしていると、経営者の息子さんが店内を案内してくれました。
蒋介石や孫文の書があったり。
先代が、さだまさしの映画「長江」に関わった時のものだそうです。
これは楽しい。
「身も心も温まる」とは、こういうお店のことですね。

阿蘇神社です。
こちらも先の熊本地震で楼門と拝殿が倒壊。
奥の三棟の神殿が丸見えになっています。
20181124_03
手水は、キレイな湧水が勢いよく迸っています。
更に阿蘇の素晴らしい光景を楽しみつつ、、、

黒川温泉に到着。
小さな温泉町ですが、外国人や若い人で賑わっています。
民家が並ぶ路地や狭い石段まで、散策路として整備されています。
若い人が行列するパティスリーがあったり。
初めて見る「顔湯」があったり。
20181124_04
三か所の露天風呂に入れる入湯手形は1500円。
温泉街でよく見かけるプランですが、ここが最初だそうです。
公式サイトのキャッチコピー「温泉街全体がまるでひとつの旅館のように。」
なるほど。
温泉街全体でのリニューアルの成功事例ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月30日 (金)

行ってきました「九州・諫早~熊本」

2018年11月23日(金)です。

早朝の諫早湾。干拓事業で構築した潮受堤防。
2007年12月22日に開通した、諫早湾干拓堤防道路ふるさと農道です。
近くには「水門開放絶対反対」の看板。
20181123_01
途中に設けられた説明看板も年季が入って、かなり痛んでいます。
長崎県知事の石碑もありました。
----------------------------------------
排水門運用開始記念
 遥けくも
  来つるものかな
 長崎県知事 高田勇
諫早湾干拓に携わった職員有志一同
 平成10年2月吉日
----------------------------------------
高田勇氏は、ちょうど今年の9月に92歳でお亡くなりになったそうです。
国営諫早湾干拓事業を推進し、九州横断道や西九州道など道路整備にも尽力し、
「道路の高田」と呼ばれた方だそうです。

島原市に入り、島原城や武家屋敷跡など、少しだけうろうろして。
20181123_02
島原港からのフェリーで、熊本市に渡ります。
後方には大きく雲仙岳が見えます。
デッキには、無人販売のかっぱえびせん。
何かと思ったら、カモメのえさ用でした。

さて、熊本市内をぐるぐる回ります。
まずは熊本城です。
テレビニュースなどで見慣れた光景ですが、、、
うーんなるほど、これはひどい。
戌亥櫓、よくこれで支えられているものだと思います。
芝生の上には、番号を振った石垣の石が並んでいたり。
崩れた屋根が手つかずのままだったり。
20181123_03
銀杏が見事な、加藤清正を祀る加藤神社。
七五三詣りの記念撮影も、修復中のお城がバック・・

立田自然公園です。
明治の神仏分離令で廃寺になった泰勝寺の跡。
細川家の墓所だそうで、細川ガラシャのお墓もありました。
4年前の大阪で、像を見ましたっけ。
あの細川護熙元首相も、以前は隣接したお屋敷にお住まいだったとか。
静かでよい雰囲気の公園でした。
20181123_04
九州大学。
煉瓦造りの建物は、地震の影響で工事中。
ラフカディオ・ハーンや夏目漱石など、銅像や石碑もいろいろ。
ここで引っかかっていると(略)

熊本県立図書館 くまもと文学 ・ 歴史館
秋季特別展示会「蒙古襲来絵詞と竹崎季長」。
武功を誇る絵詞から、時代が下って軍国主義の神風神話になっていく過程が展示されています。
20181123_05
裏には、美しい水路と静かな池に白鷺。
こんな道がウォーキングコースなら、気持ち良いでしょう。

市電で市内を移動します。
新旧様々な車両が楽しい。
ホームの幅がすごく狭いのにびっくり。
上通アーケードの広くて高いのにも感心。
20181123_06
穏やかな熊本の夜です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月28日 (水)

行ってきました「九州・長崎」その2

2018年11月22日(木)の続きです。

大浦天主堂とグラバー園です。
近所に面白そうな石碑が。
 わが国ボウリング発祥の地
 国際電信発祥の地
 長崎電信創業の地
へぇー。
大変面白いですが、ここで引っかかっていると先に進めませんので。
20181122_11
京都の清水寺辺りと同じように、修学旅行の学生向けのような土産物店が並びます。
今度は「長崎生まれのトルコライス」ですって。

大浦天主堂です。
正式名は日本二十六聖殉教者天主堂。
国宝。世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」構成文化財のひとつ。
拝観料大人1000円。内部は撮影禁止。
浦上天主堂と同様に、静かな祈りの場所です。
脇の、旧羅典神学校と旧崎大司教館が「キリシタン博物館」となっています。
20181122_12

すぐそばの、グラバー園です。入場料大人610円。
イギリス人商人の旧邸があった敷地に、長崎市内に残っていた歴史的建造物を移築。
旧グラバー住宅などは、世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産。
20181122_13

素晴らしい歴史的建造物がたくさん並んでいて、もうお腹いっぱい。
20181122_14

長崎港の眺望も素晴らしい。
おや。
面白い発祥地の説明があります。
 西洋料理発祥の碑
 日本最初のテニスコート
 日本最初のアスファルト道路
20181122_15
500円のガチャガチャは、金の西郷隆盛(^^;

グラバー園を出ると、下り坂の向こうには夕闇迫る長崎港。
20181122_16


坂があり海があり、様々な歴史的建造物。
たまりませんねぇ。
名残惜しいですが、今夜のうちに諫早まで移動します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月27日 (火)

行ってきました「九州・長崎」

2018年11月22日(木)~25日(日)の3泊4日で、九州に行ってきました。

まずは長崎です。
平和公園の平和祈念像。外国人観光客が大勢。
平和の母子像など、モニュメントがたくさん。
20181122_01
公園の場所は、当時は「長崎刑務所浦上刑務支所」だったのですって。

長崎市原子爆弾無縁死没者追悼祈念堂。
昭和50年8月現在、8927柱が安置されているそうです。
原爆落下中心碑と浦上天主堂の遺構には、小学生の団体。
20181122_02
少し歩いて、浦上天主堂ことカトリック浦上教会。
入り口わきには、首のないマリア像。
裏手には「アンジェラスの鐘」。
原爆によって吹き飛ばされた天主堂の鐘楼の一部。

平和と鎮魂、祈りのエリアから、ぐっと俗なエリアへ。
「丸山花街」の跡地です。
「京都の島原」「江戸の吉原」と共に、日本三大花街のひとつ。
入口の繁華街は、行こうか行くまいかの「思案橋」。
公園脇の交番まで、このようなレトロな風情。
20181122_03
そして、カステラの福砂屋本店です。
2016年の「世田谷文学館 浦沢直樹展」のイベント「ひとり漫勉」の際のお菓子。

少し移動して「オランダ坂」です。
長崎市東山手の伝統的建造物群保存地区。
石畳の坂道に、海に向いて洋館が立ち並んでいます。
入場無料で、カフェとして営業していたり。
マンツーマンで二胡の講習をしていたり。
20181122_04
休日のせいか観光客もわずかで、静かな道です。
近くの活水女子大の正門そばには、生徒たちが歩いていました。

オランダ坂を上りきると、反対側に下れます。
なんと。今どき本物のタバコ屋のおばあさん。
犬の散歩の人と立ち話をしています。
20181122_05
本物のお風呂屋さんもありました。
更に先には、中国の聖人、孔子を祀る聖地「長崎孔子廟」。


いやもう、たまらない風情です。
この坂は、さだまさし「絵はがき坂」という歌の舞台です。
初めてのソロアルバム「帰去来」の中の一曲。1976年リリース。
 活水あたりはまだ 絵はがき通りの坂
 つたやかづらの香り背に 学生たちが通る

40年も前ですが、今でも当時のままの風景なのでしょう。
ここだけで、まる一日くらいは過ごしたいですが、、、次に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月26日 (月)

行ってきました「HATO BUS multi-language one-day tour Dynamic TOKYO!」

2018年11月18日(日)です。

海外からのお客さんのアテンドで、はとバス一日東京観光です。
大変有名な「はとバス」ですが、私は一度も乗ったことがありません。
その上、ガイドは英語のコース。
Top_main_en_pic04

JR浜松町駅隣接の世界貿易センタービルからスタート。
受付カウンターからもう、日本じゃないみたい。
添乗員さんは日本人ですが、対応はすべて英語です。
大型バスで50席くらいのところ、乗客は約40人。
白人とアジア系で半々という感じでした。

まずは東京タワー。
その後、八芳園でティーセレモニー。
バスの中で「コンニチハ ケッコウデス」など事前練習。
椿山荘でlava stone plate溶岩プレートでの石焼ランチ。
皇居前広場や隅田川や浅草仲見世をぐるぐる回って。
これで12000円なら、高くはないですね。

20181118

八芳園でも椿山荘でも、結婚式が何組もありました
庭園のあちこちで記念撮影。

話は飛びますが。
以前、某神社の境内で結婚式の記念撮影を見かけたことがありまして。
立ち止まって見物している人もちらほら。
デジカメを出して係の人に声をかけたら、撮影は遠慮してくれとのことでした。

ところがこちらは、なんせ外国人観光客。
構わずカメラやスマホを向けています。
まぁ、珍しい外国の風俗を見て撮りたくなる気持ちは良く分かりますし。

カンさん、ブライドはキモノとドレスがいるのはなぜ?
ジャパニーズヤングガールはトラディショナルもウェスターンなファッションも大好き。
同じブライドが両方を着てフォトを撮るんです。

ワォ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月15日 (木)

のんびり箱根~熱海 その2

明けて二日目の、2018年11月11日(月)。
今日は型通りの箱根観光です。

朝の大涌谷には、黒卵のキティちゃん。
20181112_01
箱根神社。
石段の途中には曽我神社。
日本三大仇討の一つ「曽我兄弟の仇討ち」の曽我兄弟が祀られています。
赤穂義士の講談の次は「曽我の紋づくし」が待っています。

関所跡です。
20181112_02
箱根峠には、荷物満載のカブ。ギターまでくくりつけてあります。
東本昌平の漫画に出てきそう。

十国峠。
ここでも東本昌平の人がいました。
ハゲたおっさんの2スト250。
こういったバイクは良く分からないのですが。
1990年頃のスズキGSX-R250でしょうか。
走り出すと、ハヤブサなんか軽くぶっちぎったりしてね。
20181112_03
熱海に降りる「梅ライン」です。
ブレーキ故障車用の緊急避難所。
上から、第3から第1までの3か所。
番号が逆かと思いましたが「ここが最後」が分かる配慮でしょうか。

熱海周辺。
観光用のお城「熱海城」。
すぐそばには、今や全国でここだけの「秘宝館」。
20181112_04
さーて、下道でのんびり帰りましょう。
普段は東名でびゅーっとバイパスしてしまいますが。
小田原など、良さそうな街並みが見えます。
そのうちゆっくり歩いてみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月14日 (水)

のんびり箱根~熱海

2018年11月10日(日)です。
クルマで箱根に行きました。
都内や神奈川の友人と順に合流して、国道246号でゆったりと。
20181111

通りすがりの休憩ポイント。
南足柄市の「矢倉沢ざる菊まつり」ですって。
へぇー。
ざるを伏せたように咲くので「ざる菊」だそうです。
みそおでんやジェラートで休憩。
南足柄市のキャラクターは「よいしょの金太郎」ですって。
20181111_01
通りすがりの「夕日の滝」です。
枯葉が一杯の美しい散策路。

県道78号「金太郎富士見ライン」足柄峠です。
湘南や嬬恋などでも見かけるような「誓いの丘の鐘」(^^;
雲がなければ、正面に富士山が見えるようです。
カワサキニンジャ400とヤマハYB-1は、親子ツーリングですって。
20181111_02
山麓に見える白い風車「富士松展望レストラン」。
観光客がいないと、静かなもの。
並んでいたオミヤゲは、いかにも外国人観光客向け。

賑わう仙石原湿原や紅葉の美しいビジターセンター。
20181111_03
着きました。夕暮れ迫る芦ノ湖の湖畔。
遊覧船を待っている外国人観光客の皆さん。

続きは後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧