バイク以外の雑談

2019年6月19日 (水)

えぇ?こんな所に?「本物のターミネーター2のハーレー」

デロリアンのバック・トゥ・ザ・フューチャー パート2仕様の脇には、、、
簡単な囲いの中に、古いバイクが2台。
大きなハーレーと、ぼろっちいホンダのオフ車。

えぇ~!?
ターミネーター2の撮影に使われた、本物なのですって。
20190607_07_1 20190607_08_1

1991年 Harley-Davidson FLSTF Fat Boy
言うまでもないですね。
アーノルド・シュワルツェネッガー演じるターミネーターT-800が乗っていた、あれ。
オークションで「家が数件買える値段」だったそうです。
ミラーなど細かい欠品はあるものの、錆びもほとんどない状態。
メーターは392マイル。
20190607_09_1 20190607_10_1

疑うわけではありませんが、ネット検索すると、見つかりました。
https://www.icollector.com/item.aspx?i=30074450
Tm2_201906_1
 SOLD
 400,000.00USD
 + (112,000.00) buyer's premium. + applicable fees & taxes.
 This item SOLD at 2018 Jun 07 @ 14:25UTC-7 : PDT/MST
 落札額40万ドル+落札手数料11.2万ドル+手数料と税金!
 落札日は、2018年6月7日。

落札者については、こんなサイトがありました。
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1807/27/news079.html
Tm2_201906_2
 「ターミネーター2」T-800演じたシュワちゃんが乗った
 ハーレー「ファットボーイ」が日本にやってくる! 
 東京コミコン2018会場で展示 
 運営が40万ドルをポンッと出してくれたぜ
 シュワちゃん(T-800)のファットボーイは海外オークションに出品されたものを、
 コミコン運営が40万ドル(約4500万円)を出して落札したもの。
 2018年11月30日から12月2日にかけて開催される「東京コミコン2018」に合わせて
 日本に運び込まれ、会場で特別展示を行うと発表しています。

もう一台の小さい方は、ジョン・コナーが乗っていたホンダ XR100R
こちらも撮影に使われた本物だそうです。
撮影後に、コナー役のエドワード・ファーロングが貰ったのですって。
この程度の小型バイクは、単に小道具扱いだったのでしょうか。
こちらはオーナーの希望で最小限の修理をして、一応走れるそうです。
なるほど。ガソリンコックやエアクリーナーケースは新品のようでした。

失礼して、ネット上で拾った映画の画像です。
Tm2_201906_3

テレビ番組「なんでも鑑定団」のコメントのようですが。
この2台の本物がセットで揃えば、もう博物館級のお宝でしょう。
それが日本で、それもこんなローカルな場所に飾られているという。

これほどのモノを、黙ってネットにアップしてはマズいですよね。
お店の方に聞いてみたら「どうぞどうぞ」とのこと。
というわけで、遠慮なくアップさせて頂きました。

お店は、こちらです。
 ↓
AREA Ten-One
株式会社 Ten-One コーポレーション
〒362-0806 埼玉県北足立郡伊奈町小室4692-1
http://areaten-one.com/
201906_areaten

| | コメント (0)

2019年6月18日 (火)

えぇ?こんな所に?「バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアン」

埼玉県伊奈町という小さな町の、小さな志久交差点。
以前はコンビニだった場所に、ちょっと洒落た建物が出来ました。
取りすがりに目をやると。
おっ?
なんと、中にはデロリアン DMC-12、それも何台も。
声をかけて、見せてもらいました。
20190607_01_1 20190607_02_1

プライスタグ付きが2台。いずれも800万円台。
別の1台は、納車待ちだそうです。
アメリカでレストアしたものを輸入しているそうです。
意外に高くはない、という気もしてきます(^^;
20190607_03_1 20190607_04_1

そして奥には、、、
おおっ(^^)
私も大好きな映画バック・トゥ・ザ・フューチャーのタイムマシン仕様レプリカ。
2016年に午前10時の映画祭で3本全部見直したばかり。
生ゴミを燃料とする核融合装置が付いていますので、パート2の仕様ですね。
その隣には、ナイト2000に改装中のトランザム
20190607_05_1 20190607_06_1

うーん、これはすごいですねぇ。

失礼ながら、こんな場所でこんな高額でマニアックなご商売が成り立つのでしょうか。
聞いてみましたら、お客は口コミやネットで集まるので、場所は関係ないのだそうです。
なるほど、それはそうでしょう。
通りすがりに「これ下さい」などという人は、いないでしょうからね。
かく言う私も、見るだけですし(^^;

更に奥には、もっとびっくりのお宝が・・・

| | コメント (0)

2019年6月17日 (月)

新刊出来(^^)

私が楽しみにしている漫画の、半年振りの新刊です。

重版出来 13巻 2019年06月12日(水) 発売

厳しい不況の出版業界が舞台ですからね。
紙の本を、発売日当日に、リアルな店舗で買いました。
出来れば、町なかの個人書店で買いたいのですが。
私の住む地域でも、もう絶滅してしまいました(泣)

もったいないので、11巻12巻を読み返してから取り掛かりました。
この巻も、安定して面白いですねぇ。
20190612_01

以前、編集の安井さんにボロボロにされた東江絹さん。
今度はその安井さんが立ち上げたWeb漫画誌で、しっかり頑張ります。
20190612_02 
紙の本のだいご味、見開きページですが。
強く開くのはかわいそうなので、谷の部分が良く見えない(^^;

高畑一寸と新人とのからみ。
食べ物の描写テクニック指南と、心のつぶやき。

そしてまた、この巻も「引き」がすごい。
巨匠の三蔵山龍先生、健康診断で軽い病気が見つかります。
さーて、本当に軽くて済むのか?
いつもハラハラの中田伯くんも、倒れちゃうし。

強いて言えば、、、
話が安定してしまい、初期作品ほどのインパクトが薄れ気味という感じも。

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

見てきました「山梨県立リニア見学センター」

6月2日(日)の続きです。

山梨県立リニア見学センターを見てきました。
走行実験なしの日で残念ですが。
3年前にBreva750で近くまで来て、走る様子は見ていますので。

山梨県立リニア見学センター 「どきどきリニア館」です。
入館料 一般・大学生 420円
エントランスに、どーん。
展示車両「MLX01-2」です。
20190602_01_1 20190602_02_1
2003年に当時の世界記録、時速581キロを達成した実物の車両とのこと。
ドアが上に開くのが、格好良い。
ノーズわきの部分には、ミニ四駆のローラーのようなもの。
ただし、ボディと同色で特に回転もしないようです。
外板側面には、普通の六角ボルトがずらり。
時速500kmの超高速車両で、これはないでしょう。
20190602_03_1 20190602_04_1
もしかすると、機密保持のためのダミーなのかも。

その他、ジオラマや超伝導の実験設備などなど。
20190602_05_1 20190602_06_1

わくわくやまなし館。入場無料の売店です。
20190602_07 20190602_08

| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

乗ってみました「水陸両用バス・山中湖のカバ」

6月2日(日)です。

最近、あちこちで見かける、観光用の水陸両用バス
通常の観光バスと観光遊覧船があったとして。
単に「乗り替えが要らないだけ」ではないかと思います。

まぁそんなこと言わないで。とにかく乗ってみましょう。
まずは車体?船体?をチェック。
20190602_01

トラックのようなデファレンシャル
その後部に、船舶としてのスクリューとラダー
20190602_02

待合室の壁面にあった主要諸元。
主機 水冷4サイクル船用ディーゼル機関
   ISUZU UM4BG1TCX (140kw)
20190602_03

あったあった。
このエンジンですか。
Isuzu_201906

速力 6Kt
へぇー。
Ktイコール「ノット・knot」ですね。
1時間に1海里(1852km)進む速度。
つまり時速11kmほど。
もう一台は、9ノットと言っていたと思います。

運転免許は、自動車の大型二種と船舶の両方が必要とのこと。
駆動系統も、自動車と船でエンジンから完全分離の二系統。
入水したら自動車のエンジンを切り、船舶としてスクリューのエンジン始動だそうです。
舵はなんと、運転席左側に直角に装備。
20190602_04

サンダーバード第一話「SOS原子力旅客機」の、高速エレベーターカーみたい(^^)
Tb_201906_1
Tb_201906_2


さて時間です。
探検隊のような衣装のお姉さんがエスコート。
まずは小部屋へ案内されて。
正面と左右のプロジェクター3台によるミニシアター。
その後、反対側の扉が開いて、乗車です。

発進時には水しぶきが上がって。
後で見たら、地面に噴水がセットされているのでした。
20190602_05

走行中は、お姉さんがパペットのミニカバくんとの掛け合いでガイド。
巧みな話術と演出で、楽しい雰囲気を演出。
なるほど、TDLのジャングルクルーズのようなものですね。
20190602_06

車両はやや大きさが違う2台で、交互に運行しているようです。
外国人観光客にはどうするのかと思ったら。
私の乗った後の便では、英語で説明をしていたようです。

料金は、大人2200円子ども1100円と、結構なお値段ですが、
話のタネに一度と思えば、充分に納得価格だと思いました。

| | コメント (0)

2019年4月30日 (火)

ありがとう平成

テレビ番組や新聞は、拡大版「皇室アルバム」か、大晦日みたい。
時代の変化を、じっくりと考えさせる番組。
空疎なカウントダウン大騒ぎの中継番組。

取り急ぎ、紅白まんじゅうです。
平成 ありがとう
20190430

| | コメント (0)

2019年4月24日 (水)

これはうまい(^^)「成吉思汗 さくや」再訪

昨年2月、人生の先輩、Sさんに誘って頂いた「成吉思汗 さくや」。

うーん。やはり旨いですねぇ。
20190419_1
タレにはリンゴをすり入れて。
野菜も旨いし、ラムも旨いし。
薄切りゴーヤも入った、サラダも旨いし。
20190419_2
もちろん、お肉自体が良いのでしょうが。
お肉の処理や野菜の取り合わせなど、店長さんの腕やセンスが良いのでしょう(^^)


気になることは、、、
もやしなど野菜にすぐに熱が入って、焦げてしまうのがもったいない(^^;
何か良い食べ方は、ないでしょうか。
冷めても良いから一旦取り皿に取るとか、少しづつ焼くとか・・・

成吉思汗 さくや
https://www.instagram.com/ryo.ram/
 363-0016 桶川市寿1-3-3
 048-717-3526
 17:00~23:00
 火曜定休
 JR桶川駅東口徒歩3分ほど。

| | コメント (0)

2019年4月21日 (日)

昭和は遠くなりにけり

先日の漫画アクションの「ルパン三世」作者モンキー・パンチさんの訃報に続いて。
何と。「子連れ狼」原作者の小池一夫さんも、お亡くなりになったのですね。
謹んでご冥福をお祈りいたします。
Koike_201904

大昔、「明治は遠くなりにけり」という言い回しがありました。
これと同じように「昭和は遠くなりにけり」なんて思ってしまいます。

ちょっと調べてみました、、、ってグーグル先生に聞いただけですが。
この言葉は、中村草田男さんの俳句「降る雪や明治は遠くなりにけり」の一節だそうです。
この句が作られたのは、昭和6年のようですので、明治が終わって20年ほど。

で、「明治は遠くなりにけり」です。
こちらが流行ったのが、「明治100年」と言われたころ。
つまり、1968年・昭和43年前後。
当時私は小学生。今から約50年前。
ずいぶん昔の話ですねぇ。


ここで、どうでも良い思い出話です。
先の「ルパン三世」や「子連れ狼」は、私はアニメやドラマの方が印象深いです。

テレビドラマ「子連れ狼」は1973年~1976年。
萬屋錦之介と西川和孝の活躍を毎回楽しみにしていました。

更に2年遡ります。

アニメの「ルパン三世」最初のシリーズの放送は、以下の通り。
・関東では日本テレビ
・1971年10月24日-1972年3月26日
・毎週日曜 19:30~20:00

前の時間枠の番組も、同じ日から始まっておりまして。
「資生堂・サンデーヒットパレード」
・関東では日本テレビ
・1971年10月24日から1973年3月25日
・毎週日曜 19:00~19:30
こちらの番組の司会者と言いますか、マスコットボーイが草刈正雄さんのデビュー。
キャッチコピーは、確か「草原を馳けぬける さわやかな野性」・・・(^^;

新聞広告で「二人のスターが誕生」といった感じで紹介されていたと記憶しています。

草刈正雄さん。今でも大活躍。
・真田丸では、父上こと真田昌幸
・なつぞらでは、なつを見守る牧場主

幾つになっても格好良い。
それに比べて、、、なんて言っても仕方ないですが。

我ながら。いかにもジジイのくどくど話・・・

| | コメント (0)

2019年4月17日 (水)

今さらですか「気分はもう戦争」その2

というわけで。

買ってきました。漫画アクション
大判ポスターとポストカード付き。
書店では、ヒモがかかっていました。
20190417_1

巻頭で16ページ。
完成に2年がかりだったようです(^^;
ネタバレは申し訳ないので、内容は避けますが。
一話完結のショートストーリーと言う感じ。
20190417_2

事件が起きて大騒ぎ。
気分はもう戦争「極道放射能」に続く(かも知れない)、、、とのこと。

一通りページを繰ってみますと、こんな作品が目につきました。

吉本浩二「ルーザーズ~日本初の週刊青年漫画誌の誕生~」
20190417_3

こんな作品が「黄金時代」として登場していました。

 ルパン三世 モンキー・パンチ
 柔侠伝 バロン吉本
 子連れ狼 原作・小池一夫 作画・小島剛夕
 高校生無頼控 原作・小池一夫 作画・芳谷圭児
 同棲時代 上村一夫
 釣りバカたち 矢口高雄

あぁ~。これは懐かしいですねぇ。
1970年代、私が高校生位の頃に楽しんだ作品が、ずらり。

ただねぇ、懐かしいのが嬉しいかと言いますと。
何と言いますか。
あの頃は良かったなぁ、、、という。
NHKのテレビ番組「プロジェクトX」の視聴後と同じ、一抹の寂しさ。

いやいやー。
この「プロジェクトX」という例え話自体が、どうにも古過ぎです。
我ながら、情けない。

なんて思っていたら。
モンキー・パンチさんが亡くなったというニュース。
20190417_4
すごい偶然ですねぇ。
先の漫画にも、デビュー当時の様子が描かれていました。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0)

2019年4月16日 (火)

今さらですか「気分はもう戦争」

2019年4月16日(火)の朝です。
新聞の全面広告に、びっくり。

隔週発売の 漫画アクション 2019年9号 4月16日発売。
新作の「気分はもう戦争3(だったかも知れない)」が、どーん。
Action_201904
ネット上の情報では、以下の通り。
・マンガ「気分はもう戦争」の完全新作となる読み切り
・「漫画アクション」で1980~81年に連載された名作で、約38年ぶりに同誌に“帰還”

一応、ウィキペディアとアマゾンで確認します。

・気分はもう戦争
 矢作俊彦原作・大友克彦作画
 単行本の初版発行は1982年1月24日

・気分はもう戦争2.1
 矢作俊彦原作・藤原カムイ作画
 2002年に発表、ストーリーは中断
 角川コミックスエース・エクストラ刊
 アマゾンで中古3280円~

・小説版「気分はもう戦争」
 2006年から矢作俊彦公式サイトで公開開始、第2章で止まっている

へぇ~。
私は、2.1も小説版も、全く知りませんでした。
公式サイトは「工事中」とのことで、何の情報もありません。

以下、原作者の矢作俊彦について、個人的な思い入れ。

1978年の初の長編小説「マイク・ハマーへ伝言」は、私には大変な衝撃作でした。
舞台も登場人物もセリフも、とにかく格好良い。
これぞ都会的でスタイリッシュな新時代のハードボイルド。
後で読み返すと、結構ヤンチャで乱暴な内容でしたが、当時は大いに感心したものです。
その後も、いくつかの良作小説や漫画原作。
個人的に連載でリアルタイムだったのは、自動車雑誌NAVIの「スズキさんの休息と遍歴」
週刊ポストのフォトエッセイ「新ニッポン百景」あたり。

一応触れます。作画の大友克彦について。
活躍の幅の広い、大変有名な方ですよね。
私も、おバカ高校生を描いたデビュー作「ショート・ピース」以来、
この作品はもちろん、「AKIRA」など主だったところは押さえています。
矢作俊彦ほどの思い入れはありませんが、それなりに懐かしい。

というわけで。
38年を経て登場した「気分はもう戦争」の続編。
どうしますかねぇ。

まぁ、買わずに済ませるわけには行きませんね。
せっかくですから、コンビニではなく本屋で買いましょう。
近所の小さい本屋は、とっくに消えてしまいましたので。
クルマで、大手チェーン店のリアル巨大店舗に行ってきましょう。

厳しい出版不況ですからね。
これを応援しないでどうする、といった気持ちです。

同情されるようになったらおしまいだ、という話もありますが・・・

| | コメント (0)

より以前の記事一覧