バイク以外の雑談

2017年4月26日 (水)

セーラーエース連載終了・・・

我ながら疎いのですが(^^;
私の好きな、頭文字Dのしげの秀一さんの、セーラーエースです。

今月はじめで、ヤングマガジンでの連載が終わっていたのですね。
と言いますか、これはもう、連載打ち切りという感じ(^^;
Ym2017_18_163

で。
次はこれですか。
Ym2017_18_164
 新たなる伝説――。
  202X年――。
  車の自動運転が普及した日本に
  英国のレーシングスクールを
  トップの成績で卒業した
  天才ドライバーが帰国する。
 『バリバリ伝説』『頭文字D』『高嶺の花』『セーラーエース』
 しげの秀一
 今夏、新連載開始!

舞台は近未来、ですかぁ。
どうなるかわかりませんが、楽しみに待ちましょう(^^)

セーラーエースは全く読んでいないのですが、実際にあるんですね。
全国高等学校女子硬式野球連盟
 第18回全国高等学校女子硬式野球選抜大会の結果。
Girlsbaseball_201704

スポーツに疎い私でも聞いたことのある、履正社、埼玉栄、作新学院など。
男子の高校野球の強豪校が並んでいます。
今はまだ、加盟チームは20数校のようですが、案外これからブレイクするかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

小椋佳「春なんだなあ」

この季節になると思い出す歌です。

小椋佳「春なんだなあ」

 学生が自分らの青春に気附かずに
 街なかをさざめいて歩いている昼休み
 春だ 春なんだなあ
 老人の顔にも赤味がさして
   肉屋ではコロッケをあげている人だかり
   花屋にはアネモネがわれ先に溢れてる

 若者がすれちがう娘らをふりかえる
 何気ない素振りして駿河台一丁目
 春だ 春なんだなあ
 老人の肩にも陽射しが踊り
   楽器屋はレコードを流してる愛の唄
   本屋では新しい教科書を売り出した

 娘らはお互いに腕を組み語り合う
 一せいに笑い出し立ち止まり笑い継ぐ
 春だ 春なんだなあ
 老人の顔にも微笑みが浮び
   実験の器具を売る店先のフラスコに
   アネモネの赤い花空の雲映ってる

 学生の流れには新しい顔がある
 鈴懸の並木路 芽がうるむ背伸びする
 春だ 春なんだなあ
 春だ 春なんだなあ

シングルレコードのリリースが、1977年3月10日。
ちょうど私も、駿河台一丁目あたりで学生生活を送っていた頃。
学生街にも肉屋がありましてね。
揚げたてコロッケやポテサラを、その場でパンに挟んでくれるんです。
お昼時には、いつも学生が群がっていました。
本屋はもちろん、実験器具や製図用具のお店とか。

で。

探すと出てきました。当時のシングルレコード。

Haru_201704_1 Haru_201704_2

 DKQ1010 Kitty ポリドール
 A面:君の肩越しに 作詞・作曲:小椋佳 編曲:星勝 (3'13")
 B面:春なんだなあ 作詞:藤村渉 作曲:小椋佳 編曲:星勝 (3'07")

ジャケットには「春なんだなあ/君の肩越しに」とありますが、
レコードのラベルは、なぜか逆。

この曲は、CD「渡良瀬逍遥」にも入っているのですが、アレンジがぜんぜん違うんです。
そこで、先日「埼玉国体」のために買ったプレーヤーでMP3に変換(^^)
音質まで、当時の雰囲気そのまま(^^;
Haru_201704_3

あらためてレコードを出してみて、気づいたことが二つ。

ひとつは、作詞者です。
小椋佳ではなくて藤村渉という方。
だれかと思ったら、あのセゾングループの堤清二
実業家で小説家で詩人だったという、すごい人。

もうひとつが、歌詞です。
 学生の流れには新しい顔がある
 鈴懸の並木路 芽がうるむ背伸びする
あれぇ。
うるむのは「目」ではなく「芽」だったのか。
40年間、ずーっと勘違いしていました。

そうと気づけば「芽がうるむ」は、なかなかうまい言い回しだと思います。
ネットで探してみたら、こんな合唱曲がありました。

めばえ(みずかみ かずよ 詩)
 みごもる ははのだいちは そこぶかくたいどうをはじめた
 いてついた かたいつちのおもては つかれきって ねむったままだけれど・・・・
 きびしいさむさからまもられて ふくらみつづけた ちいさないのちたち
 おしあい へしあい ぐいぐいと あふれるちからで くらやみから ひかりへむかって のびあがってくる
 つたわる つたわる ちからづよいこどう
 ふるえる ふるえる ゆるみはじめたたいき
 はるのめは やがて いっせいに うるむ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

TOYOTA C-HR × STREET FIGHTER II

最近流行りのライトなSUVの一台、トヨタのC-HR

このクルマのネット広告に、ゲームの「ストリートファイターII」が出てきました。
Chr_sf1

もいっちょ。
Chr_sf3

他にも「北斗の拳」や「トミカ」も。

ウィキペディアで「ストツー」を確認です。
 ストリートファイターII
 1991年にアーケードゲームとして登場し、爆発的ヒットを記録した。

26年前ですか。
対象年齢は「CERO:B(12才以上対象)」とあります。

登場時点でハマった子が12歳として、現在は38歳。
それ位の世代が、このクルマのターゲットということでしょう。

ついでに確認。
「フルカウルミニ四駆シリーズ」の登場が1994年。
「新世紀エヴァンゲリオン」のテレビ初放送が1995年から1996年。

で。

ある駐車場で見かけた、C-HRのなんとか仕様。
Chr_201703

なるほどねー。

オーナーは、格闘ゲームやミニ四駆やガンプラやエヴァが、大好きなのでしょう。

もちろん、メーカーの開発スタッフも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

液晶ディスプレイ交換

2016年7月に買い換えたデスクトップPCの液晶ディスプレイです。

メインは2009年のワイド23インチ、サブは2005年のスクエア17インチ。
17インチを縦に使うと、A4書類が実寸で表示可能。
デュアルディスプレイで、快適に使っていました。

ところが先日から、サブの方が時々映らなくなりました。
仕方ないですね、12年も使えば寿命でしょう。

さて、どうしましょうか。
スクエアで良いので、中古で沢山です。
ヤフオクに格安品が沢山ありますが、程度が分かりません。
PCデポなどパソコンショップでは、1万円程度。

さて、後はどこにあるでしょう。
ハードオフをのぞいたら、なんと。
DELLのスクエア19インチが、税込わずか2,700円!
これまでの17インチと同シリーズなので、違和感はないでしょう。
迷わずゲットです。
20170319
さっそくセット。
映りは全く問題なし。
重くなったので、昨年購入した液晶ディスプレイアームを増し締め。
前より2インチ大きくなって、ちょっと嬉しい(^o^)

本当は、メインもスクエアに交換したいと思っています。
私は、パソコンで映画を見たりはしません。
普通にネットのブラウジングや文書作成するだけです。
しっかり上下にも広い方が、良いのです。

ですが、もうスクエアの新品は絶滅です。
早めに中古良品を探した方が良いかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

走ってきました、圏央道新開通区間

2017年3月4日(土)です。

先週の2017年2月26日(日)、茨城県内の圏央道が接続されました。

 ・開通区間:境古河IC(茨城県猿島郡境町)~つくば中央IC(茨城県つくば市)
 ・延長:28.5km
 ・開通IC:坂東IC、常総IC
 ・車線数:暫定2車線
Keno_20170226

さっそく、埼玉~茨城~千葉と走ってみました。
埼玉県の桶川加納ICから、千葉県の神崎ICまで。
Keno_20170304

ちょっとびっくりが、幾つもありましたので、ご報告します。

まずは「暫定2車線」について。
久喜白岡JCTの西側は、片側2車線で制限速度100kmです。
このJCTの東側は、いきなり片側1車線で制限速度70km
そのうえ対面通行で、境界は「ラバーポール」
大体10kmおきに、2~3km位の「追越区間」2車線があります。
(測った訳ではありませんが)
それから、夜間の照明もなしです。
20170204_03

次に、SAやPAです。
どらプラの検索結果をご覧下さい。
埼玉県の桶川加納ICから、千葉県の神崎ICまで。
区間距離は、91.9km。
この間のSA/PAは、2か所
その菖蒲PAと江戸崎PAの距離は、75.9㎞
Keno2_20170304

菖蒲PAは、軽食や売店やガソリンスタンドが揃っています。
江戸崎PAは、トイレと自販機一台だけ
20170204_02


行きはともかく、帰路の渋滞には、参りました。

以下、当日の実測値です。

往路の所要時間
 ・桶川加納IC発:8時30分
 ・神崎IC着:10時5分
スムーズに、1時間35分で走れました。
この間、2か所のPAにも立ち寄っています。
立ち寄り時間を15分として、平均時速を計算してみます。
 ・91.9km/1時間10分=69㎞/時

復路の所要時間
 ・神崎IC発:16時50分
 ・桶川加納IC着:19時00分
30分以上長い、2時間10分
SAには寄らずノンストップです。
 ・91.9km/2時間10分=42㎞/時

アウトレットのある阿見市や、つくば市の辺りでは、停車するほどの渋滞。
その後も、ノロノロ走行が続きました。
時々現れる「追越区間」に入りますと、各車2車線に広がり加速。
ですが、たちまち2車線は終わり、合流渋滞。
これの繰り返しです。

久喜白岡JCTまで、制限速度70kmに達しないような走行が続きました。
先に書きました通り、この状態で休憩ポイントなしが75.9㎞続きます。
久喜白岡JCTを過ぎたとたん、2車線の100km制限で、スムーズに流れました。


やれやれ。
以下、私の感想です。
3月初め快晴の土曜日。開通したばかりの高速道路。
交通量が増えるのは、仕方ないでしょう。
行きより帰りが渋滞するのも、他の高速道路でも良くあることです。

それにしても。
開通したばかりで、これでは、ねぇ。
「暫定2車線」どうにかなりませんか。
これで、料金は他の区間と同じというのも、どうなんでしょう。
恒久仕様が完成するのは、いつになるのでしょうか。

そう言えば、中央分離帯をワイヤーロープにする、というニュースもありました。
これも、4輪車はともかく、2輪車にはかえって危険のように思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

ヤフーニュースのコメント掲載終了

ヤフーニュースのページ右下に、こんな記載がありました。

 お知らせ
 2017年3月6日をもって本ページでの
 Facebook・Twitterコメントの掲載を終了いた
 します。
Yahoonews_20170303

それは良かった。私は大いに賛成です。

個人がネット上で好き放題つぶやくことの是非は別にして。
「嫌なら見なければ良い」という考え方も、それとして。

今は右上にある「コメントを見る」。
いかにもアレだったり、ソレだったりするコメントが、ずらり。
つい見てしまって、何度も心がざらつくような思いをしました。

NHKの夜のニュースでも、画面下に視聴者のつぶやきが流れます。
ヤフーを見習って、こちらもやめて貰いたいものです。


「へーぇ。アンタはどれだけ立派な意見を持ってるんだい?」
そういった突っ込みは、カンベンして下さい・・・(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

三菱地所「私の好きなものが全部ある」

こんなCMを見かけました。

テレビや新聞のキャプチャは大変なので、ホームページから。
Mec_hp_201702

三菱地所を、見に行こう。中通りArt篇 だそうです。

 オープンカフェに、柔らかな木漏れ日
 街角のアートに、華やかなショーウィンドウ
 All of My Favorites
 東京 丸の内
 ここには、私の好きなものが全部ある

 三菱地所を見に行こう
 人を、想う力。
 街を、想う力。
 三菱地所グループ。

Mec_cm_201702

へ~え。
これで「好きなもの全部」なんですって。

財閥系デベロッパーの思い上がり、ここに極まる。
そんな感じですかね。


以下、ウィキペディアより抜粋。
三菱地所株式会社
 資本金 1,413億7,321万円
 売上高 1兆94億800万円(連結)
 営業利益 1,661億9,900万円(連結)
 従業員数 8,474名(連結)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

レコードプレーヤー購入

アマゾンで、こんなのを買いました。

 クマザキエイム
 ポータブル・レコード・プレーヤー
 フォノクリッパー PT-300
 税込 3,880円、送料無料

Pt300_01

ターンテーブルより小さいコンパクトサイズ。
大昔、SONYからもこんな形のプレーヤーが出ていましたっけ。
これだけで、レコードの音をMP3に変換し、USBメモリーやSDカードに書き出しが出来ます。
ウチには、10年位前に買ったレコードプレーヤーとUSBオーディオキャプチャユニットがあります。
久しぶりに出そうかと思ったのですが、ソフトはWindows10には対応しないでしょう。
どうしようかと思ったら、これを発見。
このお値段なら、ダメでも惜しくはありません。

私が買ったとたん、値段が3,880円から4,200円に変わっていました(^^;
Pt300_02

これを使って、何をどうするかは、、、言うまでもないですね(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

雑考「埼玉国体の歌」

唐突ですが、埼玉国体です。

国民体育大会、通称「国体」は、都道府県単位で開催され、すでに2巡目に入っています。
埼玉でも2回。

2004年開催の、第59回「彩の国まごころ国体」ではなくて。
1967年に開催された、第22回「埼玉国体」について。

まずはウィキペディアから、開催概要を抜粋します。

 第22回国民体育大会
 参加人数 24,118
 競技数 34競技
 開会式 1967(昭和42)年1月26日
 閉会式 1967(昭和42)年10月27日
 開会宣言 栗原浩
 主競技場 上尾運動公園陸上競技場
 第22回国民体育大会(だい22かいこくみんたいいくたいかい)は、1967年に、
 埼玉県の上尾市、青森県の大鰐町、栃木県の日光市、茨城県の土浦市、およびその周辺で開催された。
 大会テーマは「清新・健康・協力」。
 大会スローガンは「成功させよう埼玉国体」「まごころで迎えよう 埼玉国体」

この時「埼玉県歌」「埼玉県民音頭」「埼玉国体の歌」が作られました。
聞きたい方は、こちら
以下、ウィキペディア「埼玉県歌」から抜粋。

 1965年、2年後の1967年に埼玉県で開催される清新国体を控えて2代目となる新県歌が制定されることになり、
 県歌・県民音頭・国体テーマ曲の3部門で公募を実施した。
 各部門の応募作は、埼玉県歌等制定審査会の選定を経て9月21日付で3曲同時に制定された。
 首都・東京に隣接した経済圏の中にあって飛躍的な発展を遂げる県民の意気込みを歌う内容となっている。

ウチには「埼玉県歌」「埼玉国体の歌」のレコードがあります。

県歌はともかく、国体の歌はネットで検索しても情報はほとんどありません。
そこで、ジャケットの歌詞を転記します。
権利上の問題は、ちょっとアレですが。

ニーズがあるかどうか、分かりませんが。
きっとどこかに、私と同じような方もいらっしゃるかも知れません。
Prb5029

----------------------------------------------------

樋口克巳 作詩 大木実 補作
清水脩 作曲 小沢直与志 編曲
埼玉県歌等制定審査会 選定

埼玉国体の歌

川崎静子
平野忠彦
ビクター・オーケストラ

一、ここにつどう こころ
  ここに競う 力
  いまぞ 若き いのち
  ファイトに もえて
  進む われら われら
  埼玉国体

二、高くあげよ 旗を
  聖く 燃えよ ほのお
  胸にほまれ 秘めて
  青春の かぎり
  つくす われら われら
  埼玉国体

三、北からの 君よ
  南からの 君よ
  えらばれた 若者
  希望の肩を
  組むよ われら われら
  埼玉国体

四、ここにむすぶ こころ
  ここにふれた 友情
  わすれずに ながく
  手に手を とりて
  誓う われら われら
  埼玉国体

----------------------------------------------------

岸上のぶを 作詞 神保光太郎 補作
明本京静 作曲・編曲
埼玉県歌等制定審査会 選定

埼玉県歌

藤山一郎
長瀬世紀子
日本文化合唱団
ビクター・オーケストラ

一、秩父の雲の むらさきに
  風もみどりの むさし野よ
  恵み豊かな この山河
  われら 生まれて ここにあり
  おお 埼玉 埼玉 輝く埼玉

二、古き伝統 新しき
  生命をこめて しあわせの
  未来をひらく この文化
  われら つどいて ここにあり
  おお 埼玉 埼玉 輝く埼玉

三、日に日に進む 産業に
  こぞるちからも たくましく
  希望はもえる このあした
  われら明るく ここにあり
  おお 埼玉 埼玉 輝く埼玉

四、北に大利根 荒川は
  南をめぐり 人和して
  県旗はまがたま この理想
  われら ちかって ここにあり
  おお 埼玉 埼玉 輝く埼玉

----------------------------------------------------

ビクターレコード
(C)1965
PRB-5029

----------------------------------------------------

どこかに「埼玉県民音頭」は、ないですかねぇ。
ネットで検索しても、博物館の収蔵品しか出てきません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

本庄市雑考「ゆるキャラ・はにぽん」

先日の本庄市の続きです。

埼玉県本庄市の「はにぽん」は「第7回ゆるキャラグランプリ」で2位ですって。
え?
全国2位、準グランプリ、ですか?
Hanipon_2

失礼ながら、あそこの、これですよ。
全国レベルの知名度があるとは、とても・・・
2015年9月15日(火) 世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」周辺の遺産群 その3
 本庄市立歴史民俗資料館
 展示品の「笑うはにわ」が「はにぽん」のモデル。
20150913_04

農業観光センターの方は、1位を逃したことを残念がっていました。

後からウィキぺディアを見ると、以下の通りです。

 第7回ゆるキャラグランプリは、2016年11月に愛媛県松山市で開催
 グランプリは高知県須崎市のしんじょう君が、準グランプリは埼玉県本庄市のはにぽんが獲得した。
 ネット投票では、しんじょう君が3位ではにぽんが1位であったが、
 現地投票でしんじょう君が7816票、はにぽんが3404票を獲得して逆転
 最終的な1位と2位の票数差は4298票と僅差であった。

なるほど。
今回は、初の四国での開催だそうです。
当日の「動員力」の差が出たのでしょう。
国体で、開催県が優勝するようなものでしょうか。

このグランプリは、上位入賞の後はエントリーしないのが慣例のようです。
例えば「ひこにゃん」「くまモン」などですね。
地域活性化という意味で、譲り合いは、結構なことだと思います。

とは言うものの。
エントリーした団体では、関係者に「毎日一回投票!」を呼び掛けたりするようです。
言うなれば「ガチの総力戦」なのですね。
それでは、上位入賞翌年の「防衛戦」でモチベーションを維持するのは、難しいでしょう。
実績を上げたら「勝ち抜け」するのも、分かります(^^;

こういったイベントの効果は、ふたつの考え方がありますね。
ひとつは、観光客誘致など外向きの効果。
もうひとつは、組織の活性化といった内向きの効果。

今回、10位以内の埼玉県キャラは「はにぽん」「みむりん」。
以前上位入賞した「ふっかちゃん」は、高速道路のSAや道の駅でも見かけます。
今度のふたりは、どうでしょう。
外にも内にも、がんばってもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧