バイク以外の雑談

2018年8月11日 (土)

鷲宮神社で鳥居倒壊(追記あり)

埼玉県久喜市鷲宮の「鷲宮神社」です。
アニメの聖地巡礼で有名な神社。
本日午前10時40分頃に、大きな鳥居が突然倒壊したそうです。

たまたま所用で近くにおりまして。
12時過ぎには、ネットに情報が続々と上がっておりまして。
いかにも野次馬で、ちょっと気が引けましたが。
怪我人もいないようですし、それなら良いかと。
ちょっと見てきました。

で、2時頃の様子です。
右上が一昨年に撮った画像です。
 2016年1月31日(日) ロードスターで鷲宮神社
左上のように、大きな鳥居が根元からぽっきり。
赤いコーンは立っていますが、特に規制もありません。
20180811
野次馬10数人が見物する中、淡々と作業が進みまして。
アタッチメント付きの油圧ショベルで、たちまち片付いてしまいました。

某新聞社の方に声をかけられました。
「倒壊直後の撮影画像お持ちではありませんか」。

すぐに現場に駆けつけて、汗だくで頑張っているのだと思いましたが・・・

帰宅後各誌の情報を見比べますと、某社はどうやら出遅れだったようです(^^;
(早い時点の画像掲載の事例)
Asahi_20180811

友人が、さっそく画像を紹介してくれました。
今年の初詣の際の撮影だそうです。
20180811_2

なるほどー。
これは分かりやすいですねー。
色が違う「根継ぎ」の跡が良く分かります。
その下の茶色い部分は、金属板が巻いてあったようですね。

どうもありがとうございます(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月31日 (火)

自炊です「海街diary」

先にご報告した「月刊flowers」2018年8月号の「海街diary」最終回。
Flowers_201808_2 Flowers_201808_3
画像でお気付きでしょうか。
ぺらぺらに薄いです。
これは、雑誌から必要なページだけを切り出したものです。

本来なら、私は雑誌を丸ごとを保存したいのです。
例えば「頭文字D」の第1回や最終回の掲載誌など。
Mfghost_3_201709

私は、印刷物を捨てることに、ものすごく抵抗があります。
だからといって。
新聞や雑誌、出先で貰ったパンフや入場券など、すべてを保存はできません。

で、今回の月刊flowersです。
海街diary関連だけを切り出して。
PLUSの裁断機で、綴じてある部分をカットして。
PFUのScanSnapで、読み取ります。

スキャンしても、オリジナルの紙も捨てずに保管します。
結局、バラけている分、管理が面倒なのですが。

自炊は、スペース効率というだけでなく、読み易さでも大きなメリットがあります。
なにしろ私も、、、年には勝てず、目に来ています(-_-)

読むだけなら、大型液晶ディスプレーの方が、各段に楽なもので(^^;
20170319

以前ご報告した「吾輩ハ猫デアル」「海底軍艦」のように、書籍自体を楽しむ場合は別ですが。
Wagahai_201709 20171208_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月28日 (土)

最終回です「海街diary」

先日の浦沢直樹展から、漫画つながりで「海街diary」です。
是枝裕和監督の映画が大いに気に入って、原作漫画も全巻チェックしていました。

雑誌では不定期連載だったそうですが、完結です。
2018年6月28日発行の「月刊flowers」2018年8月号。
Flowers_201808_1

最終回にあわせて、カラーの扉絵や年表などの特集記事も掲載されています。
コミックスの発売を待てばよいのですが、これらの記事も捨てがたい。
というわけで、買ってしまいました。
Flowers_201808_2 Flowers_201808_3

映画では、すずちゃんが鎌倉で異母姉妹の3人と暮らす1年間が描かれました。

コミックスの最新刊では、中学3年のすずちゃんは進路に迷います。
そして、女子サッカー部のある静岡の掛川学院への進学を決意します。
鎌倉の家を離れても、そこが自分の居場所であることは揺るがない。
その確信をもって、遠い静岡に行く決心が出来たのでしょう。

そして、この連載最終回のタイトルは「行ってくる」。

予想通りの展開です。
心地よい予定調和。爽やかな読後感。
リアルタイムで味わえて、良かったです。

9月28日発売の「月刊flowers」11月号では「番外編」が掲載されるそうです。

おっと。
深追いは、やめておきましょう(^^;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年7月27日 (金)

摺本好作さんがお亡くなりになりました

こちらから勝手にリンクしていた「摺本好作のムフフ工作日記」。
ふと見て、えぇ!?
Surimoto_20180727_01 Surimoto_20180727_02

摺本好作さん、7月19日にお亡くなりになったそうです。
ブログによれば、つい先日の入院まで、お元気なご様子でしたのに。

2015年に、初めてお目にかかってサインを頂きました。
20151122_02

その後、なんとハガキまで頂きました。
Surimoto_20151128_1

翌年の展示会でもお目にかかり、お話をさせて頂きました。

昨年のウッドクラフト展は、都合で行きそびれてしまいました。
今年は、摺本好作さんがご病気で不参加。

以前も書きましたが、私には子どものころからお馴染みの方です。

小学生の頃からの「子供の科学」や「模型とラジオ」。
Mora_197305_1 Mora_197305_2
子どもの頃のプラモデルの「設計図※」の多くも、この方が手掛けていたようです。
※本当は「組立説明図」、今は「インスト」なんて言うようですが。私たちはこう読んでいたのです。

バイクに乗るようになってからは「オートバイ」「モーターサイクリスト」などで、
独特のペン画と文章を楽しんできました。
あの頃は、雑誌に載るような人に実際に会うことなど、考えもしませんでした。
この年になって、お目にかかってサインを頂いたりお話も出来て、幸運でした。

ブログを見ますと、作りたい物、乗りたいバイク、行きたい場所など。
お亡くなりになる直前まで、元気いっぱい好奇心いっぱい。

私も、このようでありたいものです。
謹んで、ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月23日 (月)

判明! 常総市の圏央道はるか北の「謎の天守閣」

先日の、謎の構築物ですが。
常総IC付近、はるか北の方に見える、お城のような建物。
20180715_42

ある方から、さっそくご連絡を頂きました。

茨城県常総市「地域交流センター」ですかー。
Joso_201807_1
なるほど、確かにこれですね。

 所在地
 〒300-2706 常総市新石下2010
 設備
 1階:ホール、ロビー
 2階:ホール、図書室
 3階・4階・6階:展示室
 5階:フリースペース
 7階:展望室
 地域交流センターは、1,100人収容のホール及び図書室(1・2階)と地域の歴史を紹介した展示室からなる施設として平成4年に開館し、平成30年にデジタルコンテンツを取り入れた展示施設としてリニューアルオープンしています。
 平成31年3月31日まで観覧料無料!この機会にぜひお立ち寄りください。

わざわざ見物するほどの施設でもないようですが・・・
ちょうど8月に下妻に行こうと思っていたので、その時に見てこようと思います。

どうもありがとうございます(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 6日 (金)

がっかり「グランドジャンプ」

ふと見かけた漫画雑誌です。

 グランドジャンプNo.15
 『JIN-仁-』の村上もとか新連載『侠医冬馬』スタート!
Gj_201807

へぇー。
手に取って、ぺらぺら。
舞台は幕末、主人公は剣道が得意な医学生。
あの村上もとか先生、お得意のテーマが三つ揃って、これは面白そう。

ついつい、更にぺらぺら。
次の作品が目に入ります。
げげげっ。
14歳の少年による猟奇殺人が、詳細に描かれています(-_-)
あぁー。
うへー。
見るんじゃなかった。



そう言えば。
先日の「重版出来11巻」です。

今号では、電子書籍が大きなテーマになっていました。
わずか3巻で連載打ち切りとなった、新人漫画家のデビュー第二作。
電子版での無料公開を機に、人気が再燃します。

Jyu_201807

小学生からのファンレターは、出版社ではなく電子書籍サイトに届きます。
週刊バイブスの編集部一同、大ショック。
今や漫画作品は、雑誌連載や出版社には関係なく、単体で評価される時代なのだと。



うーん。
確かにそうかも知れません。
今度は、私の経験です。

私は、小学館の隔週刊誌「ビッグコミックオリジナル」の長年の愛読者でした。
記憶も曖昧なくらい、とにかく学生時代から数十年、ずーっと購読していました。
主な作品は、こんな感じ。
 釣りバカ日誌、深夜食堂、黄昏流星群、三丁目の夕日、あんどーなつ、
 風の大地、あぶさん、浮浪雲、MASTERキートン などなど。

目標に向かって一途に努力する主人公と、それを支える心やさしい人たち。
或いは、型破りでユニークな主人公が、人々の悩みを解決する。
そんな漫画ばかりが並んでいました。

ネット上では「漫画雑誌のNHK」などと揶揄されたり。
その通り、過度に残虐だったり不条理だったりエロチックな話は一切なし。
猫の表紙から始まり、全作品を心地よく楽しんだものでした。

それが、最近はねぇ・・・
だんだんと読み飛ばす作品が出てきまして。
1年ほど前に、ついに購読を止めてしまいました。


残念ですが、もう雑誌単位で漫画を語るのは、難しいようですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 1日 (日)

やっぱり面白い!!!「重版出来 11巻」

昨年秋に、既刊の全10巻をまとめて読んで、大いに気に入った漫画です。
その後、テレビドラマ全10話も見て、こちらも原作に勝るとも劣らない面白さ。

先日の映画「終わった人」で思い出して調べたら、5月に11巻が出ていました。
20180701_01
早速、ネットではなく近所の書店で購入。
おっと、急いで読んではもったいない。
既刊の10巻全部読み返したいですが、それも大変なので、、、
8~10巻を読み返してから、取り掛かります。

いやー、やはり良いですねー。
漫画雑誌の若手女性編集者を主人公とした、関係者の「群像劇」。
出版社の編集や営業、漫画家や書店員はもとより。
印刷会社やフォントのデザイナーなど、様々な人物が登場します。
今巻のメインは、2作目でつまづき、立ち上がれない新人漫画家です。
ここに、電子書籍化の進展がからんで、物語が進みます。

ちょっとひっかかったのは、ここです。
新作に悩む新人漫画家のモノローグ。
20180701_02

 召喚せよ わたしの
   キャラクターたち――

一瞬、これはおかしいと思いました。

召喚=「何らかの物を呼び出す魔法」です。
キャラクターたちは「召喚される側」ですからね。

クルマやバイクの「納車しました・されました」の誤用のようなものかと。

「わたし」が「キャラクター」に向けて言うのなら、例えばこんな感じでしょう。

 降臨せよ わたしのキャラクターたち
 出でよ わたしのキャラクターたち

でも、そうではないのですね。
自分に「キャラクターを召喚せよ」と命令しているのでしょう。
くじけそうな自分自身を奮い立たせるために。

結局、1巻めから読み直しです(^^;

----------------------------------
ついでに書いておきます。

ヤマノススメ サードシーズン まもなくスタート!

Yamano3_201807

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月 8日 (金)

判明! つくば市の圏央道わき「謎の巨大建造物」

茨城県の圏央道を昨年3月にはじめて通った時に、不思議な形の建物を見ました。

20170304_01
2017年3月4日(土) 圏央道で、佐原の街並~香取神宮~鹿島神宮

つくば市の西部、常総市に近いところ。
Yokoshi1_201806

これなんですね。

Yokoshi2_201806

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

ステップワゴンで「磐越西線SL撮影ツアー」その3

2018年4月8日(日)の続きです。

午前中は、公式サイト画像の撮影ポイント、駅からの発車シーンなど。
午後もまだまだ「SLばんえつ物語 C57 180」を追いかけます。

12:40 JR磐越西線山都駅そばの「一ノ戸川鉄橋」に到着。
本降りの雨の中、見上げるほど高い鉄橋。

12:53 鉄橋の通過を撮影。レンズに水滴が付いてしまいました。
青と白のクルマは、この位置で路上駐車です。
すぐ近くに、河原や空き地があるのに。
20180408_05
13:00 遅いお昼は、すぐ近くのお蕎麦屋さん「萬長」。
ざるそばセット1500円は、ニシン、湯葉、漬け物、揚げまんじゅう付き。
もちろんお蕎麦も美味しくて、これは安いですねぇ。
隣に来た家族連れのお父さんは、ラーメンを頼んでいます。
あっそうか。
こちらは「蕎麦屋」ではなく「食堂」なんですね。

14:00 すぐ近くの「新宮熊野神社」へ。
福島県喜多方市慶徳町新宮という場所です。
周囲は、古ーい蔵が点在する集落。
小さな神社ですが、拝観料300円ですって。
へぇーっと思ったら。
珍しい吹き抜けの拝殿「長床」。
建立年代は不明で、慶長19年(1614年)に再建。
昭和46年(1971年)~49年(1974年)にかけて解体修理復元工事が行われたそうです。
なるほどー。
修理からでも、50年近く経っているわけですね。
スリッパでぺたぺた入れます。
太い円柱や梁の、継木がすごい。
20180408_06

石段の上に、本宮・新宮・那智の熊野三山が祀られています。
こちらも良い感じに時代が付いていますねぇ。
宝物殿も、小規模ながら見応えがありました。
展示物を撮る訳にも行きませんので、ポスターのみ。
喜多方市は、昨年だけでも二回訪れています。
それでも、まだまだ見どころがありそうです(^^)
20180408_07

昨年もじっくり見てきた「若喜昭和館」。
二階のレトロ模型の展示が、かなり変わっています。
松竹のギララ、日活のガッパ、東映のキャプテンウルトラ。
マイナーなところを、きっちり突いています(^^)
20180408_08

町なかのスーパーでオミヤゲ購入。
喜多方ラーメンと、越後の笹だんご。
20180408_09

15;30 最後の撮影です。
喜多方市内から喜多方インターに向かう途中です。
傾いた日差しの中、白い煙が逆光に映えています。
あぜ道には、土筆が元気に伸びています。

というわけです。
私は、鉄道やSLには特に興味があるわけではありませんが。
巨大なアナログのメカが動く様子は、やはり良いですねぇ。
タイムテーブルに合わせて素早く移動するのも、面白い体験でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月10日 (火)

ステップワゴンで「磐越西線SL撮影ツアー」その2

2018年4月7日(土)の続きです。

雨の中をもう一か所。線路沿いのあぜ道で撮影です。
スマホの動画もこんなにキレイ。
宿泊は先の「道の駅みかわ」から山奥に入った「裏五頭山荘」です。
磐越西線五十島駅や国道49号から約8km。
事前情報では、auの携帯電話は電波が届かないとか。
夕食は、山菜尽くしにイワナやふきのとうの天ぷらなど。
野趣横溢で、これは良いですねー。
20180407_06

2018年4月8日(日)の朝です。

なんと。周囲はすっかり雪景色。
宿の方の話では、最後に雪が降ったのが2月末だそうで。
地元でも、スタッドレスを外してしまった人もいるそうです(^^;
川沿いの部屋で、薪ストーブで温まりながらの朝食。
毛の生え替わり中のワンコ。
いかにも雑種という感じで、かわいい(^^)
20180408_01

10:05 撮影ポイントに到着です。
ホームページの画像が、この場所ですね。
Slbanetsuhp_201804

同好の方が結構集まっています。
来週末あたり、桜が咲いて晴れれば、混雑はこんなモノではないそうです。
20180408_02
11:00 移動途中の川の対岸でもワンショット。
川面に煙が映って良い感じです。

11:20 昨日と同じ、津川駅です。
なるほど、踏切から停車中のSLが見えました。
駅構内で、すぐそばから撮影。
20180408_03
駅には「狐の嫁入り伝説」の人形。

あちこちで水力発電所を見かけました。
11:40 通りがかりの「赤崎山森林公園」です。
道路の反対側には、東北電力の第二鹿瀬発電所。
増水していて、遠目にも大迫力です。
公園には、巨大な水力発電機の水車の実物。
新潟県阿賀町豊実の豊実発電所と福島県大沼郡三島町の宮下発電所で使われていたそうです。
もうひとつのダムは、途中で見かけました。
もう一か所のダムは、なんという名前か分かりません・・・
更に調べてみますが・・・
20180408_04
がんばるステップワゴンくんも、SLとツーショット(^^)

続きは後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧