お料理天国

2020年5月25日 (月)

ステイホームで筍や漉油や蕗に続いて蕨

外出自粛で地味に暮らしています。

筍や漉油の芽の季節が終わり、今度は蕗や蕨です。
漢字が難しくて、手では書けませんね。

重曹とお湯であく抜きをして、きれいな水に入れ替えれてと。
20200524_02
おかかたっぷり、おしょうゆで食べたり。
めんつゆと鷹の爪で漬け込んだり。
20200524_03
ごま油で豆腐と炒めて七味を効かせたり。
20200524_01
おそばに入れても美味しい。
20200524_04

余談ですが。
埼玉県には蕨市という自治体もありまして。
蕨市観光協会では、蕨書き順手ぬぐい・蕨書き順Tシャツを売っています。

 

 

| | コメント (0)

2020年5月23日 (土)

ステイホームで筍や漉油に続いて蕗

外出自粛で地味に暮らしています。

筍や漉油の芽の季節が終わり、今度は蕗です。
蕗は、皮を剥くのがちょっと面倒です。
どこまで剥けば良いのか、良く分かりません。
爪も黒くなっちゃうし。

山菜は茹で過ぎは禁物。
さっと茹でて、とりあえず、おかかでお醤油。
20200523

| | コメント (0)

2020年5月21日 (木)

ステイホームで、タケノコとコシアブラ

五月の初め頃に下書きして、忘れていました。

知人からの頂き物です。
今年は「当たり年」だそうです。

タケノコは皮ごと1時間茹でて半日置いて。
20200510_101
鶏肉こんにゃく油揚げと煮物。
20200510_102
たけのこご飯にも。
20200510_103

山菜のコシアブラは、さっと茹でて。
20200510_104
粗熱が取れるまでの時間を考えると、茹で時間は1分でも長すぎなくらい。
一つづつハカマを切って。
そのまま、おひたしで頂きましょう。
20200510_105
茹でずに生のまま刻んで、お味噌やゴマと和えても美味しい。
20200510_106

| | コメント (0)

2018年10月24日 (水)

鶏むね肉「唐辛子醤油せんべい味」(^^;

2018年10月21日(日)。
全国的に穏やかな秋晴れ、絶好のお出かけ日和ですが。
所用で家におりまして。
さて夕飯です。

以前「ミツカン味ぽん」のテレビCMで「豚肉とナスのさっぱり炒め」というのがありまして。
その通り、豚肉とナスを炒めて、味ぽんをざっとかけ回すだけ。
簡単でおいしいので、私の定番になっています。

今後は「さっぱり鶏チャーシュー」というCM。
お肉を味ぽんと水で煮るだけ、だそうです。
Ajipon_1 Ajipon_2
休日の昼下がり、唐沢寿明さんと加藤憲史郎くん演じる親子が仲良く料理を楽しんでいます。
その様子を、霧島れいかさん演じるママがうれしそうに見守っていると、あっという間に料理が完成!
それは、鶏むね肉を味ぽんと水、1:1で煮るだけでできちゃう「さっぱり鶏チャーシュー」。
そのあまりの美味しさに「やわらかい!」「しみうま!」と、声をあげるママと子ども。
すっかり料理にはまってしまった唐沢家族なのでした。

なるほど。
鶏むね肉はすごく安いですからね。
試してみましょう。

ネットでレシピを確認したら、追加の調味料が必要でした。
 しょうが1かけ、にんにく1かけ、赤とうがらし1本(お好みで)
しょうがはチューブ、にんにくはパウダーしかないので、適当に。
赤唐辛子はありました。種を取って細かく刻んでたっぷり。

あとは煮るだけです。
 鶏肉の皮目を上にして入れ、ふたをして中火で片面約7分ずつ、
 計14分間蒸し煮にする(煮汁がブクブクと泡立つことで煮詰まり、照りが出ます)。

おっとしまった!
火を弱めず煮立てて、焦がしてしまいました。
もったいないので、味ぽんを注ぎ足して両面煮てみたのですが。
完成予想とは、程遠い結果(泣)
Ajipon_3 Ajipon_4

辛くて香ばしい「唐辛子醤油せんべい味」・・・(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月26日 (木)

タケノコ三昧(^^)

友人Kさんから、タケノコをどっさり頂きました。

さーて(^^)

まずはオーソドックスに、さっと煮てワカメと合わせましょう。
それから定番の青椒肉絲。あまり細くないザク切りにして。
なかなか使い切れないオイスターソースの出番。
焼肉のたれをからめて豚肉とエノキと炒めて、味がからむようとろみを付けて、どっさり。
このほか、炊き込みご飯にしたり、柔らかい穂先はそのままお刺身で食べたり。
う~ん、春の味ですねぇ。
Kさん、ごちそうさまでした(^^)
20180426

おまけです。
先日小鹿野で買ってきた蕨・ワラビです。
以前一度、炒め過ぎて失敗しています。
今度はごくあっさり茹でるだけ。
ニンジンの細切りはレンジでチン。
油揚げは軽くあぶってから細切り。
めんつゆごま油で和えてと。
こちらも、嬉しい春の味ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月28日 (水)

おからの炊いたん

越生のとうふ店「藤屋」のおからです。

ネギ、ニンジン、干しシイタケ、ちくわ。
細かく刻んでさくっと炒め合わせてと。
まぁ、それだけです。

20180726

これは「炒り煮」というのですかね。
関西風に「おからの炊いたん」と呼ぶと、何やらそれらしい(^^;

このお店のおからは、4年前にもご報告していました。
その後も何度か寄っています。

 2014年3月18日(火) 越生梅林おみやでお料理

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

これは面白い「Veggetti/ベジッティ」

ちょっと、頂きものです。

ベジタブル+スパゲティという商品名のようです。
veg + getti で、ベジゲティもしくはベジゲッティだと思ったら。
ベジッティですって。

買ったら2000円ほどのようです。
調理器具として、モトが取れるでしょうか。

ネットで見ますと、様々な呼び方があるようです。
出来上がるのは、ベジヌードル、ベジタブルパスタ、ベジタブルスパゲティ・・・
小麦粉のパスタを野菜に代えてダイエット、なのですね。
もちろん、スライサーとしての類似商品もいろいろ。

使い方は簡単です。
手動の鉛筆削りのように、野菜を突っ込んでくるくる回しますと。
横の刃から、野菜が細くカットされて、にゅるにゅる。
野菜を外さなければ、どんどん長く繋がって出てきます。
両側で刃の形状が異なり「細麺」「太麺」が作れます。
最後まで削れるように、野菜を刺して使うアダプターも付いています。

Veggetti

とりあえず、キュウリ、ニンジン、ジャガイモなど。
野菜に合わせて、太と細を使い分けるのがコツのようです。
中心部が残って、真ん中の穴ぁらねじれて出てきたり。
最後の残りは、チビたエンピツだったり。

さて、食べてみましょう。

ニンジンとジャガイモは、軽く茹でてから細切りハムとペペロンチーノ風に。
キュウリは、そのまま食べると、ただの千切りと変わらない感じ。
わかめと一緒に冷たいうどんに添えたら、ちょっと美味しい。

細くなるので、熱の通りも早くなります。
例えば、ジャガイモのお味噌汁や、もやしと炒め物に良いかも。
これは面白い。
しばらく遊べそうです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

結構面倒「梅ジュース」

小粒じゃがいもの続きです。
たっぷりの梅の実が、約1.5Kgです。

漬け込んで時間のかかる梅酒など、私は面倒で出来ません。
何か簡単な方法はないものか、ネットで検索。
おー、これこれ。
梅ジュースが、炊飯器の保温モードで12時間ですって。

しっかり洗ってヘタを取って、良く拭いて水気を取って。
なぜ水気を取るのか、理由が分かりません。
ですが、ここは黙ってクックパッド様の言う通りにしておきます。

前の晩にここまでやっておいて、翌朝のごはんが終わりました。
さて急ぎましょう。
梅はぶつぶつフォークで穴あけ。
800gの梅と、同量の砂糖を炊飯器に投入。
20170627_01

夕方です。
おー。
何やら水分が出ています。
目の細かいザルで漉して、ジュースを移します。
ありゃ。
下の方に入れた氷砂糖が、溶け残っています。
梅の実も、下の方は焦げています。
これはしまった。
休日にトライして、途中でかき混ぜれば良かったのかも。
20170627_02

熱い梅の実のタネを取ってと。
あー面倒くさい。
先日の小粒じゃがいも並みに面倒です。
テフロン加工のお鍋で、少し水を足して梅の実を煮詰めてと。
梅ジュースと梅ジャムの、出来上がりです(^^)
20170627_03

さーて。
ジュースは何とか飲むとして。
問題は、ジャムなんですよねぇ。
実は、ウチではパンを食べる習慣が全くありません。
後でヨーグルトでも買ってきましょう・・・

それから、まだ半分残っている梅の実です。
とりあえず、良く洗って水気を拭き取って、冷凍です。
なぜ水気を取るのか、理由が分かりませんが(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

結構面倒「小粒じゃがいも」

じゃがいもを大量に頂きました。

土付きで大小さまざま。
大きいのは、後で普通に使うとして。
まずは小粒から、やっつけましょう。
選り分けて一粒づつ洗うのが、意外に面倒。
20170626_01
あれー。
アップで撮ると大きさが伝わりませんね。
これで直径2~4cm位です。
皮つきで素揚げすれば良いのでしょうが、ただ茹でただけ。

一旦取り出して、ひき肉と玉ねぎを炒めて。
小粒じゃがいもを戻して、甘辛でとろみを付けて出来上がり。
20170626_02

さて問題は、一緒に貰った梅です。
どうしたものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

ワラビの油揚げニンジン炒めです(^^)

ワラビを頂きました。
ありがたいことに、灰汁抜きをしてあります。
手書きのレシピも付けて下さいました。

それではさっそく。
ニンジンは、細切り。
油揚げは、さっと焼いてから細切り。
ワラビは、さっと塩ゆでしてからカット。
ごま油で炒めて、めんつゆをじゃっとかけ回し。
20170428

おっと。
ワラビを茹ですぎて、先っちょは、ぐにゃぐにゃ(^^;
軸部分が固いのを気にしたのが、敗因です。
炒める際に軸を先にすれば、それで良かったのに。
とはいえ、春の風味は、充分に味わえました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)