ウォーク

2017年7月24日 (月)

スペイドで長野県長野市松代町「六工社跡・松代大本営跡・松代の町並み」

JR上野駅ホーム脇に貼られた、群馬県の観光ポスターです。
元ネタは、人気のまんが「お前はまだグンマを知らない」です。
20170723_01

かわいい女の子が、数人描かれています。
草津温泉の「ゆもみちゃん」は創作のキャラクターでしょうが、
富岡製糸場の「えい」さんは実在します。
以下、ウィキペディアから抜粋。

和田 英(旧姓横田)さん。
・1857年
  信濃国埴科郡松代(現・長野市松代町松代)に松代藩士横田数馬の次女として生まれる。
・1873年
 松代町から英を含む16人が富岡製糸場へ伝習工女として入場する。
・1874年
 富岡製糸場を退場し、長野県埴科郡西條村(現・長野市松代町西条)に建設された
 日本初の民営機械製糸場・六工社の創業に参画するとともに、
  その後も教授として指導的な役割を果たす。

彼女の富岡製糸場での日記が「富岡日記」として、ちくま文庫から出版されています。
著作権切れとして、ネットにも上がっています。
OCRの誤認識もありますが、充分読めます。

製糸場での技能習得はもちろん、日々の暮らしや行事など。
女性らしく、服装や食べ物なども細かく記されていたりして、大変面白く読めます。
というわけで。
絹産業遺産のひとつ、えいさんが活躍した「六工社跡地」を見てきます。
そして。
松代と言えば、第二次大戦末期の「松代大本営跡」
更に江戸時代は、松代藩として「真田丸」の真田家の領地。
他にも見どころたっぷり。

これは行かなくては。
ご報告は、後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

これは楽しい「雑草手帳」その2

この「雑草手帳」を持って、埼玉県久喜市菖蒲町の「彩め庵」へ。
満席なので受付に名前を書いて、しばらく待ちます。
道路ぱたに、雑草がわさわさ。


おぉ。これは「ギシギシ」と言うのですか。
 奇妙な名前だが由来は不明。
 漢字では「羊蹄」。 ですって。
こちらには「スベリヒユ」が咲いています。
 えぐ味がなく昔からおいしい雑草として有名。
 万葉の時代には「祝い蔓」と呼ばれ縁起物として軒先に飾られた。  へぇー。
待ち時間も退屈しません(^^)
20170709_01
さて、お昼です。
しその葉を練り込んだ「しそ切りそば」と「二八」そば。
ミニ天ぷらと杏仁豆腐とのセットで1,230円(税別)。

お昼ですからね、揚げたて天ぷら冷たい杏仁は、少なめで充分満足です。
二八そばは、しそ切りそばを食べ終わった後に持って来てくれるのも、嬉しいところ。


ちょっと移動して、近所のラベンダーの公園です。

ラベンダーの間を、ハチがぶんぶん飛び回っています。
それよりも、雑草ですよ。
これは「シロザ」
 縄文時代の遺跡からも見つかる。
 古代ヨーロッパでは野菜として食べられていた。
小さい花は「ヘクソカズラ」
 名前の意味は「屁糞かずら」で、悪臭を放つことから名付けられた。
 花はかわいらしいので「早乙女草」の別名もある。
どなたもご存じ「エノコログサ」
 別名ネコジャラシ。
 ライターで穂をあぶると、粒がポップコーンのようにはじけて、食べることができる。
20170709_02

いやー、これは楽しい(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

これは楽しい「雑草手帳」

いつでもどこでも、今どきの調べ物はスマホでさくっと。
とは言え、おっさんには画面が小さくて疲れます。
そこで、紙のハンドブックですよ。

「散歩が楽しくなる 雑草手帳」

 出版:東京書籍
 著者:稲垣栄洋
 ISBN:978-4-487-80821-2
 本体価格1,600円
 発売年月:2014-07-22
 体裁:  248頁
Tokyoshoseki_zassou

ウチにもコンパクトな草花の本は何冊もありますが。
ずばり雑草と称している、この本は良いですねぇ(^^)

カラフルな部分は帯です。
それを外すと、シンプルなビニールのカバーだけになります。
こういった点も、さすがだなーと思います。

見開きで一つの植物を紹介。
名前の由来や花言葉まで、特徴も詳しく説明されています。

巻末のコラムがまた面白いんです。

 もし、あなたがその小さい花の美しさに気がづき、
 そっと一輪ざしにしたとしたら、
 その野の花はもはや雑草ではないだろう。

 いかに自分が優れた成功者であったとしても、
 状況の異なる次の世代では、同じ方法で成功するとは限らない。
 一つの回答を求めるよりも、常に多様性を維持することが
 大切であることを雑草は知っている。

これはどうも、たまりません。
単なる図鑑ではなく、雑草愛にあふれた一冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

ちょっと再訪です「群馬県前橋市」

ちょうど一年前の2016年7月18日(日)、前橋市内をぐるぐる歩きました。
その時の、やり残しです。

まずはお団子屋さん「兵六だんご」です。
前回は前を素通りしてしまいました。
すごいですねー、この風情。
今日も店頭には誰もいませんが、声をかけてみます。
ガラスケースには、みたらし団子がひと皿。
奥のテーブルの上に、お赤飯がひとパック。
奥から中年の女性が登場。
聞いてみたら、あんこのお団子も出来るとのこと。
20170703_01
みたらしとあんこ、どちらも一本52円です。
ずいぶん安いですが、見た感じ少し小さめに思えます。
ここで電卓登場。
例えば、長さが80%であれば、体積は0.8の3乗=0.512。
普通のお団子を一本100円とすれば、大体こんな感じでしょう。
みたらしとあんこ、一度に二本食べて値段も量もちょうど良い。
そんな感じです。
味については、私は特に語る言葉がありません。
柔らかめで、たれがたっぷり、普通に美味しかったです。


次は「臨江閣」です。
 初代群馬県令、楫取素彦の呼びかけで作られた迎賓館。
 2015年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」ゆかりの地ですね。
 井上真央が演じた主人公「文」の再婚相手です。
 ドラマ終了に合わせてか、改装工事中で残念。
 ↑
昨年の文章ですが、ずいぶん以前の話のよう(^^;

工事の覆いも取れて、すっかり完成しているようです。
そばに行ってみると、残念ながら立入禁止のままでした。
20170703_02
とりあえず外観は見られたので、良しとしましょう。

おまけです。
「お前はまだグンマを知らない」第3巻に出てくる楫取素彦(^^;
Orehamada_03_102
ちょっと懐かしい、「少佐の演説」・・・(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

歩いてきました「蕨の歴史的喫茶店~川口の歴史的建造物」その4

2017年7月1日(土)の続きです。

最後は「旧鋳物問屋鍋平別邸」です。

母屋は明治時代末期に建てられ、その後何度かの増改築を経て今の姿に。
現在は市に寄付され「川口市母子・父子福祉センター」として使用されているとのこと。
主屋と離れは国の登録有形文化財、第11-0029~0031号。
庭園は川口市の名勝に指定とのこと。
福祉センターとして使用されていない時には、無料で見学可能とのこと。
それでは、事前に電話確認してから行きましょう。
今日は見学可能で、開館時間は午後4時までだそうです。

川口市立文化財センターからは、町なかを歩いて数分で到着です。
普通の住宅街ですが、こんなカンバンもありました。

 当地域は「準工業地域」であり
 なおかつ「特別工業地域」に指定
 されております。多少の塵埃、騒音
 等は、まぬがれませんので、御承知
 下さい。
       周辺工場一同

壁越しに、和洋折衷の外観が見えてきました。
町なかの、ちょっと古びた旧家といった風情です。
20170701_31

玄関から応接間に案内され、まずは受付簿に記入。
係の方から説明を伺いました。
ここは鋳物問屋の当主が、隠居所として建てたのだそうです。
母屋は、数寄屋風というのでしょう、欄間や書院など凝った作りです。
離れも同様で、雨戸の上の小窓さえ、この通り。
凝った板ガラスが、一枚置きに連動して開くようになっています。
20170701_32

すごいのがトイレです。
洗面台はカタツムリと紫陽花の意匠。
個室は大理石の床面にステンドグラス。
外から洋風建築に見えた部分は、これだったのですねぇ。
20170701_33

庭に出てみます。
母屋と離れの渡り廊下の下が、溶岩で飾られたトンネル。
ですが、、、雨がたまって、沢山の蚊がぶんぶん(^^;
そう言えば。
東京上野の旧岩崎邸では、本館と撞球室がトンネルで繋がっていましたっけ。
20170701_34

全体として、いささか装飾過剰という感じもします。
でも、隠居所ですからね。
お元気な大店の大旦那さま、増改築も楽しみだったのでしょう。

さて帰りましょう。
途中の駐車場には、小さなお社があったり。
立派な三階建ての蔵があったり。
大きな神社は、川口神社。
旧社格は県社で、川口の総鎮守だそうです。
鳥居の柱の裏の文字が消してありました。
良く見ると「太平洋戦争戦勝祈願」と書かれていたようです。
20170701_35

というわけで。
蕨と川口歩きは、ここまでです。
「旧田中家住宅」は、近年内外装の手入れがされたようでした。
それでも、外壁には一部剥落が見られます。
また、庭木もちょっと伸び放題という感じ。
「旧鋳物問屋鍋平別邸」は、離れの雨戸など、結構傷みが来ています。
予算も限られているでしょうが、なんとか今後も維持管理して貰いたいものです。

それでもね。
閉め切りになっているよりは、ずっと良いですね。
「旧田中家住宅」は結構イベントもあるようです。
また、茶室や日本間は半日3時間わずか4,110円で借りられます。
「旧鋳物問屋鍋平別邸」は、利用は「母子・父子」に限るそうです。
年間で行事計画もあり、見学者も結構いるようです。

いずれの建物も、実用施設として常駐係員がいて「生きている」。
それだけでも、大したものだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 6日 (木)

歩いてきました「蕨の歴史的喫茶店~川口の歴史的建造物」その3

2017年7月1日(土)の続きです。

旧田中家住宅を出て、国道122号沿いをてくてく。
片側2車線の幹線道路です。
芝川の川面に高層マンションのシルエット。
特に美しい、と言う程ではありません。
マンション脇の植え込みに、古峯神社と一里塚の石碑。
キレイなガラスのコップで、お水が供えられていました。
20170701_21

着きました。「川口市立文化財センター」です。
まずは周囲をひと回り。
裏に回ると「川口市教育委員会鋳物資料室」という表示。
中をのぞくと、大きな釜などがごろごろと置いてあります。

さて、文化財センターに入ってみます。
入場料100円。見学者は私ひとり。
階段には、過去の洪水の水位を示す表示。
海なし県の埼玉ですが、各地で川の氾濫による被害も多かったようです。
おっと、過去形ではいけませんね。
20170701_22

二階が展示室です。
歴史民俗と産業の、ふたつのコーナーに分かれています。
藁で作られた、大きな龍など。
20170701_23

砂型鋳造のベーゴマなど、様々な鋳物製品。
へぇー。
藁で梱包された大きな薄緑の物は、琺瑯の浴槽ですって。
20170701_24

続きは後ほど。あと一回だけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 5日 (水)

歩いてきました「蕨の歴史的喫茶店~川口の歴史的建造物」その2

2017年7月1日(土)の続きです。
埼玉県南部の古い建物を見てきました。

JR京浜東北線でふた駅10分足らず、蕨駅から川口駅に移動します。
川口市は埼玉県の南の端。荒川をはさんで東京都と隣接しています。
荒川岸の良質な川砂や粘土、東京への舟運といった地の利を得て、鋳物産業で栄えた場所です。
昭和37年の映画「キューポラのある街(吉永小百合主演・浦山桐郎監督)」で知られています。
昭和39年の東京オリンピックの聖火台も、ここで作られました。
今は鋳物産業は衰退し、工場跡地がマンションに変わったりしています。

さて駅前です。
コンコースで囲まれた駅前広場。
鋳物工やキューポラの銅像を眺めてから、バスで10分ほど。
20170701_11

国道122号岩槻街道沿いの「旧田中家住宅」です。
以下、公式サイトより抜粋です。
 旧田中家住宅は大正時代に建設された県下有数の本格的洋風住宅です。
 大正10年(1921)に上棟し大正12年(1923)に竣工した木造煉瓦造三階建の洋館と、
 昭和9年(1934)に増築された和館の他、文庫蔵、茶室、池泉回遊式庭園、煉瓦塀
 により構成されています。

建てたのは、味噌醸造や材木商で財をなした四代目田中德兵衞氏。
(明治8年~昭和22年,1875-1947)
家業のほかに、埼玉味噌醸造組合理事長、南平柳村村長、埼玉県会議員、
貴族院多額納税者議員にも就任したという方。

前置きはこれ位にして。

国道沿いに見える立派な洋館です。
登録有形文化財第11-0097~0100号。入館料200円。
係の方が2人、先客が2~3人。
玄関から上がりますと、立派な上がり框や神棚。
すぐ裏には、金庫や机。
20170701_12

なるほどこれは素晴らしい。
柱や天井や階段、素人目にも太くて良質な構造材。
ゆがみが無く、まるでつい先日完成したばかりのような精密感。
サンダルでちょっと庭に出てみます。
咲いている花は、アカンサスというそうです。
応接室の天井の照明飾りに描かれている花なのですって。
20170701_13

3階の広い応接室。
この建物は、昔からの街道沿いです。
当時は荷車や馬車などの往来も多かったでしょう。
3階なら、それらを下に見て眺望が楽しめたのでしょう。
調度品も凝った装飾で素晴らしい。
部屋には出入口がふたつ。
吹き抜けの階段室から見ると、玄関とは別の方に向いています。
お茶や料理を運ぶ、使用人の通路でしょうか。
20170701_14

和室を眺めたり、窓の外の景色を眺めたり。
煉瓦の壁に日本瓦の和洋折衷。
20170701_15

一階に戻ります。
奥の和室も大層立派です。
長い廊下の先のトイレも、この通り。
船底天井の広いスペース。
和装のお客さんが袴を脱げるように配慮したのですって。
20170701_16

厨房です。
この建物は、市民の会合などで借りられるそうです。
そのため、充分な広さのステンレスの厨房が設置されています。
ですが、周囲は昔からの煤けた壁のまま。
へぇー。
扉のある狭い階段もありました。
映画「となりのトトロ」の家の階段みたい。
これなら、まっくろくろすけも、きっと出てきたでしょう。
勝手口の土間から見上げてみます。
階段の反対側に板戸があって、はしごも付いています。
なるほど、これは使用人の居室なのですね。
20170701_17

こういった歴史的建造物ですと、普通はキレイな部分だけが公開されますよね。
ところがここでは、煤けたお勝手口の様子もしっかり見られます。
こういう所が、面白いですねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

歩いてきました「蕨の歴史的喫茶店~川口の歴史的建造物」

2017年7月1日(土)です。
埼玉県南部の古い建物を見てきました。

まずは蕨市の「喫茶クラウン」です。
賑やかな、というよりは、雑然としたJR京浜東北線蕨駅の東口。
こちらから、わずか100mほど。
六差路の交差点の角にあります。
三階建ての昭和テイストあふれる喫茶店です。
20170701_01

入口にはステンレスのショーケース。
ナポリタン、オムライス、ホットドッグ、パフェなど、魅力的なメニュー(^^;
入ると、吹き抜けのらせん階段にシャンデリア。
ゆったりとした座席配置で、お客さんもゆったり。
いかにも昭和なテイストですが、古びたり傷んだ感じはありません。
まだ午前中ですので、モーニングAセットにしておきます。
ラウンドトースト、スクランブルエッグ、サラダ、コーヒーまたは紅茶で470円。
バターの香りが嬉しい焼きたてトースト、酸味の強いコーヒー。
空いている店内では、おばさんたちの世間話が聞こえてきます。
20170701_02

うーん。良いですねぇ。
次回はここで、ナポリタンとプリンアラモードでも食べてみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

行ってきました「ときがわ花菖蒲園・雀川砂防ダム公園」その3

2017年6月18日(日)の続きです。

ときがわ町の中心部に戻って。
さてお昼は「やすらぎの家」にします。
明治32年に建てられた古民家を、観光拠点として移築再生。
太い梁に「田の字」のお座敷。
天ぷらつけうどん850円。
20170618_06

うどんの待ち時間に、二階も見てきました。
展示されている墨絵は、販売もしているそうです。
ガラス障子には、鉛筆のいたずら描き。
昔の子どものしわざでしょうか(^^)
20170618_07

さて帰りましょう。
近所を少し歩いて、建具会館も眺めて。
帰路はいつもの「とうふ工房わたなべ」。
豆乳ソフトはミニ200円で充分。
オミヤゲは、お豆腐や油揚げなど。
20170618_08
商品の値段はそれなりですが、まぁ数百円ですからね。
それで、翌日の朝ごはんまで、楽しく過ごせます(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

行ってきました「ときがわ花菖蒲園・雀川砂防ダム公園」その2

2017年6月18日(日)の続きです。

ときがわ花菖蒲園からわずか5kmほどの、雀川砂防ダム公園です。
公園の竣工は平成3年とのこと。
下流の駐車場から歩いてみますけど、なんだか暗くて湿っぽい。
なにしろ地名も「日陰」ですからねぇ、
ちょっと場違いな感じのステージでは、子どもたちが遊んでいました。
小川の人たちは、蟹を探しているようです。
20170618_03

てくてく歩いて上流へ。
ダム本体の上は歩けなくて残念。
アジサイは、まだ少し早い感じ。
20170618_04

かんばんは「マムシに注意」、更に奥には「マムシやサルに注意」。
ヘビイチゴの実がキレイ。
擬木の手すりには、苔の胞子嚢がひょろひょろ。
遠くまで胞子を飛ばすため、精一杯長く伸ているのですね。
20170618_05

薄曇りで日陰で、なんとなーく湿っぽい。
いかにも梅雨にふさわしい、親水公園でした・・・

もう少しだけ、続きは後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧