ウォーク

2020年2月14日 (金)

今年も「真壁のひなまつり」その3

毎年恒例「真壁のひな祭り」。

本屋さんです。
オルゴールキット1800円。曲は「旧真壁小学校校歌」
真壁小学校のホームページをチェック。
 144年の歴史と伝統ある本校は,今年度末(平成30年3月31日)をもって閉校します。
そうなのですか・・・
記念品として、大変良いアイディアだと思います。
私の出身小学校も閉校になりましたが、このようなものがあれば欲しいですね。
20200209_25

さて今回の注目のひと品です。
本屋さんの隣の「見世蔵」に飾ってあった、立派な松の木と人形の置物。
20200209_26

概要以下のような説明が付いていました。
「宝来山島臺」
 平成23年に見世蔵の掃除をしていて発見
 江戸末期か明治のものと推定
 箱の中には、昭和16年の新聞が入っていた

へぇー。およそ70年間も眠っていたのですか。
この名前で検索してみても、全くヒットしません。
仙人が不老不死の薬を作っている「蓬莱山」のことかとも思いましたが。
いやいや。
おじいさんおばあさんと松の木なら「高砂人形」でしょう。
失礼して、ネットの解説文を要約して転載させていただきます。
白木屋結納店「高砂人形の由来」
 高砂人形は、長寿と夫婦円満 の縁起物
 「高砂やこの浦舟に帆をあげて…」で有名な能の「高砂」 に由来

 尉(じょう=おじいさん)が持つ熊手は「福をかき集める(財運)」、
 姥(うば=おばあさん)が持つ箒(ほうき)は「邪気を払う(魔除け)」の意味
 尉と姥は、相生の松の木の精
 関西・近畿地方から西日本では結納の中心に飾られる必需品
更に、めでたい鶴亀と紅梅白梅まで。
相当に裕福な家から、お嫁さんが来たのでしょうか。

別のお米屋さんです。
20200209_27 20200209_28
おっ。こちらにも「高砂人形」
この形が、一般的かと思います。
それにしても、ずいぶんたくさん並んでいます。
代々のお嫁さんの結納なのでしょうか?
このお宅は何度も見学してていますが、前からあったでしょうか?
以前のデジカメ画像を見ても、良く分かりません。

いずれにしても、この町では「高砂人形」が結納に用いられていたようです。
また、お雛さまも、やはり関西で人気だったという「御殿飾り」を多く見かけます。
関西の文化がこの地に根付く経緯については、もう少し調べて、いずれまた。

おまけです。
重箱で済みません。

「桜川の春~冬」のポスター。
若い人に受けそうな、感じの良いイラストですが。
20200209_29 20200209_30
こういうのは、よく見かけます。
自転車って、こんなにテキトーになってしまうんですよねぇ。

まぁねぇ。そんなことを言えば、、、
例えば、衣服や建物や植物や気象は、正確に描かれているのでしょうか。
それらが気になって仕方ない、そんな人もいるのかも知れません。

| | コメント (0)

2020年2月13日 (木)

今年も「真壁のひなまつり」その2

毎年恒例「真壁のひなまつり」。
バイクとクルマのご報告だけでは、さすがにマズいでしょう。

お昼は「旅館ふるかわ」にします。
会期が始まったばかりだからでしょうか、
いつも大混雑なのですが、今日は空いています。
それでは遠慮なく、暖かい炭火の囲炉裏端で。
20200209_21 20200209_22

花咲か爺さんもお元気そう。
囲炉裏に当たりながら、熱々けんちんそば500円
撮影のために、おそばをつまんでいます(^^;
野菜たっぷりで、美味しいです。
20200209_23 20200209_24

ちなみに。
メニューは、すいとん、天ぷらそば、けんちんそば・うどんなど。
どれも一律500円。支払いは料理と引き換え。
なるほど。
会計を簡単にする工夫なのですね。

年配の方数人だけで、お店を切り盛りしています。
その様子を見て、いつも大混雑する理由が分かりました・・・(^^;;

続きは後ほど。

| | コメント (0)

2020年2月12日 (水)

今年も「真壁のひなまつり」

2020年2月9日(日)です。
2011年にスカーバーで行って以来、毎年のように訪れています。

 真壁のひなまつり 和の風第十八章
 開催期間:2020年2月4日(火)~3月3日(火)
 会場:真壁市街地 他

昨年は、終わり間際の3月2日(土)に行きました。
今年は余裕をもって、早めに行ってきました。

まずは定点観測です。

長屋門のお屋敷のBMW R100RSカワサキW1SA
20200209_01 20200209_02
あれ、DUCATI 900MHRがありません。
オーナーの方からお話を伺いました。
この家とは別の場所にバイクの保管場所があるそうで、
R100RSとMHRは、昨年秋の台風による洪水で水没したとのこと。
R100RSは、CDIを交換するなどして修復が終わったばかり。
サイドカバーがありません。もしかして流されたのでしょうか。
900MHRは、まだ修復中だそうです。

洋品店の大吉(下が長い)屋さん。
モトコンポ5台を並べ、うち4台の上に雛人形を並べています。
手前の一台だけ、走行状態に組み立ててあります。
わけを聞いたら、「この台は何ですか?」と聞かれてしまったそうです。
そうかー、知らなければ「折り畳みバイク」だと分からないかも知れませんね。
20200209_03 20200209_04

昨年同様の、CB92、CB72、CL72
CB450Pは少し離れて置いてありましたので、じっくりと。
20200209_05 20200209_06
サイレンの機構です。
20200209_07 20200209_08
リヤタイヤにローラーを接触させ、その回転で鳴らすのですね。
さすがに、ワイヤーのタイコは外してあります。
左グリップ下のレバーを引いて鳴らすのだそうです。

ミツオカが2台並んでいます。
20200209_09 20200209_10
マツダのロードスターのエンジンを積んだゼロワン
青ナンバー50ccミニカーのマイクロタイプF
ゼロワンは1994~2000年。生産台数350台。
タイプFは2004年頃。でしょうか。
中身は国産なので、維持管理の問題はないそうです。
20200209_11 20200209_12
ダッシュボードも格好良いし。
注意書きが、面白い(^^)
 シフト操作は完全に車が停止してから行ってください。
 少しでも車が動いている時にシフト操作を行うとギヤが破損します。
 !完全停止時にシフト操作を!
 この場合クレームの対象にはなりませんので
 修理費用約9万円をお支払い頂くことになります。

続きは後ほど。

 

| | コメント (0)

2020年2月 3日 (月)

歩いてきました目黒周辺「美智子さまの公園~東京都庭園美術館」

目黒駅に戻る途中にある、東京都庭園美術館。
ウィキペディアから抜粋。
 美しい「旧朝香宮邸」である。
 鉄筋コンクリート造2階建て(一部3階建て)、地下1階。
 1929年(昭和4年)頃から建築準備に取り掛かり1933年(昭和8年)5月に完成。
 外観は、玄関ポーチの狛犬以外ほとんど装飾がみられないが、内装には当時流行のアール・デコ様式の粋を尽くした瀟洒な建物である。
 アール・デコ様式の個人住宅は世界中に存在するが、旧朝香宮邸はその中でも質が高く、保全状態が良い。
 1993年に東京都の有形文化財に指定され、2015年に国の重要文化財に指定された。

おっと残念。
2月からの展示準備で、閉館中。
お庭だけ歩きましょう。
えっ、このお庭だけで入場料200円ですか?
まぁ仕方ありません。立派な建物を、外から眺めて。
20200126_41 20200126_42

お茶室があったり。梅がほころびていらり。
20200126_43 20200126_44

帰る前に、入り口のカフェで休憩。キレイでよい雰囲気ではありますが、、、
20200126_45 20200126_46

雅叙園庭園カフェも、おしゃれで良いお値段。
やはり私には「目黒不動の節分豆まき」の豆をキャッチする位が相応のようです(^^:

| | コメント (0)

2020年2月 1日 (土)

歩いてきました目黒周辺「美智子さまの公園~東京都庭園美術館」

さて「自転車文化センター」の次です。

品川区東五反田に「ねむの木の庭」という公園がありまして。
上皇后陛下、美智子さまのご実家の正田邸の跡地を整備し、2004年に開園した区立公園。

目黒駅から歩いて10分ほど。
途中にはインドネシア大使館があったり。
20200126_31_20200131213901 20200126_32

なるほど「閑静な高級住宅街」というのは、こういうことですね。
近隣のお宅や通る車は、ベンツとBMWばかり。
20200126_33 20200126_34

さて着きました。
なるほど、ここですか。
当時の写真を見ると、門柱と玄関が結構近く見えます。
約200坪。奥行より間口の広い敷地だったのですね。
当時に近いイメージの門柱に、フェンスは透明ブラスチック。
20200126_35 20200126_36

公園としてはさほど広くはありませんが、きれいに整備されています。
草花はほとんど咲いていませんが、梅はほころび始めていました。
20200126_37 20200126_38

美智子さまの和歌と、その歌にちなむ植物の説明がセットになっています。
20200126_39 20200126_40
てのひらに君ののせまし桑の実の
  その一粒に重みのありて


すぐそばに、池田山公園というのもあります。
丘から見下ろすような景観が楽しめるらしいのですが、、、
残念。工事中でした。

| | コメント (0)

2020年1月31日 (金)

歩いてきました目黒周辺「自転車文化センター」

ホテル雅叙園東京「百段階段 百段雛まつり2020」の後です。
昨年は西側の「目黒不動尊」の節分会を見てきました。
池波正太郎の小説にもよく出てくる、下町の風情を残す場所です。
 2019年2月3日(日) 行ってきました「目黒不動尊の節分会」

今年は目黒駅の反対側、東側の高台に向かいます。

まずは目黒駅そばの「自転車文化センター」
窓越しに見えるのは、デンマーク製の前二輪運搬車。
20200126_21 20200126_22

テーマ展示は「働く自転車展」です。
丸いポストと共に「郵便配達員用自転車」
紙芝居を載せた実用車「威力号」安藤自転車1955年頃。
20200126_23 20200126_24

上野動物園で使われた「サル用 Velo WING」太宰茂秀1966年。
バランスを取って走れないので、サイドカー付き。
足の形に合わせて、丸いペダルになっていたり。
本物の「警視庁警察官用自転車」ブリヂストン内装変速。
ハンドル前の透明ケースは「停止用指示棒入れ」。
20200126_25 20200126_26

奥の資料室もすごいです。
ダルマ自転車のオーディナリー、現在に近いセーフティ、サイクルサッカー用など、歴史的な車両。
書籍や資料も沢山、、、
20200126_27 20200126_28
読みふけっていたら時間はいくらあっても足りません。

| | コメント (0)

2020年1月14日 (火)

歩いてきました「深川七福神」その3

2020年1月5日(日)深川七福神めぐりの続きです。

通りがかりです。法乗院「深川ゑんま堂」
20200105_20
お賽銭は、家内安全夫婦円満病気平癒うそ封じ縁結びなどなど、
19種類の願い事別になっています。
お賽銭を投じると、願い事に応じたお説法が聞けます。
20200105_21
これだけのハイテク閻魔様なら、デジカメ撮影も失礼に当たらないでしょう。
こんな立派なお顔でした。

小さいですが趣のある、冬木弁天堂
芸道富有のご利益があるという、弁財天が祀られています。
20200105_22
おっ。懐かしい。
ダルマ型石炭ストーブで、薪を燃やしています。
20200105_23
法被を着た町内会の方いわく。
「この辺は材木の端切れには困らないんだよ」
なるほど、もともと「木場」ですからね。

周囲がにぎやかになって、最後の富岡八幡宮です。
愛敬富財のご利益があるという、恵比須神が祀られています。
20200105_24
色紙もこの通りコンプリート。
20200105_25

有名な大きい神社なので、参道には出店が並び、にぎやかです。
前後になりましたが、本殿にも手を合わせてから、境内を歩いてみます。
20200105_26
江戸三大祭りのひとつ「深川八幡まつり」。金ぴかで豪華な神輿が並んでいます。
20200105_27
富岡八幡宮は、勧進相撲発祥の地だそうです。
これにちなんだ「横綱力士碑」や「大関力士碑」があったり。
20200105_28
境内のお店で、遅いお昼にします。
さすがに混雑していて、しばらく待たされました。
20200105_29
お正月特別営業で、メニューは一種類のみ。
名物の「深川めし」は、浅蜊の味噌煮込みを汁ごとご飯にぶっかけたもの。
これと、浅蜊の炊き込みご飯のセット。
両方の味が楽しめて、良かったです。
20200105_30

先の「深川十万坪」でも、梅雨の合間に、小兵衛さんがおはるを連れてここに来ています。
おはるさんも楽しかったでしょう。

池波正太郎 剣客商売 第三巻 陽炎の男
 深川十万坪
 「おはる。うす日が射さして来たな。これなら、日暮れまでは保つだろう。
 どうだ、ちょいと深川の八幡さまへでも、お詣りに行ってみようか」
 「あれ、うれしいよう」

七福神めぐりは、どの順番で回っても良いそうですが。
やはり、最後を賑やかなところで締めるのが良いようです。


おまけです。
帰りにちょっと日本橋。
昨年7月の、三遊亭遊馬・瀧川鯉朝二人会でも立ち寄った「福徳神社」
20200105_31
近くのおしゃれカフェ、テーブルで揺れるキャンドルライトはLED。
20200105_32

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

歩いてきました「深川七福神」その2

2020年1月5日(日)深川七福神めぐりの続きです。

途中の道端に間宮林蔵のお墓。
へぇー。
感心して眺めていると、遅くなってしまうので。
20200105_11_20200111114001

圓珠院
です。
有福蓄財のご利益があるという、大黒天
20200105_09_20200111114101
福々しい石像も飾られています。
20200105_13

これまた通りがかりですが。
妙運山圓隆院というお寺に、歯神さまというのぼりがありました。
20200105_14
備え付けのブラシで磨いて、手を合わせてきました。
20200105_15

これまた通りがかりです。
滝沢馬琴発祥の地という石碑と案内板。
本を積み上げた形の石碑なのですね。
20200105_16

仙台堀川を越えます。
両岸に桜並木が続いています。春にはキレイなのでしょう。
「仙台堀の政吉親分」も、この道を歩いたのでしょうか。
20200105_17
池波正太郎 剣客商売 第三巻 陽炎の男
 深川十万坪
 深川の今川町に、仙台堀の政吉という御用聞きがいる。
 まだ四十そこそこの男だが、亡父・清五郎の代から、お上の御用をつとめてい、深川では評判のよい親分だそうな。

心行寺です。
人望福徳のご利益があるという、福禄寿が祀られています。
結構大きなお寺で、境内のベンチで休憩している人も。
20200105_18
福禄寿は境内の六角堂に祀られています。
脇には撫でられる像もありました。
20200105_19

立ち止まりが多く、なかなか先に進みません。
続きは後ほど。

 

| | コメント (0)

2020年1月12日 (日)

歩いてきました「深川七福神」

2020年1月5日(日)です。

ここ数年の恒例、お正月の七福神めぐり。
 2019年1月4日(金) 谷中七福神
 2018年1月5日(金) 下谷七福神
 2017年1月3日(火) 浅草名所七福神
 2016年1月10日(日) 隅田川七福神

今年は深川七福神に行ってみます。

昨日も降りた、JR両国駅からスタート。
地下鉄の森下駅が一番近いようですが、少しくらいの距離は歩きましょう。

いかにもお正月らしい雰囲気の和菓子店。
名物「あんこあられ」など購入。
20200105_01

清澄通りを南に進むと、堅川にかかる二之橋
池波正太郎先生の鬼平犯科帳剣客商売では「軍鶏鍋屋五鉄のそばの二ツ目橋」として登場します
昭和39年の東京オリンピックの時に作られた、川の上を首都高が通る風景。
20200105_02

まずは深川神明宮
東京ですからね。大きなひさしの立派なコンクリート造り。
延命長寿の神様、寿老神が祀られています。
20200105_03
社務所で、七福神専用の色紙を購入。
一年間飾れるように、これにしてみましょう。
お値段は、こうです。
 色紙1000円+スタンプ100円×7=1700円。
 通常の御朱印ですと、300円×7=2100円。
いくらか安く済みます(^^;
20200105_04

芭蕉記念館など見どころも多いのですが、、、
今から寄り道していると、遅くなってしまうので、パスします。
万年橋を渡ると、川沿いの道に相撲部屋が並んでいます。
酒屋さんの前には、まわし一丁の若い力士。
20200105_05
へぇー。
錣山部屋の駐車スペースには、ひもをつけた大きなタイヤ。
これを引っ張ってトレーニングするのでしょうか。
20200105_06

深川稲荷神社です。
清廉度量のご利益があるという布袋尊を祀った、小さなお社。
ちょうど子どもたちのグループが来ていて、賑わっています。
町内会で管理しているそうで、法被を着た人たちが対応していました。
すぐそばに小名木川が流れ、旧町名は「西大工町」だそうです。
20200105_07

以前来て大変良かった、深川江戸資料館通り。
寄り道したいですが、遅くなってしまうのでパスしましょう。
和装小物のお店は、外国人観光客が喜びそう。
20200105_08

龍光院です。
勇気授福のご利益があるという、毘沙門天が祀られています。
20200105_09
小坊主の石像には「ちんねん」とあります。
この名前を知っている人は、60歳以上でしょう(^^;
20200105_10

続きは後ほど。


| | コメント (0)

2019年11月28日 (木)

歩いてきました 栃木県足利市「渡良瀬橋」その3

森高千里さんの「渡良瀬橋」関連ポイントの続きです。

さて、渡良瀬橋に向かいます。
天気が良ければ歩くのですが、一向に雨は止みません。
この後行く足利市立美術館の駐車場に、車を置いて歩きます。

土手の上の県道の歩道をてくてく。天気が良ければ良い気持ちでしょう。
20191123_21

反対側の歩道にポツンとある、渡良瀬橋の記念碑が見えます。
20191123_22

はい着きました。
渡良瀬橋は、片側一車線の自動車専用。
その脇にもうひとつ、歩行者や自転車専用の橋があります。
厳密には、渡良瀬橋からは夕日は見られないのですね。
20191123_23

橋から西の光景です。
天気が良ければ、山に沈む夕日が見えるのでしょうが。
20191123_24

土手の反対側の歩道を歩いて、記念碑まで行ってみます。
2007年建立。ステンレス板に歌詞が刻まれています。
ボタンを押すと、脇のポールから歌がフルコーラス聞けます。
クルマの走行音がうるさいですが、そばにいれば充分聞き取れます。
20191123_25

そばの青い構造物は、らせん階段。
土手下の小さな児童公園に下りられます。
ここに駐車場でもあれば良いのに。
20191123_26

やれやれ。
吹きさらしの雨の土手。
いつかもう一度、きれいな夕日を見に来ましょう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧