ウォーク

2020年9月20日 (日)

再訪です「国営武蔵丘陵森林公園」その2

山野草もいろいろ。

秋の七草、桔梗・キキョウ
20200913_11
萩・ハギ
20200913_12
その辺でよく見る女郎花・オミナエシ
20200913_13
吾亦紅・ワレモコウ
20200913_14
禊萩・ミソハギ
20200913_15
藪蘭・ヤブラン
20200913_16
アザミも色々ありますが、野原薊・ノハラアザミ?
20200913_17
長いドングリは、馬刀葉椎・マテバシイ
20200913_18
赤い実の木は、青肌・アオハダ?
20200913_19

こちらは園芸種。
キレイに整備された「コリウス」。
カラーリーフと言うのですね。
20200913_20

| | コメント (0)

2020年9月19日 (土)

再訪です「国営武蔵丘陵森林公園」

2020年9月13日(日)です。
天気が今一つ。特に山の方には、真っ黒な雲が。
遠出は避けましょう。
7月にも行ったばかりですが「国営武蔵丘陵森林公園」です。
入場料大人450円。中学生以下は無料。

中央口の駐車場は普通車650円。
すぐそばの民営なら200円。おばちゃんからアメも貰えます(^^)
20200913_01

レンタサイクルに乗ってみました。
大人1日530円。内装3段変速付きのママチャリです。
20200913_02

自転車専用のサイクリングコースは、全長が約17kmで適度なアップダウンもあり、走り応え充分です。
とのこと。
Musashi_202009


広い休憩スペースに隣接した辺りは、明るくて気持ちが良いのですが。
20200913_05

コース大半は結構な森の中で、見晴らしはいま一つ。
20200913_04

「適度なアップダウン」とありましたが、、上り坂は結構つらい。
内装3段のローでは足りないくらい。
その分、下りは快適ですが。

確かに「走り応え充分」という感じでした。
歩きなら自由なペースで済みますし、バイクは無論のことエンジン付き。
ですが自転車は、ゆっくりペースにも限度がありますからねぇ。
ふとももピリピリ。
どうも私には、もう自転車は無理、のようですねぇ。

| | コメント (0)

2020年9月 5日 (土)

埼玉県加須市「オニバス」と「ホテイアオイ」その2

2020年8月30日(日)の続きです。

加須市のオニバス自生地から、5kmほど。
道の駅「童謡のふる里 おおとね」です。
どこかに出掛けた帰りに、何度も寄っています。
「古河桃むすめ」さんを見かけたり。
ですが、ここを目的地として来たのは初めてです。
20200830_11

東側に隣接した休耕田、約8,000平方メートルに植え付け。
平成11年から毎年恒例だそうです。
20200830_12

なるほど見事に咲いています。
大きなカメラを抱えて来ている人も結構います。
20200830_13

場所によっては細かい赤い浮草が一面に広がり、平坦な土のように見えます。
勘違いして足を突っ込んでしまう人もいるのでしょう。
20200830_14

ひと株100円ですって。
20200830_15

道の駅の中のレストラン「わらべ」。
20200830_16

天ざる黒米うどん 税込み870円。
冷たくつるつるで、美味しかったです、
20200830_17

ホテイアオイって、昔は家の池や金魚鉢でぷかぷかしていた、というイメージです。
一応、ウィキペディアで確認して、びっくり。

ホテイアオイ(布袋葵)
外来種問題
世界の熱帯・亜熱帯域に帰化し、日本では、本州中部以南のあちこちで野生化している。
寒さに弱く、冬はほとんど枯れて悪臭を放ち地域の迷惑となるが、
一部の株がわずかに生き延びれば、翌年の春~秋場にかけて再び大繁殖する。
もともと繁殖力が強く、富栄養化した水域ではあっという間に水面を覆い尽くす。
のみならず、このように肥料分多くなると、個体の大型化もみられる。
結果、水の流れを滞らせ、水上輸送の妨げとなり、また漁業にも影響を与えるなど
日本のみならず世界中で問題となっている。

へー。全く知りませんでした。
国立環境研究所の記述は、こうです。
http://www.nies.go.jp/index.html
侵入生物データベース > 日本の外来生物 > 維管束植物 > ホテイアオイ
影響
在来水生植物やイネとの競合.水流の阻害.船舶の運航や漁業の障害.アレロパシー作用.虫,ダニ,菌,ウイルスの寄主.
影響を受ける生物:水生植物,イネなど
法的扱い
移入規制種(佐賀県 環境の保全と創造に関する条例).オーストラリアでは持ち込み禁止.
備考
外来生物法で要注意外来生物に指定された.世界の侵略底外来種ワースト100,日本の侵略的外来種ワースト100に指定.

| | コメント (0)

2020年9月 3日 (木)

埼玉県加須市「オニバス」と「ホテイアオイ」

2020年8月30日(日)です。
8月も終わりに近いですが、連日の猛暑。

埼玉県加須市のオニバス自生地です。
埼玉県レッドデータブックにおいて絶滅危惧1A類に指定。
(絶滅の恐れがある植物のなかでもっとも危険と考えられる種)
元々沼があった場所が水田開発で埋め立てられたのが昭和32年。
昭和57年や平成元年の工事で、地中に眠っていたオニバスが再度目覚めた。
とのこと。

田んぼ道の脇に駐車場があり、そこから少し歩きます。
20200830_01

見えてきました「オニバス自生地」。
20200830_02

東屋には、ボランティアの方々がいました。
20200830_03

はいどうぞ。
ごちそうさま、冷えたメロンを頂きました。
20200830_04

ポリバケツにはザリガニ。
20200830_05

で、オニバスです。
とげとげの葉っぱは、いかにも「鬼蓮」という感じです。
葉を突き破って花の芽が出ています。
20200830_06

周囲に咲く花はミソハギ・禊萩
20200830_07

他にもニラ・韮
20200830_08
いかにも真夏という感じのサルスベリ・百日紅
20200830_09

続きは後ほど。

| | コメント (0)

2020年8月14日 (金)

歩いてきました 群馬県甘楽町「小幡の街並み」その2

街を離れました。
雄川堰に沿った遊歩道、素晴らしい真夏の快晴(^^;
石段を下りて、川の流れで手や顔を洗ってみたり。
川水なので、ものすごく冷たいわけではありませんが、良い気持ちです。
20200811_09
「雄川堰三番口取水口」です。
ここが三番で、二番一番もありました。
地域の農業や生活用水の取込み口ですね。
 -(告)-
 分水中につき 水をかえない事
    雄川堰水利組合
今でも水利組合で管理しているのですね。
「水をかえない」とは、どういう意味か良く分かりません。
「取水口を勝手に開け閉めするな」という意味でしょうか?
20200811_10
日陰もない遊歩道ですが、東屋や木陰のベンチがあります。
その都度しっかり休憩して水分補給。
20200811_11
下仁田名物、こんにゃく畑。
20200811_13
桑畑の前に、先日秩父の贄川宿でも見かけた「夏水仙」。
20200811_14
城下町だった地域に入ります。
松浦家武家屋敷
最近になって、キレイに修復されたそうです。
管理人もいませんが、上がっても構わないとの看板。
お座敷で、池のある庭を眺めながら休憩。
20200811_15
城下町らしい遺構「喰い違い郭」
20200811_16
織田信長の次男織田信雄が築いた「楽山園」
群馬県内唯一の大名庭園だそうです。
入場料大人300円。
20200811_17
回遊式の庭園で、こちらも東屋に立入り可能。
広々と庭園を見渡し、心地よく風が吹き抜けます。
20200811_18
「道の駅甘楽」に戻り、遅いお昼です。
甘楽野そば定食1100円。
ごはんは「金太郎ごはん」。
お米は餅米餅きび入りで炊き、人参椎茸と雉肉を混ぜ込んであるそうです。
岡山の雉肉入りで、そういうネーミングなのですね。
20200811_19
直売所で野菜を購入。
これですよ。
まだ緑っぽいトマトは、ちょっと青臭い。
育ち過ぎのきゅうりは、種がいっぱい。
今の品種ですからね、昔のように酸っぱかったり固かったりはしませんが。
それでも、ちょっと懐かしい味でした。
20200811_20
スペイドで移動して、街はずれの「翁橋」。
20200811_21
すぐそばの「雄川」から「雄川堰」への取水口を眺めてみます。
ここから、今見てきた小幡の街並みへ流れていくのですね。
20200811_22

というわけです。
猛烈に暑い日でしたが、休憩ポイントも多く助かりました。
地図や案内板なども、以前より充実しています。
改めて、桜や紅葉の季節にも来てみたいです。

| | コメント (0)

2020年8月13日 (木)

歩いてきました 群馬県甘楽町「小幡の街並み」

2020年8月11日(火)です。
天気予報では、関東一円が快晴で気温も上昇。
今年からはじまった「熱中症警戒アラート」も出てしまいました。
それでなくても、新型コロナウイルスで外出自粛要請・・・
まぁとにかく、暑さと密に気を付けて出掛けてみます。

群馬県甘楽町の小幡地区です。
江戸時代には、二万石の小幡藩。
織田信長の二男の信雄から、織田宗家として七代にわたり織田家が治めたそうです。
町なかを「雄川堰」が流れていて、明治時代には養蚕で栄えた地域。
この「雄川堰」は、肩書がいっぱい。
・環境庁水質保全局長「名水百選」認定 1985年
・国土庁長官「水の郷」認定 1995年
・農林水産大臣「疎水百選」認定 2006年
・社団法人土木学会会長「土木学会選奨土木遺産」認定 2010年
・文部科学大臣・農林水産大臣・国土交通大臣「歴史的風致向上計画」認定 2010年

以前も何度か来ていますが、今回はここだけで一日、ゆっくり歩いてみようと思います。
 2016年5月21日(土) Breva750で、小幡の街並み

「道の駅甘楽」からスタート。
20200811_01

南北に流れる生活用水「雄川堰」と桜並木。
車道と歩道が分かれていて歩きやすく、木陰も多いので助かります。
20200811_02

あちこちに、水辺まで降りられる石段があります。
さすがに今は実用ではないでしょうが、消防用ホース収納庫は沢山ありました。
20200811_03

「おばた」ではなく「こばた」ではくて、かつての煙草売り場ですね。
20200811_04

「甘楽町歴史民俗資料館」です。組合製糸小幡組の繭倉庫だった建物。
おっと残念。休館です。
月曜が休館日ですが、昨日の海の日で一日ずれたのですね。
20200811_05

すぐそばにある「甘楽町歴史民俗資料館別館」
20200811_06

民家の蔵を改装した展示室。こちらは入場無料で開いています。
20200811_07

以前も見ましたが、美しい広告ビラ「引札」や、茶壷など。
20200811_08
恭賀新年
荒物太物砂糖油
味噌醤油日用雑貨
上州小幡町 志のや 山田八五郎

続きは後ほど。

| | コメント (0)

2020年8月 8日 (土)

スペイドで「鉢形城跡~三峰口駅」その2

2020年8月2日(日)の続きです。

秩父鉄道の終点「三峰口駅」に向かいます。
橋の上で何かを見ている人たち。
20200802_09

あぁ。なるほど。
最近できた「秩父ジオグラビティパーク」
吊り橋を歩いている人が見えます。
20200802_10

さて「三峰口駅」です。閑散としています。
20200802_11

ちょうど「ELパレオエクスプレス」が見られました。
蒸気機関車が整備中のため、電気機関車による重連なのですね。
乗客は、ボックスシートに一人ずつという感じ。
沿線にも、撮影の方が結構いました。
20200802_12

駅の反対側に「SL転車台公園」
前日、2020年8月1日(土)がプレオープンでしたが、誰もいません。
20200802_13

転車台の駆動輪やモーターが見えます。
20200802_14

せっかくのキレイな公園ですが、入口付近には駐車場はありません。
先の「秩父ジオグラビティパーク」も同じです。
駅の駐車場はなんと、一日530円。
まぁねぇ。
実際は、空き地や路上駐車など短時間駐車には困りませんが、
あまり良い気持ちではありません。
「鉄道で来てください」ということかも知れませんが、
無料の観光駐車場くらい、用意してもらいたいものです。

というわけで。
二日続けて、お蕎麦はすべってしまいました。

| | コメント (0)

2020年8月 7日 (金)

スペイドで「鉢形城跡~三峰口駅」

2020年8月2日(日)です。

昨日の「道の駅 万葉の里」は、残念でした。
改めて、埼玉県内の「道の駅 あらかわ」隣接の「あづまや園」で、お蕎麦を食べましょう。

その前に、埼玉県寄居町「鉢形城跡」に寄ります。
20200802_01
先日見てきた中世のお城「杉山城跡」とも関連の深い場所です。
 2020年6月26日(金) VTRで「杉山城跡」
展示館で関東の歴史を復習です。
20200802_02

埼玉県秩父市荒川の「あづまや園」に到着。
あらら。がっかり。臨時休業。
20200802_03
仕方ありません。
すぐそばの「鈴ひろ庵」で、冷やしうどん600円と干し柿ソフト410円。
腰の強いうどんが氷の上に盛られ、薬味はキュウリわかめネギ。
ミョウガや揚げ玉はセルフ。
20200802_04
干し柿ソフトは美味しいですが、固くてちょっと食べにくい。
20200802_05

何度か寄っている、すぐそばの「贄川宿」にも寄ってみます。
20200802_06
以前来た時より、人形が少しくたびれていますねぇ。
20200802_07
彼岸花そっくりのピンクの花は「ナツズイセン・夏水仙」
20200802_08

さて、秩父鉄道の終点「三峰口駅」に向かいます。
続きは後ほど。

| | コメント (0)

2020年7月25日 (土)

スペイドで長野県「松代の街並み」

2020年7月10日(金)の続きです。これで終わりにします。

長野県松代市に移動です。
真田ゆかりの場所として、上田を訪れるならセットで外せませんからね。
こちらは3年前にもご報告しています。
2017年7月22日(土) スペイドで長野県長野市松代町「六工社跡・松代大本営跡・松代の町並み」その2

ゆっくり歩きまわっていたら、小中学校の下校時刻になりました。
旧松代駅には、バスを待っているらしい中学生。
女子はホームでおしゃべり、男子は軒下でゲーム。
20200710_11_20200725173401

松代城跡の近くで、男子中学生とすれ違ったのですが。
ごく普通に向こうから「こんにちは」
なるほど、スローガンが活かされているようです。
20200710_12_20200725173401

松代藩の藩校「文武学校」に隣接した松代小学校
大変キレイな校舎でした。
20200710_13_20200725173501

下校する子どもたち。
20200710_14_20200725173501

交差点では、通りかかった車は当然のように一時停止
そして子どもたちは、クルマにきちんと挨拶
その後、私が道路を横断しようとした時も、通りかかった車は一時停止

長野県は「教育県」と言われていますが、その通りだと実感。
JAFの調査では、長野県は「信号機のない横断歩道一時停止率」全国一位
2019年調査で、全国平均17.1%に対し、長野県は68.6%。
2016年の調査開始以来、毎年一位だそうです。
https://jaf.or.jp/common/news/2019/20191010-01

長野県、さすがですねぇ。

| | コメント (0)

2020年7月23日 (木)

スペイドで長野県「須坂から上田」その2

2020年7月12日(日)の午後です。

須坂から上田に移動。
上田城公園です。
20200712_21
やっと良い天気になりました。
20200712_22
来るたびに派手になっている、真田神社
20200712_23

遅めのお昼です。
二年前と同じ、麦笛のくるみそば、税込み1050円。
小盛りは100円引き。
20200712_24
ボリュームが分かるよう、おそばは少し寄せてあります。
20200712_25

小県上田教育会館を見学。
分かりにくい名前ですが、こういう意味なのですね。
公式サイトより抜粋。
小県上田教育会は、長野県の上田市・東御市・長和町・青木村の小中学校および養護学校に勤務する教職員の会です。
この地域は「上小地区」と呼ばれており、通称「上小教育会」といわれています。

20200712_26
上田に来たら寄らないと。
池波正太郎 真田太平記館
20200712_27

さーて。
日曜日の午後です。早めに帰りましょう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧