ウォーク

2018年9月19日 (水)

行ってきました「権現堂の曼珠沙華」~「鈴木貫太郎記念館」その2

2018年9月16日(日)の続きです。

権現堂公園からわずか10㎞足らず。
江戸川を超えて千葉県に入ると「鈴木貫太郎記念館」はすぐそこ。
入館料は無料。管理運営は野田市教育委員会。

何度か行っている「千葉県立関宿城博物館」のすぐ手前です。
所在は知っていましたが、寄ったことはありませんでした。
行動力抜群の友人^n^くんが、8月に行ったそうで。
テレビ番組の録画も貸してくれました。

Tvtokyo_201809
2018年8月19日(日)夜7時54分~8時54分
池上彰の戦争を考えるスペシャル 第10弾
「日本のいちばん長い日」が始まった
1945年春。迫り来る連合国軍に対し、本土決戦で臨むのか、それとも降伏するしかないのか。
今回は、絶望的な戦局のさなか総理大臣に就き、そして戦争終結に導いた鈴木貫太郎に焦点をあてます。


さて、展示館です。
道路沿いの石碑は「終戦内閣総理大臣鈴木貫太郎翁終焉之地」
「吉田茂謹書」だそうです。
20180916_11

駐車場の入り口わきにタンクローリーが止まっていました。
特に気にもせず、適当に撮影してしまいましたが、、、
おっとしまった、後から気づきました。
これは、牛乳の運搬車ですね。
鈴木貫太郎が引退後に力を尽くしていた、酪農振興の施設だったのですね。
 JAちば東葛 関宿集乳所 千葉県野田市関宿町1332
20180916_12

駐車場の片隅の石碑は「集乳所新設記念」
酪農組合が建てた記念碑だそうです。
上部に「貴為和以」
もちろん右から読みます。
聖徳太子の「十七条憲法」第一条「和を以て貴しと為し」ですね。
20180916_13
残念ながら、碑文は薄れていて全部は読めません。
 関宿町酪農組合は去る昭和廿四年創設・・・
 昭和二十九年五月十四日 鈴木孝子篆額 奥原謹爾撰文並書
鈴木貫太郎の奥さまは「鈴木たか」。
知人で、本名「ヨネ」を通称「よね子」で通しているおばあちゃんがいました。
この「鈴木孝子」も、奥さまかも知れません。
先の「以和為貴」が奥さまの揮毫ということでしょう。

旧邸跡に残された古井戸。
立て看板は「終戦内閣総理大臣 鈴木貫太郎翁邸跡」
引退後、自宅に農事研究所を作り酪農を指導したのだそうです。
20180916_14

続きは後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月18日 (火)

行ってきました「権現堂の曼珠沙華」~「鈴木貫太郎記念館」

2018年9月16日(日)です。

埼玉県幸手市の権現堂公園です。
以前から川沿いの土手が桜の名所として親しまれてきました。
更に、菜の花・紫陽花・曼珠沙華・水仙などが植えられ、季節ごとの花が楽しめます。

めっきり秋めいてきました、、、という程でもありませんが。
そろそろ曼珠沙華が見られそうです。
ちょっと行ってきました。

 2018年「第13回 曼珠沙華まつり」
 開催期間 2018年9月8日(土)~10月1日(月)
 開催場所 県営権現堂公園(幸手市権現堂堤)

まだやっと咲き揃ったくらいですが、結構な人出です。
観光バスの団体さんやコスプレの人。
20180916_01 20180916_02

紫色の花は、後で調べたらツルボという名前のようです。
白いフジバカマの群生地もありました。
20180916_03 20180916_04

COSPというロゴの入ったポロシャツの方がいました。
コスプレの情報サイトなんですね。

検索してびっくり。
9月16日の一日だけで、全国でイベントが71件!
そんなに人気があるのですか。
埼玉でも、旧芦ヶ久保小学校、入間市、宮代町、Alice写真館東松山店、東秩父村と6か所。
そういえば、以前 松屋本店 でも、その話を聞きました。
権現堂公園は、参加費4500円ですって。
Cosp_201809

売店には、権現堂まんじゅうの他、川越のイモのお菓子など。
「ここは埼玉県直営ですから」、はぁ(^^;
20180916_05 20180916_06

さて、川を越えて千葉県に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 9日 (木)

見てきました「しもだて美術館 安野光雅の絵画展 御所の花」

2018年8月5日(日)の続きです。

しもだて美術館のある「しもだて地域交流センター アルテリオ」。

アルテリオの意味は、筑西市のホームページによれば、以下の通り。
 アルテはスペイン語で「芸術文化」
 それにトリオ(しもだて地域交流センター・しもだて美術館・市民協働まちづくりサロン
 の「3」課)を組み合わせました。
 さまざまな機能を持つ交流センターを表現しています。

ちなみに「川崎市アートセンター」も同じ「アルテリオ」。
ウィキペディアによれば以下の通り。
 イタリア語「芸術」の「アルテ(arte)」とスペイン語「百合」の「 リリオ(lirio)」をあわせた造語である。

巨大な吹き抜けに空中回廊。鉄とガラスとコンクリート。
一階のロビーには、立派なお神輿の展示。
重さ2トン。実際に担がれる神輿として重さは日本一だそうです。
カフェスペースでは、何やら中高年の方々の会合。
私も抹茶あずき500円。これで体調を整えてと。
20180805_07

エレベーターで3階の美術館へ。

ロビーには、ゆかりの色紙。
以前は「松本零士展」が開催されたようです。
深田恭子さん主演「富豪刑事」の撮影の様子など。
あー、ありましたね。
名画を狙う怪盗に対して、もっと高価な絵画を並べるという話。
確認したら「第2話 美術館の富豪刑事」ですね。

安野光雅グッズもいろいろ。
今回の図録「御所の花」2000円。
愛蔵版5400円は手が出ませんでしたが、これは格安です。
サイン入りの「赤毛のアン」3200円。
岸田衿子氏訳、安野光雅挿絵の新版です。
こちらもちょっと欲しいですが、、、ガマンしておきます。
20180805_08
ガラス張りの回廊から周囲の風景が見えます。
蔵のような建物の向こうに、格好良い望楼。
これも、次回のお楽しみとしましょう。

さて、展示内容です。
Google検索で、こんな絵画です。
Anno_gosyo_201808
吹上御所のお庭に咲く植物を描いた、絵画作品全130点を一堂に展示。
何しろ点数が多いです。さすがの見ごたえ。

皇后陛下ゆかりのバラ「エンプレスミチコ」「プリンセスミチコ」。
プリンスに対してプリンセス、エンペラーに対してエンプレス、ですね。
こういった、やんごとなき花の一方で、ヘビイチゴやススキなどの雑草も。
一面の枝や葉の、精細な描き込みに改めて感心します。

多くは、いつものような鉛筆下書きに透明水彩の優しい仕上がりです。
それ以外のバリエーションも様々。
絡み合う枝を、平面のタイルのように描写したり。
桜の花は、真っ黒の背景に浮かび上がっていたり。

原画をじーっと見て、どういう順に描いているかなど、考えてみます。
鉛筆下書きに透明水彩。
大きな花は、葉や枝を塗り残して、後から花の色を入れるのが基本のようです。
小さな花や実などは、不透明水彩で白を入れ、その上に鮮やかな黄色や赤。

なるほどー。
感心したところで、私のアレが、どうにかなる訳でもないのですが。


ちょうど、こんな新聞連載が始まりました。

 語る 人生の贈りもの
 安野光雅:1 19歳の自分へ「絵を描いているよ」
 今も毎日6時間は描きますね。
 仕事場でも、家でテレビを見ながらでも。
 せっかちだから早くやらないと気が済まない。
 それでも昔より減ってます。くたびれちゃうから。

 《92歳になった今年も、ライフワークの『旅の絵本9』や
 『いずれの日にか国に帰らん』など、新刊が続々。
 『赤毛のアン』といった翻訳ものの挿絵もてがけている》

大したものですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 8日 (水)

歩いてきました「下館の街並み」その2

2018年8月5日(日)の続きです。

先の「アルテリオ」のそば、広くてキレイな駅前通りに戻りました。
そろそろお昼にしたいのですが。
食事が出来そうなお店は、中華とおそば屋さんの二軒のみ。
おそば屋さんで「海老おろしそば」780円。
海老天に大根おろしたっぷり。
本当は、うどん屋さんだそうです。
それなら、そちらにすれば良かったかな。
お冷おかわり、おそばの後にアイスコーヒー100円。
ようやく、汗も引きました。
20180805_05

駅前も、一応チェック。
青木繁の陶板画が数点。
市内に滞在したことがあるのにちなみ、設置されたそうです。
面白い雰囲気の和菓子店もありました。
寄ってみれば良かったのですが、次回のお楽しみという事で。
20180805_06
ちょっとレトロな駅舎と、対照的に立派な市役所。
商業ビルとの複合施設のようです。
駅前の一等地に市役所を置く、新しい取り組みかと感心したのですが。
よく見ると、スポーツクラブ美容院パソコンスクール、ヤマザキのYショップ。

先に、おそばを食べてからで良かったです。
腹ぺこ汗だくで駅まで来たら、お店はコンビニだけ・・・という、
ひどい目に遭うところでした。


帰宅後調べたら、ウィキペディアに「下館SPICA」として載っていました。
 1991年に、行政主導型再開発として、サティが中核テナントとして開業。
 その後、紆余曲折を経て、現在の市役所に至る。

広くてきれいな駅前通りについても、言及されていました。
 道路の拡幅事業を切っ掛けに閉店する店舗が多いために
 周辺の商店街の集客力も大きく減少していることも相俟って・・・

うーん。
どこも大変ですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 6日 (月)

歩いてきました「下館の街並み」

こんな展示会がありまして。

しもだて美術館「安野光雅の絵画展」
Anno_20180805_01 Anno_20180805_02
・前期「御所の花」
 2018年7月7日(土)~2018年8月8日(水)
・後期「絵本の世界」
 2018年8月11日(土)~2018年9月17日(月祝)

早くしないと、前期が終わってしまいます。

しもだて美術館のある、茨城県筑西市について。
ウィキペディアから抜粋。
 2005年3月に下館市・真壁郡明野町・協和町・関城町が合併して誕生。
 真岡木綿や結城紬などを扱う商業の町として発展、「関東の大阪」と呼ばれるまでになった
とのこと。

毎年恒例「真壁のひな祭り」昨年初めての「結城のひな祭り」。
こちらでも、「近隣のひな祭り」として筑西が紹介されていました。
 2018年2月11日(日) 今年も「真壁のひなまつり」

いつもの決まり文句「イベントでない時に来てみたい」。
ちょうど良い機会です。ついでに周囲も歩いてみます。



前置きが長くなりました、
2018年8月5日(日)、連日の猛暑です。

埼玉の私の地元からは、クルマで2時間足らず。
美術館の入っている「しもだて地域交流センター アルテリオ」地下駐車場にクルマを置いて。

先に外を歩いて、後から美術館を見ることにします。
まずは、すぐ裏の神社にお参りして。
その先の「一木歯科医院」
日曜日で静かでしたが、今も普通に開業しているようです。
大正11(1922)年、国登録有形文化財 第08-0012号
金網を張った上にコンクリートを厚く塗る「鉄網コンクリート仕上げ」。
全国的にも珍しく貴重なもの、だそうです。
坂道から見ると、脇から裏も面白い造りになっています。
20180805_01

国道50号をはさんで、荒川家住宅という建物がふた棟。
昔から、これほどの道路幅だったのでしょうか。
いずれも重厚な「見せ蔵」に後年増築された洋館がくっ付いています。
先の「結城」でも、いくつか見かけた様式です。
北側の「荒七」は酒屋さん。
国登録有形文化財 第08-0007~0011号
平成11年8月23日登録とあります。
三階建て部分がモダンで格好良い。
南側の「荒為」は、今は設計事務所のようです。
漆喰の模様が凝っていますが、最近のデザインでしょうか。
国登録有形文化財 第08-0253~0255号
平成23年7月25日登録とあります。
20180805_02

少し歩いて、金井町の街並み。
古くからの商家や土蔵が並んでいます。
いささか「歯抜け」ではありますが、結城の問屋街のような感じ。
20180805_03

床屋さんも、なかなかの風情。
古い街並みのお約束。建物は変わっても、間口の狭い「ウナギの寝床」の地割り。
こういった街並みのお約束。一番奥には「薬師堂」
脇には消防団の駐車場。そばには小さな三峰神社
三峰神社のお約束。狛犬は狼です。
20180805_04


とにかく「新記録的な」暑さです。たちまち汗だく。
神社の境内は日陰で風も通り、少しは涼しいですが。
ゆっくり歩いていても、もうダメです。
これはもう、早めに切り上げましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 5日 (日)

補完計画「黒部ダム・トロッコ列車・最後のトロリーバス」その4

2018年7月30日(月)の続きです。

扇沢駅に戻りました。
トンネル内を歩いて「関電トンネル開通当初の工事跡」を見学。
当時の岩盤そのままが剥き出しなのは、今ではここだけだとか。
倉庫として使われていた場所を、見学用に改装したそうです。
当時を再現した人形を眺めたり、岩盤をぺたぺた触ってみたり。
20180729_21

黒部ダム堰堤も歩きます。
階段220段を上り、ダムを見下ろす展望台へ。
20180729_22

虹の見える堤体からの観光放水。
先ほどの川床の橋が、はるか彼方に小さく見えます。
20180729_23

以前も見ましたが、建設工事に使用された巨大なコンクリートバケット。
すぐ下の丸い所が、生コンを作っていた場所。
両岸に残る、バケットを吊るしたワイヤーを支える構造体。
事故で亡くなった方の慰霊碑。
20180729_24

というわけで。
戦後復興から経済成長を支えた、黒部川流域の電源開発の難工事。
その苦労の、ほんの一端でも、感じられたでしょうか。

これで黒部ダム周辺は大体満足、ですが。
こんな所もあるんですよね。

黒部峡谷トロッコ電車終点欅平駅の先には「竪坑エレベーター(高低差200m)」。
それから、紅葉も・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 4日 (土)

補完計画「黒部ダム・トロッコ列車・最後のトロリーバス」その3

2018年7月30日(月)です。

快晴の白馬から、関電トンネルトロリーバスの扇沢駅へ。
バスからは長野オリンピックのジャンプ台が見えたり。
今シーズンで廃止が決まっているトロリーバスで黒部ダム駅へ。
通常の出口とは違う方向に進んで、登山道の入り口です。
20180729_11

深い山のはるか下の方に小さく見える。
川床の仮設木橋まで降ります。
20180729_12

この山道は「旧日電歩道」と呼ばれる登山道の、ほんの一部です。
ウィキペディアから一部抜粋です。

「日電歩道」の名は、日本電力(日電)が水力発電所の建設に備えた調査を行うために開削したこと
から付けられた。
1925年に着工し、1929年に平(現在の黒部ダム西岸・平ノ小屋付近)まで開通した。

やがて黒部ダムの堤体が見えるようになったところで、道は木橋で右岸側へ渡る。渡ったところから
はダムまで登り坂となり、樹林帯の中をジグザグに登っていく。道がコンクリート舗装になった先に
関電トンネルトロリーバス黒部ダム駅の登山者用出入口があり、登山道としてはここが終点となる。

ここから黒部川の川床まで降ります。
狭くて急だったり、梯子段もありますが。
地元ガイドの方が同行して、安心ペース。
1時間以上かけて、川床へ。
幅1メートル足らずの仮設橋で対岸へ。
おぉー。
足元には、渦巻く清流。
はるか彼方に、黒部ダムの放水が見えます。
20180729_13

付近には巨大な橋脚。
ダム工事の際は、ここにダンプカーが通れる橋があったそうです。
当然、それなりの道路があったのが、昭和40年代に自然崩壊したとのこと。

というわけで。
この先「旧日電歩道」は、熟練者で踏破に二日かかるという登山道。
素人は、ほんの「さわり」だけで引き返してきた訳ですが。
下り先行、戻りがきつい上りという変則パターン。
結構疲れましたが、充分満足です。

続きは後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 3日 (金)

補完計画「黒部ダム・トロッコ列車・最後のトロリーバス」その2

2018年7月29日(日)です。

北陸新幹線はくたかで、JRの黒部宇奈月温泉駅。
観光バスで、黒部峡谷鉄道の宇奈月駅へ。
近くの宇奈月黒部川電気記念館などを眺めてから、宇奈月ダムへ。
20180729_01
国土交通省北陸地方整備局の方が説明してくださいます。
ヘルメットを着用し、展示室とは別のエレベーターで内部へ。

通路には説明パネル。
この通路は、事前に工場で生産する「プレキャスト」工法とのこと。
現場での工事が簡略化され、従来方式より人員も期間も短縮化されるとのこと。
20180729_02
地元温泉組合の町おこし事業「日本酒の貯蔵熟成」が積んであったり。

さて機能部分の説明です。
まずは、ウィキペディアから抜粋です。
連携排砂事業
宇奈月ダムの大きな特徴は、上流の出し平ダム(関西電力)との連携排砂を実施していることである
上流の侵食が進む黒部川では、大きな黒部ダムでは堆砂が機能の阻害要因にあまりならないに対し、
比較的規模が小さく治水・利水を主目的とする宇奈月ダムでは堆砂により機能が失われる。
しかも、既設の出し平ダムが排砂設備を整えているため、宇奈月ダムも設備を整える必要があった。
そして連携して排砂を行うことで、ダムの堆砂を防ごうとしている。
ダム下部の「排砂ゲート」を駆動する、巨大な油圧シリンダー。
排砂ゲートの構造図。
20180729_03
ゲートは摩耗を防ぐため、ステンレス板と石版で覆われています。
ダム湖側は、運用開始後は水没して保守が出来ないため、厚さ36㎜のステンレス。

材質はSUS304。
私たち20世紀の少年は、中学生の頃に勉強しましたね。
強くて錆びない画期的な素材「18-8ステンレス」。
18Cr-8Ni=クロム18%ニッケル8%のステンレス合金。

設計寿命は100年!
排水側は、定期的なメンテナンスを想定して、SUS600と石板。
こちらも設計寿命は30年。
なるほどねぇ。
これこそ「地図に残る仕事」というものでしょう。


黒部峡谷鉄道トロッコ列車。
前回は積雪による線路の損傷で、途中までしか乗れませんでした。
今回は終点の欅平駅まで、景観を楽しみながら約80分。
所々に、ティラミスのような万年雪が見えたり。
軽く周辺散策だけでしたが、ここから、じっくり歩いたら面白いでしょう。
20180729_04

宿泊は、バスで白馬まで移動です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 2日 (木)

補完計画「黒部ダム・トロッコ列車・最後のトロリーバス」

浦沢直樹の「20世紀少年」。
1970年の大阪万博が重要なモチーフになっています。

私もまさに20世紀の少年ですが。
当時は万博以外にも、様々な出来事に心を動かされました。

例えば「夢の超特急」東海道新幹線、「超高層のあけぼの」霞が関ビル。
そして「黒四ダム」もそのひとつです。

木本正次という方の小説「黒部の太陽」。
中学校の図書館で読んで、大感激しました。
ウィキペディアで再確認します。
 1964年の毎日新聞の連載小説で、完結後に加筆出版。
 石原裕次郎主演の映画が1968年公開。
 映画に合わせて1967年に再版。
私が読んだのは、おそらくこれでしょう。
ちなみに、2009年に新潮社から新装版も出ていました。
332402_xl

というわけで。
黒部ダムは、このブログで2回ご報告していますが・・・


今度は、某旅行会社の美味しそうな企画です。

あなたの知らない黒部ダムの秘密にせまる!
 ・宇奈月ダムの内部を、国交省の担当者の案内で見学
 ・黒部峡谷トロッコ電車で終点の欅平へ
 ・黒部ダムの河床をハイキング、ダムの放水を下から眺める
 ・関電トンネル内の工事跡を見学

おぉ。
2015年に乗ったトロッコ電車は、途中で折り返し運転で残念でした。
トロリーバスは今シーズンで引退。これが最後のチャンス。

これはもう、行くしかないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月21日 (土)

補完計画「東国三社~サーキットの狼ミュージアム~佐原の大祭」

2018年7月15日(日)の余談です。

私の地元、旧中山道の宿場町でも、お祭りには同じような人形が飾られています。
20180715_41
「山車人形関羽」
三国志に出てくる武将ですね。
 明治25年に造られ、当時は山車の屋根上に安置して引き回していた。
 大正13年に、街道に電線が張られてしまう。
 この年からは、山車に乗せずに会所に安置するようになった。
のだそうです。


圏央道から見える「謎の構築物」を、もうひとつ発見しました。
つくばの巨大建造物については、先日判明しました。

それよりも少し西側にも、気になるものが。
常総IC付近、はるか北の方に、お城が見えるんです。
残念ながら、撮影画像はありません。
GoogleMapですと、これでしょうか。
すごく小さくて、良く分かりませんが。
20180715_42

やけに細くて背の高い天守閣、という感じです。
おそらくお城に似せて作った観光施設か何かだろうと思います。

こちらも、後で調べてみなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧