映画など

2019年4月29日 (月)

がんばれ!「仮面ライダーギルス」

もう過去のニュースという感じですが。
この機会に、個人的な心覚えとして書いておきます。

「E.T.」を見た映画館には、5月31日公開の「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」のカンバン。
背景には、過去のゴジラ映画のポスターがずらり。
Tomoi_201904_1
右下のはじっこに、2016年シン・ゴジラと並び、2002年の「ゴジラ×メカゴジラ」
釈由美子さんが、対特殊生物自衛隊の3式機龍のパイロットとして活躍します。
そのポスターの下の方に、俳優さんの名前。
釈由美子 宅麻 伸 高杉 亘に続いて、友井雄亮
そうそう。
友井雄亮さん。
不愛想でけんかっ早い、特生自衛隊の同僚役で出ています。
翌2003年「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ」にも出演。

友井雄亮さんは、前年の2001年仮面ライダーアギトでは、3人のライダーの一人でした。
Tomoi_201904_2
 仮面ライダーアギト 津上 翔一「既に仮面ライダーである男」賀集利樹
 仮面ライダーG3-X 氷川 誠「仮面ライダーになろうとする男」要潤
 仮面ライダーギルス 葦原 涼「仮面ライダーになってしまった男」友井雄亮

1年間の戦いの後、関係者はそれぞれ、それなりの生活に納まります。
 氷川 誠は、警視庁捜査1課へ異動。
 G3ユニットの仲間の小沢澄子さんは、ロンドンで大学教授。
 同じく尾室隆弘さんは、なんと後継機G5ユニットの主任。
 そして、津上翔一くんはレストランのシェフ。
Tomoi_201904_3

ところが。
友井雄亮さん演じる葦原 涼
夕日の河原で子犬を拾って、どこかへと走り去る・・・
Tomoi_201904_4
意に反して「仮面ライダーになってしまった男」。
恋人の死や、自分も倒されて復活したりと、苦しみながら戦い抜いて、、、
最後も、これですからねぇ。

さて。
主演の俳優さんたちの、その後です。
不思議ですねぇ。先の役柄と似たような経緯のようです。

G3-Xの要潤さん。
その後の人気俳優としての活躍は、どなたもご存知の通り。
公務員なみに安定した人気。
もちろん、苦労や見えない努力も多いのでしょうが。
 重版出来!
 ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~

アギトの賀集利樹さん。
あまりぱっとしませんが、時々話題になります。
大学に入りなおしたり。
バラエティー番組の中で、結婚したことを発表したり。
役柄そのままの、マイペースという感じ。

で。
ギルスの友井雄亮さん。
昨年は「純烈」のメンバーとして再度脚光を浴びて、良かったなぁと思っていたら。
・・・ねぇ。
つくづくお気の毒です。

| | コメント (0)

2019年4月28日 (日)

見てきました!!! 映画「E.T.」

「午前十時の映画祭ファイナル」の上映2作目「E.T.」 です。

いやー、何度見ても良いですねー。
何度も同じことを書いていますが、とにかく、登場人物すべてが善人。

ウチにある以前ワゴンセールで買ったセルビデオから、数カット。
Et_201904_1_1

捜索員が、ベルトに鍵をチャラチャラさせて追い回してきます。
E.T.の目線ですと、ちょうど目の高さになるのですね。
じわじわと捜査の手が伸び、ついにNASAの気密服を着た捜索員が、家に侵入。
もう、人間の方が悪のエイリアンのようです。

ですが。
捜索員はエリオットに語ります。
「私も10歳の時から彼を待っていた」
Et_201904_2_1
おぉー。
良い言葉ですねー。
彼もまた、エリオットの仲間(^^)

体調を崩すE.T.とエリオット。
医療スタッフは、懸命に治療に取り組みます。
そしてE.T.の生体反応が消えた後、エリオットに別れの時間を作ります。
「2~3分、外へ出よう」
Et_201904_3_1
おかげで、その隙に脱出されてしまうのですが(^^;
初めは意地悪だった兄や友だちも、事情を察して逃走に協力します。

とにかくどのシーンも楽しく暖かく、ハラハラ成分も程よく心地良く。
本当に、気持ちよく見られる映画ですねぇ。


ついでに書いておきます。
今回の上映は「オリジナル版」なのも、嬉しいところです。
 
ご存知の方も多いかと思います。
この映画には、手直しの入った「20周年記念特別版」と言うのがありまして。
そちらは、私にはどうもアレなもので。
例えば、ラスト近くのクライマックス。
これはオリジナルですが。
特別版では、銃がトランシーバーに代わっています。
肝心なシーンで「ここは修正が・・・」なんて、気がそれてしまう不愉快さ。
Et_201904_4_1
記憶は消せないのが、困ったものです。
今回オリジナルを見ても「修正が入っていないな」なんて思ってしまうという(-\-)

スター・ウォーズのジャバ・ザ・ハットなども、そうですね。
良く出来た映画にわずかな手直しなど、かんべんして貰いたいものです。

| | コメント (0)

2019年4月26日 (金)

残念!!!「午前十時の映画祭ファイナル」

懐かしの名作が1,100円で楽しめる、毎年恒例のシリーズ企画です。
この四月から、10年目が始まっていますが、、、
なんと、今年度が最後だそうです。
Gozen10_201904_1_1

公式サイトでは、以下の通り。
この10年で、映画館を取り巻く環境も大きく変化してきました。
そこで「午前十時の映画祭」は、今回の記念すべき第10回目をもって一区切りとし、
いったん終了させていただくことになりました。

シネマトゥデイでは、以下の通り。
「午前十時の映画祭」来年の第10回で終了 経費の負担大きく
(2018年10月1日 12時00分)
2013年には上映素材がフィルムからデジタルに切り替わるなど、環境の変化にも対応してきた。
しかし、通常の新作映画と異なり、主催者側が負担してきた宣伝費や、デジタル映写機器を提供する
サービス会社に支払うVPF(ヴァーチャル・プリント・フィー)など、諸経費の負担が当初の想定以上に増加。
これ以上の継続が難しい状況になったという。

これはもう、どうにも残念です。
私も良い年ですからね。
リーズナブルに楽しめる好企画。
これからますます、楽しめると思っていたのですが。

実際には、年にほんの数本しか見ていませんが。
ここ数年でも、黒沢明の人気作やBTTF、見逃した懐かしい名作など。
劇場でしっかり楽しむ、得難い機会だったのですが。

・見てきました!!! 映画「椿三十郎」 2018.07.04
・見てきました!!! 映画「バグダッド・カフェ」 2018.02.26
・見てきました!!! 映画「隠し砦の三悪人」 2017.09.23
・見てきました!!! 映画「ローマの休日」 2017.08.14
・見てきました!!! 映画「七人の侍」 2016.10.25
・何度でも(^^)映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3」 2016.08.13
・見てきました(^^)映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3」 2016.08.09
・見てきましたが 映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」 2016.08.02
・面白い!映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」 2016.07.29
・見てきました 映画「追憶」 2016.05.13

仕方ありません。
とにかくこれで最後。
見たい映画はカレンダーにマル付けて、見逃さないようにしましょう。

、、、と言いながら「未知との遭遇」を見逃してしまいました(^^;

| | コメント (0)

2019年3月29日 (金)

見てきました蓮田市周辺「柴山伏越」

映画「あの日のオルガン」の後に「妙楽寺」と「高虫氷川神社」。
すぐ近所で更にもう一か所、寄り道です。

河川と農業用水をトンネルで交差させるという、珍しい構築物。
埼玉県白岡市の観光協会のサイトでは、以下の通りです。

柴山伏越(しばやまふせこし)
元荒川と見沼代用水の交差地点で、元荒川の川底を見沼代用水が抜け出る構造になっています。
これは、流体を低い所に落とし、元の高さまで押し上げる連通管の理論を応用したものです。
この伏越は、享保12年(1727)に井沢弥惣兵衛為永によって「紀州流」という土木技術でおこなわれました。

蓮田市の観光協会にも「見沼代用水」の詳しい説明が。
http://hasuda-kankokyokai.com/minumadaiyousui.html

国土交通省機関水資源機構の看板では「柴山サイホン」と表記されています。
航空写真ですと、交差する用水が地下に潜るのが良く分かります。
柵があって見にくいですが「柴山伏越」の銘板もありました。
20190317_11

すぐそばのお寺に、井沢弥惣兵衛為永の分骨のお墓もあります。
曹洞宗 聚光山常福寺
埼玉県白岡市柴山1103
20190317_12
周囲はちょっとした公園として整備されています。
お寺の前には、数台分の駐車場やトイレもあります。
ここから長い桜並木が続いていて、そちらも見事なんです。

そろそろ、見ごろを迎えます(^^)

| | コメント (0)

2019年3月28日 (木)

見てきました蓮田市周辺「高虫氷川神社」

映画「あの日のオルガン」の舞台となった「妙楽寺」から、ほんの1kmほど。
「高虫氷川神社」です。
県道から少し脇に入ります。
がらーんと誰もいませんが、キレイに整備されています。
拝殿や両脇にある末社などにも、紙垂と共に紙の花の飾り物。
20190317_03_1
裏に回ってみます。
本殿は、鉄骨の「覆屋」に囲まれています。

なるほど、大変に凝った彫刻がびっしり。
龍の透かし彫りや、獅子など。
様々な人物は、きっと「二十四孝」です。

虎と逃げる老人と向かっていく若者。
20190317_04
二十四孝の「楊香」
ウィキペディアから抜粋
 楊香(ようこう)には一人の父がいた。
 ある時父と山に行った際に虎が躍り出て、今にも2人を食べようとした。
 楊香は虎が去るように願ったが叶わないと知ると、父が食べられないように
・・・以下省略

老人とひっくり返っている男。
20190317_05
二十四孝の「老莱子」ですかねぇ。
ウィキペディアから抜粋
 老莱子(ろうらいし)は、両親に仕えた人である。
 老莱子が70歳になっても、身体に派手な着物を着て、
 子供の格好になって遊び、子供のように愚かな振る舞いをし、
 また親のために食事を運ぶ時もわざと転んで子供が泣くように泣いた。
・・・以下省略

円錐形の何かを持って地面には鍬。
20190317_06
円錐形は筍ですね。
となれば、二十四孝の「孟宗」
ウィキペディアから抜粋
 孟宗(もうそう)は、幼い時に父を亡くし年老いた母を養っていた。
 病気になった母は、あれやこれやと食べ物を欲しがった。
 ある冬に筍が食べたいと言った。
・・・以下省略

その右脇には、羽の生えたトビウオのような魚。
これは「登竜門」鯉が滝を上って龍になるところでしょう。
素人目ですが、妻沼聖天山や葛飾帝釈天にもひけを取らない、立派な彫刻に見えます。
キレイに修復してちゃんと解説でも付ければ、見学者が呼び込めそうに思いますが、、、
無理でしょうか。

蓮田市観光協会で紹介されていました。
延々と氷川神社の一般論があり、ここの記述はごくわずか。
http://www.hasuda-kankokyokai.com/takamushihikawa.html
詳しく紹介している、個人のブログもありました。
https://blogs.yahoo.co.jp/rsjjr083/29136034.html


落語の「二十四孝」も有名な噺です。
私もちょうど五代目三遊亭圓楽で聞いたばかり。
「筍やら鯉やら、唐国(もろこし)の婆さんは食い意地が張っていやがる」
「そこでまた、親孝行の威徳を天が感じて、と来るんですね」
あははー。
二十四孝は「話が極端で、落ちがワンパターン」は私も同感です。

| | コメント (0)

見てきました「あの日のオルガン・妙楽寺」

ココログの不具合で、すっかり遅れました。
映画「あの日のオルガン」を見た帰りです。

この映画の舞台となったお寺は、シネコンからわずか10㎞ほど。
映画を見た帰りに、その足で「聖地巡礼」という、珍しい機会です。
実際の撮影は、全く別の場所で行われたようですが。

ウィキペディア「あの日のオルガン」で確認。
「東京・品川から埼玉県南埼玉郡平野村(現蓮田市)の無人寺・妙楽寺へ集団疎開」とあります。

地図検索で見つかります。ここですね。
・真言宗智山派 薬王山妙楽寺
・埼玉県蓮田市高虫388
・埼玉県道77号「高虫交差点」西側約100メートル

ウィキペディアで「高虫~平野~蓮田」の経緯を確認。
・1889年(明治22年) 周囲の村と合併し、高虫村から南埼玉郡平野村へ
・1954年(昭和29年)蓮田町・黒浜村と合併し、平野村から蓮田町へ
・1972年(昭和47年) 市制施行により、蓮田町から蓮田市へ
とすると、昭和20年には「平野村」ではなく「蓮田町」のようですが。
通称で、そう呼んでいたのかも知れません。
 ↑
間違えました。明治22年から昭和29年まで「平野村」ですね(^^;
いずれにしても「高虫」という、珍しい地名です。

というわけで、お寺の様子です。
立派な太い石柱に、ガムテープで映画の宣伝ビラ。
なんとも適当な感じですが、他に貼る場所もなかったのでしょう。
20190317_02
山門や本堂も、立派なもの。

由来の文章が良い感じなので、冒頭部分転記します。
  寺伝によれば、妙楽寺は弘治二年(西暦一五
 五六年)、専意の開創という。
  旧本堂は中興開山 覚本が建立、凡そ三百年、
 改修を重ね護持するも、平成十九年十月十六日
 不慮の祝融に見舞われ、全焼す。
えーと「祝融」ってなんですか?へぇー。
その他、境内の石碑などによると、以下の通りです。
・本堂修復は昭和50年
・環境整備は平成7年
・本堂新築は平成24年

昭和50年の前の修復がいつなのかは、分かりませんが。
とにかく、昭和20年当時の本堂は、200年以上を経過した建物だったようですね。

もう少し続きます。

| | コメント (0)

2019年3月18日 (月)

見てきました!!映画「あの日のオルガン」

埼玉が舞台の映画が2本同時公開という、珍しい出来事です。
先に「翔んで埼玉」を見て、もう一本の「あの日のオルガン」を見てきました。

Anohi_201903
戸越保育所の主任保母・板倉楓は、園児たちを空襲から守るため、
親元から遠く離れた疎開先を模索していた。
ようやく見つかった受け入れ先はガラス戸もないボロボロの荒れ寺だった。
幼い子どもたちとの生活は問題が山積み。
それでも保母たちは、子どもたちと向き合い、みっちゃん先生はオルガンを奏で、
みんなを勇気づけていた。
戦争が終わる日を夢見て…。
そんな願いをよそに1945年3月10日、米軍の爆撃機が東京を襲来。
やがて、疎開先にも徐々に戦争の影が迫っていた―。

小さなシネコンの、100席ちょっとという小さい部屋です。
意外と言っては失礼ですが、席は半分近く埋まっています。
観客は、若い女性から中年の男女と言う感じ。

さて映画です。
太平洋戦争末期、都内の保育園から子どもたちだけを疎開させる苦労話です。
親の反発、疎開先の荒れ寺の手入れ、地元の人との確執。
親と離れた子供たち、召集令状、大空襲など、苦労の連続。
保母さんはじめ、登場人物のキャラクターが明快。
ストーリー展開も平易で、すんなりと話に入れます。
劇場内では、あちこちからハナをすする音。

先日ロッソさんからコメント頂いた通り、主演の大原櫻子さん。
新米の保母さんを、明るくかわいく元気に演じています。
さすがはミュージシャン。
オルガンを弾きながら子どもたちと歌ったり。
同僚と自転車二人乗りでの歌が、パートが分かれた合唱になっていたり。
性格はもう、現代の若い子そのまま。
疲れると「あー。もう無理!」なんて言います。
このような言い回しは、時代考証としてはどうかと思いますが。
これはこれで構わないでしょう。

戸田恵梨香さん演じる、リーダー役で気の強い保母さん。
疎開先の荒れ寺では、雨戸やトイレやお風呂など、難問山積。
愚痴るメンバーに「問題を洗い出して順に対処しよう」と語ります。
あぁ、良いですねぇ。
ありがちな根性論ではなく、合理的な対応で好感が持てます。

終戦直前の昭和20年、もう74年も前です。
今となっては、時代考証に気を使うような昔の出来事です。
それを程よく現代的にアレンジして、すんなり物語に入れるような計算なのでしょう。

ストーリーとして、ちょっと気になったところ。

召集令状が届くエピソードが、二度登場します。
いずれも同じ展開。
「なぜ特別扱いするんですか、不公平じゃないですか」
「赤紙が来たのよ」
そこは、先に事情を説明すれば良いわけで。

大原櫻子さん演じる若い保母が行方不明。
一緒にいた子どもに聞いても、分からないと。
おいおい、いくら幼児とはいえ、さっきまで遊んでいたんだろ。
行方不明で大騒ぎの原因としては、いくらなんでもという感じ。

映像として、ちょっと気になったところ。
道路わきに咲く草花は、いかにもわざとらしい植え込みです。
また、ひな祭りは出てくるものの、季節の変化はほとんど描かれません。
予算や撮影期間の制約なのでしょう、仕方ないですね。

これらはまぁ、小さなことです。
全体として、見やすく分かりやすくテーマ明快で、良かったと思います。


おまけです。
20190317_01
近くの公園では、河津桜が満開。
近くのカフェ「箱庭」。
落ち着ける店内には、気楽に読める本がいろいろ。
ランチセットのパスタも、ほどよくリーズナブル。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年3月10日 (日)

映画「翔んで埼玉」続報

2019年2月22日(金)公開の映画について。

2019年3月9日 23時44分現在の、ネット上の評価。
合わせて、最近私が見た映画の評価も比較参考として。


Yahoo映画 評価点と件数
 ボヘミアン・ラプソディ 4.58点 / 評価:19,534件
 翔んで埼玉 4.23点 / 評価:2,941件
 万引き家族 4.01点 / 評価:8,088件
 カメラを止めるな! 3.98点 / 評価:10,932件
 アリー/ スター誕生 3.75点 / 評価:4,015件
 三度目の殺人 3.53点 / 評価:6,512件

ぴあ映画生活 満足度と件数
 ボヘミアン・ラプソディ 87点(111)
 翔んで埼玉 82点(29)
 万引き家族 79点(87)
 カメラを止めるな! 79点(109)
 アリー/ スター誕生  76点(60)
 三度目の殺人 69点(62)


埼玉県内の某シネコンの予約状況
第3週となる、2019年3月9日(日) 9時30分の回。
Tonde_20190309
前の晩のうちに、最前列A~C以外はほぼ満席。
その後の回も、同じような状況。


ライブドアニュース

2019年2月26日 5時59分
ざっくり言うと
 ・22日公開の映画「翔んで埼玉」が、3日間で興行収入3億3000万円を突破した
 ・都道府県興行収入シェアでは、「ディスられた」埼玉県が全国1位
 ・東映関係者は県民に、「感謝の気持ちをお伝えくだサイタマ」と喜んでいる

2019年3月4日 16時52分
ざっくり言うと
 ・2月22日公開の「翔んで埼玉」の興行収入が3日までで約9億5000万円となった
 ・第2週の週末の興行収入は前週比108.3%、動員数は107.2%だった
 ・前週比100%越えは、「ボヘミアン・ラプソディ」に匹敵する数字だ


私は、埼玉県内の小さなシネコンで見てきたのですが。
公開第2週、先週土曜日の朝9時です。

20190303_1 20190303_2

びっくり。
いつもならスカスカのロビーに、観客がいっぱい。
わずか3台の自動券売機に、ロープを張ってS字並び。
ちょうど「ドラえもん のび太の月面探査記」や凱旋上映「万引き家族」も公開中ではありますが。


武内英樹監督作品と言えば。
個人的には、ずいぶん前のTVドラマ「電車男(2005年)」
映画では「テルマエ・ロマエ(2012年)」「テルマエ・ロマエⅡ(2014年)」
いずれも、とても面白かったです。

ローカルネタの映画と言えば。
個人的には、深田恭子さん主演「下妻物語(2004年)」
全く期待しないで見たのですが、意外にもすごく良かったです。

これらに比べて、今回の「翔んで埼玉」。

私の感想は、省略します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年3月 6日 (水)

余談です「トクサツガガガ」

このドラマをきっかけに、原作も読み進めています。
15巻まで出ていますが、まだ半分ほどです。

様々な架空の特撮番組が出てきて、どれもこれも面白そう。
戦隊シリーズでは、こんな感じ。
・メンバーが宇宙人「異星探査ストレンジャーV(ファイブ)」
・考古学調査「探求探索シラベルーパー」
・手品師「マジカライザー」
その他も、どれもこれもユニークな意欲作。
絡繰忍者 雷伝
現代妖怪血風録 白狐丸 などなど。
Gagaga_201903_5
これら劇中劇の特集本があれば、ぜひ読みたいですねぇ。
昨年の重版出来の連載漫画の例もあります。
関連本として てれびキッズ別冊 歴代ヒーロー大特集 なんて出ないでしょうか(^^)

映画「怪獣ダゴン」というのも出てきました。
かつて17作も作られた国民的怪獣映画シリーズ、だそうです。
Gagaga_201903_6
これは明らかに「ゴジラ」のイメージですね。
ダゴン対サラマンドロス
ダゴン対バジリコッケス などなど。
サラマンドロスは、サラマンダー=火蜥蜴。
バジリコッケスは、バジリスク=蛇鶏。

で「ダゴン」です。
ほっほぉ~。そう来ましたか(^^)
これは、見逃がせません。

幻想小説の名手ハワード・フィリップス・ラヴクラフトのデビュー作と同じ名前。
ざっとこんな話です。
 海で遭難した主人公が、海底から隆起した謎の島で怪物に遭遇。
 主人公は救出された後も、あまりの恐怖に精神に異常をきたす。
例えば「マタンゴ」など、初期の特撮映画でも見られるパターンですね。

姿は断片的な描写です。
・創元推理文庫ラヴクラフト全集3 大瀧啓裕訳 1984年3月30日初版
 単眼巨人ポリュフェーモスを思わせる巨体、鱗につつまれた巨大な腕

青空文庫でも読めます。
大堀竜太郎翻訳 2015年12月24日

で。
ラヴクラフトと言えば。
代表作「クトゥルフの呼び声」
架空の神話体系「クトゥルフ神話」のルーツとなった作品。

一昨年に出た新訳も、ウチにあります。
そちらでは「クトゥルーの呼び声」星海社Fictions
今どきの若い人向けのカバーが、ちょっと気恥ずかしいですが。
これも、読み直さないといけません。

TV放映が終わっても「トクサツガガガ」は、まだまだ楽しめそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 5日 (火)

最終回です「トクサツガガガ」その2

先の「救急機エマージェイソン」のVHSセルビデオ。
仲村叶さんが高校の卒業間近に、ビデオ店の特価品として発見したもの。
エマージェイソンは「99」と表記されていますので、1999年作品なのでしょう。
仲村叶さんはTVドラマでは24歳。とすれば1999年当時は5歳。

そのビデオを通して、5歳の頃、高校生の頃、そして現在と。
回想シーンを織り込みながら、重層的にストーリーが展開します。

うーん。良いですねぇ。
私は、仲村叶さんの倍以上の年のジジイです。
自分の幼い頃や若い頃、そして子育ての頃と現在。
仲村叶さん以上に、幾重もの思いが迫り、もうたまりません。

そしてラストシーンです。
本屋さんのレジには、なんと宮内洋さん。
言うまでもない、1973年「仮面ライダーV3」風見志郎
衣装も当時のような、青いシャツに白いベスト姿。
Gagaga_201903_3

いやいや~。
宮内洋さんの活躍は、V3に留まりませんからね。
デストロンを倒した後も、まだまだ戦い続けます。
・秘密戦隊ゴレンジャー
・快傑ズバット
・ジャッカー電撃隊
更には、最前線の経験を生かして、各種組織の指揮官を歴任。
・特警ウインスペクター
・特救指令ソルブレイン
・超力戦隊オーレンジャー

これだけの輝かしい戦歴です。
幅広い年齢層の視聴者に、それぞれの世代の思い出を残しているでしょう。
これこそが、宮内洋さん出演のキーポイントでしょう。

最終回全体としては、エピソード満載で、やや詰め込みすぎという印象があります。
この点は、原作でも語られています。
・特撮番組は、1年間50話で固定されている
・不人気テコ入れなどの事情で、ストーリーが急展開することが良くある

もしかしたら、これの再現という凝った内容なのかも知れません。

まだまだ言い足りませんが、この辺で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧