映画など

2018年1月11日 (木)

両国で落語・講談「第五回愚者の会」

2018年1月6日(土)です。
おなじみになりました「第五回愚者の会」。
私は今回で三度目です。

最寄りの両国駅前の、旧両国駅舎がリニューアル。
吹き抜けの空間には土俵。周囲に飲食店が並んでいます。
「粋な江戸の食文化を楽しむ」を コンセプトにした「-両国- 江戸NOREN」だそうです。
20180106_01
両国駅から、会場のお江戸両国亭まで、歩いて数分。
今日も、約50席がほぼ埋まっています。

お江戸両国亭「第五回愚者の会」
・1月6日(土) 12:30開場・13:00開演・15:30終演
・木戸銭無料

プロではなく「社会人落語」の方々の出演です。
今回の番組は以下の通りです

「開口一番」迷酪亭つごも里
落語「初恋」万年堂きさ馬
落語「お見立て」有借亭圓さん
助演「落語」粗忽家空流
講談「豊竹呂昇」玉井亀鶴

感想と言うのもおこがましい、さくっと演目のご紹介です。

迷酪亭つごも里さん。
「大つごもり=大みそか」なので「つごもり=月末」。
落語らしい、良い芸名かと思います。
現役の大学1年生だそうです。
演目は「金魚の芸者」。
助けた金魚が若い娘になり恩返し。
お正月に夏のネタですが、手持ちがまだ少ないのでしょうか。
元気に演じていて、楽しそう。

有借亭圓さん さん。
有名な廓話「お見立て」。
良く知っているお話で、ちゃんと面白い。
安心して聞けるのは、さすがですね。

万年堂きさ馬さん。
お得意の創作落語「初恋」。
youtubeで万年堂きさ馬さんの演目を発見。
FMとやまの番組で「ラーメン寿限無」が聞けました(^^)
何とかマシマシで何とかめ。
昨今の蘊蓄ラーメン屋を、うまく笑い飛ばしていて、さすがでした。

粗忽家空流さん。
大坂から早起きしてお越しだそうです。
上方落語なので「見台」と「小拍子」で語ります。
約30年前の創作「東大一直線」というお話。
常盤貴子と佐藤浩市と木村拓哉の三角関係なんて出てきました。
おやおや大丈夫かと聞いていたら、ちゃんと「古い!」と突っ込み(^^)

玉井亀鶴さん。
こちらは講談なので「小拍子」ではなく「張り扇」ですね。
なぜたたく道具が違うのでしょう?
演目は、前回同様に初めて聞く「豊竹呂昇」というお話でした。
実在の女義太夫師の苦労話。
「山と山とは出会わぬが、人と人とは出会うもの」
おっ。
私の好きな「正直車夫」にも出てくる名セリフ。
初めての話でも聞きやすいのは、玉井亀鶴さんの上手さでしょう。

次回は7月8日(日)だそうです。



おまけです。
お江戸両国亭のすぐ近くにあるバイク店「バイク館」を、ちょっと覗いてみます。
ちょっと古めの車種を扱う店です。
それも、ピカピカのレストアではない、言うなれば実用仕様。
パリダカTX650イーハトーブなどが30~50万円と、現実的なお値段。
うーんと腕組みして眺めて、、、帰りましょう。
20180106_02
更におまけです。
トヨタのタクシー専用車、ジャパンタクシー。
ウチのスペイドにそっくり(^^)
懐かしい原田知世さん「私をスキーに連れてって」。
クルマではなく、新幹線で(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月23日 (土)

見てきました! 劇場イベント上映OVA「ガールズ&パンツァー 最終章」その3

池袋では、今日からこんなイベントが。

Gp_ikebukuro_201712_1 Gp_ikebukuro_201712_2
 ガールズ&パンツァー博覧会
 私たちが戦車道で残した轍を、たどってみませんか?

さすがに見に行く勇気は出ませんが・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月22日 (金)

見てきました! 劇場イベント上映OVA「ガールズ&パンツァー 最終章」その2

「ガールズ&パンツァー 最終章」の続きと言いますか余談と言いますか。

先日、気になった点をあれこれ書いてしまいました。

話は飛びます。
私の好きな頭文字Dで、埼玉県在住の秋山渉が、良いことを言っています。
Inid_201712
 イケてるぜ、おまえ
 見る者を強引になっとくさせる・・
 そのキレっぷり・・!!
 頭文字D 第13巻 Vol.137 封印が解かれる瞬間

作中人物の発言ではありますが。
ある世界への「没入感」を表す、名言だと思います。

例えば、頭文字Dを見て、、、
 旧型カローラで最新のスポーツカーに勝てるわけないじゃん
ストーリーに没入できず、そんな風に思うなら。
もう、見るだけ時間の無駄でしょう。

ガルパンのトンデモ振りは、頭文字D以上ですよね。
 女子高校生が乙女のたしなみとして、戦車で試合をする

トンデモな設定を生かすために、更に大きなトンデモを仕掛ける。
 巨大な「学園船」には住宅や商店や学校が並び、洋上で高校生活を送っている

その一方で、人物やメカなどは詳細に描き込み。
大きなトンデモ世界の中で、明快な人物像と大迫力の戦闘シーン。
まさに「見る者を強引に納得させる」大変良く出来たアニメだと思います。

それだけに、先のようなささいな点が、残念だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月21日 (木)

見てきました! 劇場イベント上映OVA「ガールズ&パンツァー 最終章」

「ガールズ&パンツァー」です。
以前、テレビアニメをCSの再放送で見て、すっかりハマりました。
昨年夏には、映画版を立川のロングラン爆音上映で見て、大満足でした。

さーて、待望の新作です。
全6話構成というOVAの第1話が、映画館でイベント上映です。
2017年12月9日(土)から始まっています。
Girls_201712
 大洗女子学園戦車道チーム、最後の戦い
 彼女たちは何を求めて戦うのか?

舞台は、映画版の全国大会の後です。
3年生の卒業が近づき、生徒会役員の体制も変わりました。
冬季大会に向けて、戦車をもう一台発見。
大会の初戦が始まり、予想外の窮地を脱して・・・

はい。ここまでで「続く」です(^^;

全体としては、今までと同じに充分面白かったのですが。
細々と気になる点も、幾つかありました。

以下、ネタバレですが。

新たな戦車の捜索のため、学園艦の下層に降りて行きます。
そこは、有刺鉄線で遮られ荒廃した不良の溜まり場。
おやおや。
学校内ですよ。いくらなんでも、これはないでしょう、と感じました。

今度の大会では、元生徒会広報の川嶋桃さんが隊長です。
西住みほさんは副隊長として、サポートに回ります。
理由は、大学のOA入試のための活動実績を作るため。
うーん。
「彼女たちは何を求めて戦うのか?」が、これですか。
そもそも、そんなでっちあげで入試を突破しようという発想は、いかがなものか。
この点は、今後の展開を待つことになりますが。

他の生徒会メンバーの進路についても、話が出ました。
正確ではありませんが、国立水戸納豆大学とか鮟鱇大学といった感じでした。
なるほど。
ここから分かるのは「学力は国立大レベル」と「茨城県内で進学」だけでしょう。
人物像を際立たせるディティールとしては、方向が違うと思います。
むしろ、学部や学科を教えてくれれば良いのに。
例えば「干しイモ大好きなので食物栄養学科に進む」なら、ちょっと楽しいですよね。

さーて大会が始まります。
初戦の相手は、これまでいつも一回戦敗退だったとのこと。
そのため情報が少ないので、例によって秋山優花里さんが潜入偵察。
その結果分かったのは、中高一貫校でエスカレーター組と高校入試組が対立。
チームワークは良くないようで、これなら楽勝だと思ったら。
なんと見事に裏をかかれて大苦戦。
えぇ?
これほどの作戦が立てられるチームなら、なぜこれまで弱かったのか?

その他、いつも眠そうな冷泉麻子さんが、妙にアクティブだったり。


もちろん、全体としては非常に楽しく濃密で見応えがありました。
最初のTVアニメが2012年、映画が2015年です。
この期間を考えれば、世界観がぶれていないのは、さすがというべきでしょう。
今まで「後追い」だった私としては、最新作をリアルタイムで見られるだけでも、嬉しいです。

さてこの後の5回、どうなりますかね。
ネットで調べても、情報がありません。
まだ、公開時期も決まっていないのでしょうか。

しっかりした作り込みが評判のシリーズです。
もしかすると、年に1作であと5年かかるとか・・・(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月15日 (金)

見てきました!!! 映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」その2

無駄話を少し書いておきます。
このブログ全部が無駄話ですが。

実はこの映画は、見るかどうか、少し迷いました。
西岸良平×山崎貴
まず間違いなく面白いだろうと思う一方で、
もしかすると、とんでもなくアレかも知れないとも思えました。

そのわけについて、まずは原作者の西岸良平です。

先日、簡単に「私は小学館派」と書きました。
子どもの頃は、マガジンジャンプではなくサンデー
その後は、ビッグコミックオリジナル
スポ根や超絶バトルより、穏やかなギャグ漫画や人情もの。
もちろん、例外は沢山ありますが。

さて、山崎貴監督で映画化されたのは、この2作品。
 ・三丁目の夕日:小学館のビッグコミックオリジナル
 ・鎌倉ものがたり:双葉社の漫画アクション→まんがタウン

いずれも、昭和レトロなほのぼの系ですが。
不思議な出来事は「三丁目」でも起きますが「鎌倉」では頻発します。
その内容が、結構違うんですよ。

「三丁目」で起きるのは、ほのぼのしたことばかり。
3chome_201712
・おばあさんの住んでいた村から、天狗様が訪ねてくる 60巻「おとぎ話」
・トラ猫大将が病気の北斎先生のために、鎌倉の猫頭観音に会いに行く 55巻「魔物道」

一方「鎌倉」です。
もちろん、ほのぼの話もあるのですが、かなりヤバい事件も次々と。
Kama_201712
・山菜を根こそぎ採った親子連れは、山から戻ってこない 19巻「山菜取り」
・おもちゃ屋の主人を殺した高校生は、店のおもちゃに惨殺される 19巻「姿なき復讐者」

同じ作者でも、これだけテイストが異なります。
もしも、このような猟奇的な面を強調した映画なら、見たくはないです。


次に、監督の山崎貴です。
デビュー作「ジュブナイル」「三丁目の夕日」は、私は大好きです。
「三丁目の夕日」の原作は、前述の通り。
また「ジュブナイル」も、原案はネットで話題になった「ドラえもん最終回」です。
つまりこれらは、私の好きな「小学館系」(^^;

その一方で、見たけれどアレだった作品や、  ← SPACE BATTLESHIP ヤマト
原作者がアレで、見る気にもなれない作品も。  ← 百田尚樹
そう言えば、女子高生をばったばったと惨殺する映画もありましたっけ。

というわけで。
ハマれば良いですが、万一外れるとひどい事になりかねないと、心配していました。

結果として、全くの思い過ごしで、良かったです。


さーて、この後も色々と(^^)
Kama_201712_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月14日 (木)

見てきました!!!映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」

12月9日(土)公開です。さっそく見てきました。

監督は「ジュブナイル」「三丁目の夕日」山崎貴
原作は「三丁目の夕日」西岸良平
Kama_201712_1

いやー面白い。
私は小学館派なので、原作は一部しか読んでいません。
どうなるかちょっと心配でしたが、うーんこれは良かったです。

高畑充希さん演じる、年の離れた小説家の若奥さん。
レトロで不思議な鎌倉に、お嫁に来ました。
かわいく素直な彼女は、妖怪や神様のいる町にすんなり溶け込みます。
おかげで、見ている私もすんなり物語に入り込めました。

以前、私は死に関する映画はどうも合わない、と書きました。
ですがこの映画は、生と死は連続し日常の先にあるといった描き方。
江の電で行く黄泉の国で、会いたい人に再開する死者の嬉しそうな様子。
これなら、ふんわりと暖かい気持ちで見ていられます。

不思議な世界で起きる、様々な不思議な出来ごと。
それらのすべてが、ぴたっと伏線回収されるエンディング。

たいへん楽しく気持ちの良い、後味の良い映画でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月27日 (金)

見てきました!!! 「オールナイト東宝特撮」その4

2017年10月22日(土)に見た映画の、感想の続きです。



怪獣大戦争
(1965/94分/35mm) 監督:本多猪四郎 共演:ゴジラ、キングギドラ、ラドン

新発見のX星から宇宙人が飛来。
X星で暴れているキングギドラを倒すため、地球のゴジラとラドンを貸してくれ。
ところが、地球制服をたくらむX星人は、三大怪獣で地球を攻撃!
X星人は、町の発明家の作った護身用ブザーの音に弱いことが判明し、大反撃。

とまぁ、地球防衛軍に良く似ている展開です。
ですがストーリーは、こちらの方がはるかに良く出来ています。
宇宙飛行士のX星人との恋愛など、サブストーリーも多彩で見どころたっぷり。
最後に弱点を発見し、新兵器で一気に反撃に出るところが、もうたまりません。

公開は1965年(昭和40年)12月19日。子ども向け怪獣映画の全盛期。
私は当時小学生。この映画は冬休みに連れて行って貰ったのを、良く覚えています。
絵日記も書きました。
 「ゴジラがシェーをして、おもしろかったです。」
そうだねー、本当に面白い映画だったね。



ゴジラVSキングギドラ
(1991/102分/35mm) 監督:大森一樹 共演:ゴジラ、キングギドラ、他

富士山麓に着陸したUFOは、23世紀からやってきた未来人。
日本は経済発展を続け、23世紀にはアメリカやソ連以上の超大国になっている。
これを阻止するため、キングギドラを使って20世紀の日本を破壊し経済を疲弊させようという悪だくみ。
細かいストーリーは、ややこしいので省略します。
ゴジラは、第二次大戦時に南洋の小島で生き残っていた恐竜が、放射能で突然変異。
キングギドラは、23世紀の遺伝子操作ペット動物が、その島に放たれ(以下略。

さすがはバブル絶頂期、今では考えられないような設定(^^;
お気楽な小ネタも満載です。
 第二次大戦当時にタイムマシンを見た二人の米軍兵士。
 「将来息子に話してやれ」と言われるのは、スピルバーグ少佐。
 23世紀のアンドロイドは、ターミネーターのようにクルマを追い回す。
 現代人の青年が、ダーティハリーの名台詞「Make My Day!」を叫ぶ。

身長100mのゴジラが、自分より大きい東京都庁など巨大ビル街を暴れまわる。
それなりに見応えはありますが、、、
先に見た、木造二階建ての瓦が吹き飛ぶシーンの迫力には及ばないなーと思います。



私もトシですしね、一度に映画4本は、確かに疲れます。
それでも、それぞれの時代背景も興味深く、大満足の一夜となりました。

オールナイト映画は、私は数十年振りでした。
昔の名画座のオールナイトはねー、お尻が痛くて大変でしたよ。
その記憶から、ぐったり疲れてしまうかと思ったら。
皆さんご存知の通り、今の映画館はゆったり快適で、意外に疲れませんでした(^^)
機会があれば、また行ってみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木)

見てきました!!! 「オールナイト東宝特撮」その3

2017年10月22日(土)の続きです。

さて、映画の感想です。


まずは、ガス人間第1号
(1960/91分/35mm)監督:本多猪四郎 共演:三橋達也、八千草薫

怪奇空想科学映画シリーズと呼ばれたようです。
残りの2本は「美女と液体人間」「電送人間」。
海外の、フランケンや透明人間やハエ男と同系列なのでしょう。

私は初見で、特に期待もしていなかったのですが。
意外にも、しっかり面白かったです。

人体実験で、体を自由にガス状に出来るようになった青年。
鉄格子をすり抜け、銀行の金庫から大金を強奪。
警官に銃で撃たれても平気。
狙った相手の顔にまとわりつき、窒息死させてしまう。
そして、奪った大金は衰退した日舞の家元に貢ぎます。
謎の事件を追う刑事や雑誌記者もからみ、美しく悲劇的なラストへ。

施錠された金庫室からの大金強奪の謎。
正体が判明しても、なすすべのない警察。
しがない図書館員と美しい日舞の家元の恋。

いやー、家元の八千草薫さんの美しいこと。
人生を捨てて尽くしたくなるのも、納得です。

4作品の上映順を、時系列ではなくこちらを先にするあたり、さすがという感じ。



地球防衛軍
(1957/88分/35mm)監督:本多猪四郎 共演:モゲラ、ミステリアン

宇宙人ミステリアンの地球侵略。
怪ロボット「モゲラ」が大暴れ。
防衛隊の通常兵力では歯が立たないが、鉄橋もろとも爆破して撃退。
その後、富士山のすそ野にミステリアンのドームが出現。
空中戦艦、巨大なパラボラ戦車のマーカライト熱線、電子砲を順に投入して撃退。

とまぁ、説明するほどのあらすじではありません。
新兵器が幾つも登場しますが、開発の様子が一切描写されないのが残念です。
それらを順次投入するなら、電子砲の完成を待って総攻撃の方が良さそう。
次々と戦闘が繰り広げられるだけで、盛り上がりに欠けるストーリー。

私は、この映画は子どもの頃から何度もテレビで見ています。
大きなスクリーンで見られただけで、充分嬉しいです。

ロビーのショーケース(^^)
20171021_03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月24日 (火)

見てきました!!! 「オールナイト東宝特撮」その2

2017年10月22日(土)の続きです。

見てきたのは、こんな特集です。
このラインナップで「おぉ!」と思って下さる方は、私のお友だちです(^^)
(思わなくても、お友だちではない、という訳ではありませんが)

追悼・土屋嘉男 東宝特撮 ガス人間だ!宇宙人だ!これが土屋嘉男だ!
10/21(土) 22:30~10/22(日) 5:25

ガス人間第1号(1960/91分/35mm)監督:本多猪四郎 共演:三橋達也、八千草薫
地球防衛軍(1957/88分/35mm)監督:本多猪四郎 共演:モゲラ、ミステリアン
怪獣大戦争(1965/94分/35mm)監督:本多猪四郎 共演:ゴジラ、キングギドラ、ラドン
ゴジラVSキングギドラ(1991/102分/35mm)監督:大森一樹 共演:ゴジラ、キングギドラ、他

共演:八千草薫、モゲラ、ミステリアン、ゴジラ・・・って(^^;

そもそも「土屋嘉男」って誰?という話からです。
デビューは「七人の侍」の、百姓の利吉。
キレイな奥さんを野武士に奪われた、あの若い農民。

今回上映作での役どころは、館内にあったパネルでご報告です。
20171021_02
ガス人間第一号 では、没落した日本舞踊の家元に惚れるガス人間
地球防衛軍 では、宇宙人ミステリアンの最高指揮官
怪獣大戦争 では、X星人の統制官
ゴジラVSキングギドラ では、ゴジラに深い思い入れのある巨大企業の会長

基本スペックだけで、どんどん長くなってしまいます(^^;
感想など、続きは後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月23日 (月)

見てきました!!! 「オールナイト東宝特撮」

2017年10月22日(土)です。

大きな台風21号の直撃で、週末は大荒れの天気です。
関東地方では紅葉のピークですが、二週続けて週末の雨です。
逆に言えば、屋内イベントのチャンス!

池袋の「新文芸坐」で、オールナイト上映の映画を見てきました。

まずは「新文芸坐」について。
池袋の東口から歩いて数分、ビックカメラの裏通り。
飲み屋ラーメン屋風俗店の並ぶ道の、パチンコ店の3階にある「名画座」です。

私が学生だった昭和の頃、同じ場所に「文芸坐」という名画座がありまして。
その頃からの経緯は、以下ウィキペディアから抜粋です。
・1956年3月「文芸坐」開館
・1955年12月「文芸坐地下劇場」開館 ← こちらが先なんですね?
・1997年3月6日閉館
 跡地はマルハンが借り受け、パチンコ屋ビルとして再建
・2000年12月12日にテナントとして「新文芸坐」がオープン
20171021_01

なお、現在の席数と料金はこんな感じ。
・座席数:266席
・料金(昼間二本立て):一般1350円、学生1250円 など
・料金(オールナイト):一般2300円、友の会・前売2100円 など

続きは後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧