映画など

2019年7月 9日 (火)

両国で落語・講談「第八回愚者の会」その2

さてトリは、ちょっと講談とは思えないようなタイトル。

講談「しあわせ運べるように」玉井亀鶴 さん

演題は、1995年の阪神淡路大震災の際、小学校の先生が作った歌の題名。
2011年の東日本大震災の際には、東北でも歌詞の「神戸」を置き換えて歌われたそうです。

その先生が出した同名の本の内容を、そのまま講談として演じるとのこと。
このような一人称形式で演じるのを「独白講談」というのですって。

この歌の公式サイトはこちら。
http://www.shiawasehakoberuyouni.jp/
Siawase_201907
Youtubeにも、合唱がたくさん上がっています。
川嶋あい さんの歌もありました。
島谷ひとみ さんのCDも販売中だそうです。

私も、このブログ右サイドの「リンク集」に加えました。

以下、公式サイトで公開されている歌詞です。
http://www.shiawasehakoberuyouni.jp/lyrics.html

著作権の面ではどうかと思いますが、どなたかのお役にたつかも知れません。

しあわせ運べるように(神戸オリジナルバージョン)
 作詞・作曲 臼井 真

 一、
 地震にも 負けない 強い心をもって
 亡くなった方々のぶんも 毎日を 大切に 生きてゆこう
 傷ついた神戸を もとの姿にもどそう
 支えあう心と 明日への 希望を胸に
 響きわたれ ぼくたちの歌
 生まれ変わる 神戸のまちに
 届けたい わたしたちの歌 しあわせ 運べるように

 二、
 地震にも 負けない 強い絆(きずな)をつくり
 亡くなった方々のぶんも 毎日を 大切に 生きてゆこう
 傷ついた神戸を もとの姿にもどそう
 やさしい春の光のような 未来を夢み
 響きわたれ ぼくたちの歌
 生まれ変わる 神戸のまちに
 届けたい わたしたちの歌 しあわせ 運べるように
 届けたい わたしたちの歌 しあわせ 運べるように


しあわせ運べるように(ふるさとバージョン)
 作詞・作曲 臼井 真

 一、
 地震にも 負けない 強い心をもって
 亡くなった方々のぶんも 毎日を 大切に 生きてゆこう
 傷ついた「ふるさと」を もとの姿にもどそう
 支えあう心と 明日への 希望を胸に
 響きわたれ ぼくたちの歌
 生まれ変わる 「ふるさと」のまちに
 届けたい わたしたちの歌 しあわせ 運べるように

 二、
 地震にも 負けない 強い絆(きずな)をつくり
 亡くなった方々のぶんも 毎日を 大切に 生きてゆこう
 傷ついた「ふるさと」を もとの姿にもどそう
 やさしい春の光のような 未来を夢み
 響きわたれ ぼくたちの歌
 生まれ変わる 「ふるさと」のまちに
 届けたい わたしたちの歌 しあわせ 運べるように
 届けたい わたしたちの歌 しあわせ 運べるように

| | コメント (0)

2019年7月 8日 (月)

両国で落語・講談「第八回愚者の会」

一昨年の第五回以来、一年半振りに行ってきました。
20190706_01

お江戸両国亭「第八回愚者の会」
・令和元年7月6日(土) 12:30開場・13:00開演・15:30頃終演
・入場感無量(無料)
Gusya201907_1
プロではなく「社会人落語」の方々の出演です。
今回の番組は以下の通りです
Gusya201907_2
 ~オープニングサイコロトーク~
 「開口一番」いやし亭おれお
 落語「おれおれ介護」万年堂きさ馬
 落語「五人廻し」有借亭圓さん
  お仲入り
 助演「落語」東中亭どテ珍
 講談「しあわせ運べるように」玉井亀鶴


感想というほどでもありませんが、演目などご紹介。

落語「親子酒」いやし亭おれお さん。
古典落語です。
 商家の親子が禁酒するが、我慢できない。
 二人それぞれ酔っぱらって、珍妙なやりとり。
有名なお話で、安心して聞けました。


落語「おれおれ介護」万年堂きさ馬 さん
新作落語です。
 20歳の若者がマクドナルドにバイトに出かける道すがら。
 声をかけてきたおっさんは、なんと40歳の自分自身。
 タイムトラベルして、80歳の自分の介護の手伝いを頼まれる。

あー、これは面白いですねー。
タイムトリップものには、様々なパターンがありますよね。
例えば「機械仕掛けのタイムマシンで何日も冒険して、元の時間の直後に帰る」とか。
移動手段については「穴に飛び込む」。
ドラえもんの、にゅーっと空間に穴が開くアレですか。
年代別の三人で昼夜土日の介護を分担しよう、という話が出ます。
つまり「トリップの前後で同じ時間が経過する」というパターンですね。
その上、曜日まで考慮するという(^^)

さぁ、どんなオチが付くでしょう。ネタバレは避けておきます。
僭越ながら、私も幾つか思いつきました。
 80歳の自分が出かけようとする。「どこへ行くの?」と聞くと、、、
 「200歳の自分に会ってくる」
 「60年前のマクドナルドに行ってくる」
なんて。


落語「五人廻し」有借亭圓さん さん
古典落語の有名な噺。
 遊郭で「廻し」を取られた、様々な客の様子。
個性的な客を演じ分けるのがポイントでしょう。
以前も廓話「お見立て」を演じていらっしゃいました。
聞きなれた噺を聞きやすく演じていて、安心して楽しめます。


新作落語(タイトル不明)東中亭どテ珍 さん
助演の方です。
まずは自己紹介。
浪人して東大に入学したそうです。
玉井亀鶴さんとはSNSで知り合ったそうです。

新作落語でタイトルは分かりません。
 八っつあんがご隠居を訪ねて世間話。
 「幽霊っているんですかね?」
 あれこれ話をしてから、、、
 「自分では気づいていないだろうが、お前はもう死んで幽霊になっているよ」。
 御隠居さんは頭が割れているし、二人とも着物びしょびしょ。
 実は、二人とも死んでいる。
 映画「シックス・センス」のようだと映画のネタバレ。
 抱き合えずポーズだけなのは「ゴースト/ニューヨークの幻」のようだと笑わせる。

おー。
噺のはじまりは八っつあんご隠居で、形通りの落語かと思わせておいて。
だんだんと、ミステリーじみてきて。
後から二人の見た目を語り、どーんと不思議な世界に落ちていく、、、
これは面白いですねぇ。


長くなりました。
玉井亀鶴さんについては、後ほど。

| | コメント (0)

2019年7月 5日 (金)

見てきました!!! 映画「日本のいちばん長い日」

私には面白さが分からなかった「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」

今度の映画は「午前十時の映画祭ファイナル」の中でも、楽しみにしていた一本。
Gozen10_201906_1
たまらなく面白い「日本のいちばん長い日」です。
岡本喜八監督、1967年、三船笠志村島田黒沢加山などなど東宝オールスター総出演。
Gozen10_201906_2

昭和20年8月15日正午の玉音放送に至る一日が描かれます。
連合国から出されたポツダム宣言に対し、日本政府は「静観」。
ところが連合国側はこれを「黙殺」と受け止める。
広島長崎には原爆が投下され、北海道にはソ連が侵攻し、絶体絶命の日本。
それでも、強硬に本土決戦を主張する陸軍大臣。
御前会議を経て、ついにポツダム宣言受諾、無条件降伏が決まる。
これを不服とする陸軍将校は、近衛師団長を襲って・・・

ウィキペディア「宮城事件」を、そのまま詳細に描いている感じです。
前半は延々と会議のシーン。
例えば「ポツダム宣言」に関するこんな議論。
 国体護持については「連合国最高司令官に従う(subject to)ものとする」という回答。
 外務省は「制限の下に置かれる」と訳し、終戦を進めようとした。
 陸軍では「隷属するものとする」と解釈し、戦争続行を主張。

後半は、主に陸軍のクーデター未遂の顛末。
その合間に、横須賀の海軍基地、児玉の特攻隊の出撃、横浜警備隊の政府関係者襲撃など。
更には、陸軍大臣の切腹、玉音の録音盤を預かった宮内庁職員などなど。

2時間半という長編、登場人物もシーンもすごく多いです。
それでも、テロップで場所や人物の説明が入るので、分かりやすい。
例えば「恋人との別れ」とか「ちょっと良い話」のようなエピソードは一切なし。
じりじりとした真夏の暑さが、画面を通して伝わってくるような緊迫感。
とにかく面白い、見応えのある映画です。

最後に、話をゴジラにつなげます。
あの「シン・ゴジラ」の庵野秀明監督は、岡本喜八監督の大ファンだそうで。
ふたつの映画の類似については、ネット上でも多く語られています。

ストーリーの面では
 ・題材は異なるものの国家存亡の危機
 ・延々と続く対策会議
 ・事務方の必死の活躍

映画の技法としては
 ・場所や人物の説明にはテロップを多用
 ・短いカットでテンポよくシーンを繋ぐ映像表現

岡本喜八監督の太平洋戦争に関する作品は、もう一本「激動の昭和史 沖縄決戦」1971年。
こちらについても、機会があれば。

| | コメント (0)

2019年7月 1日 (月)

新聞に全面広告2ページ「君の名は。」

6月30日(日)です。
映画「君の名は。」の2度目の地上波テレビ放送がありました。
朝の新聞には、全面広告が2ページ。
Kiminona201906_2 Kiminona201906_1
片面が瀧くん、もう片方が三葉さん
三葉さんの方だけ、左右反転した文章が添えられています。
 言おうと思ったんだ・・・
 お前が、世界のどこにいても、
 俺が必ずもう一度会いに行くって。

この2ページが裏表一枚になっています。
これを透かして見ると、二人が出会えるというもの。
もちろん「カタワレ時」の夕日に透かしたいですが、何しろ梅雨の真っ最中(^^;
仕方ないので、小雨で薄明るいガラス窓にぺたり。
Kiminona201906_3
おぉー。
これはすごい。
という訳で、凝った広告でびっくりです。
ちなみに、視聴率ですが。
2018年1月3日の地上波初放送の17.4%。今回が12.4%だそうです。

さて、少し話は変わります。

新海誠監督の最新作「天気の子」が 2019年7月19日に公開されます。
これに合わせた話題作りとして、どーんと経費をかけているのですね。
それだけ、新作への期待が大きいのでしょう。

ですが、、、そううまく行くでしょうか?
私は、ちょっと難しいのではないかと思います。

前作の「君の名は。」、私ごときが大ヒット作の分析をしても仕方ないですが。
Kimino_1 Kimino_2
 この夏、日本中が恋をする。
 夢の中で“入れ替わる”少年と少女の恋と奇跡の物語。

個人的には、以下のような点が良かったと思っています。
とにかく、馴染みやすいネタがずらり。
 舞台は現代の東京と田舎で、誰でも感情移入しやすい
 男女が入れ替わりという、良くあるコミカルな展開
 運命で結ばれた二人の再会という、お約束の展開
 彗星衝突による大事件の面白さ
これらのベタな状況を、時間の交錯で深みのあるストーリーに仕上げています。

一方、今度の「天気の子」です。
Tenki_1 Tenki_2
ふわりと浮かんだ少女の絵柄。
 これは、僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についての物語。
 天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」するストーリー。

なるほど、従来の「ほしのこえ」などのような、異世界のファンタジーという感じでしょうか。
うーん。
このような「世界の秘密」「調和が狂っていく時代」といった話って。
特に見たいと思う人は、多くはないかも知れない、、、と思ってしまいます。

| | コメント (0)

2019年6月30日 (日)

見てきました!!! 映画「ガールズ&パンツァー 最終章 第2話」その5

映画と言いますか、OVAの特別上映「ガールズ&パンツァー 最終章 第2話」

今回の「特二式内火艇」は実在ですが、様々な映画で架空兵器が登場します。

例えば、日本のゴジラシリーズに登場する「メーサー殺獣光線車」
東宝特撮映画では、海底から発進しロケットで空を飛ぶ「海底軍艦 轟天号」
007シリーズでは「水陸両用ロータス・エスプリ」
これらスーパーメカの活躍シーンは、特撮映画(^^;の醍醐味のひとつでしょう。

ここで、話は先日のゴジラに戻るのですが。

我らが自衛隊の切り札「メーサー殺獣光線車」は、ハリウッドのシリーズでは、まったく登場しません。

アメリカには、スパイダーマンアイアンマンバットマンなどなど、等身大のヒーローは沢山います。
彼らは、格好良い架空の武器を沢山装備していますよね。
それなのに、こちらゴジラには一切出てこないのは、なぜでしょうか?

きっとあの国の人は「そういうのは要らない」と思っているのだろう、と思い当たりました。
 我がステーツの軍隊は、リアルに世界最強だし。
 仮にゴジラがリアルに現れたとしても。
 本気出せば、核ミサイル一発で殲滅できるし。


なんて思っているのでしょう。きっと。
だから「人知を超えた存在」としてのゴジラの映画なんて作れないのでしょうね。
なんて思いましたね。

| | コメント (0)

2019年6月29日 (土)

見てきました!!! 映画「ガールズ&パンツァー 最終章 第2話」その4

映画と言いますか、OVAの特別上映「ガールズ&パンツァー 最終章 第2話」

今回は、二回戦の前半が描かれます。

相手は、あの知波単学園
劇場版では、無謀な突撃ばかりの「道化役」でした。
ところが今回は、大きく成長して大洗女子学園と互角の戦いを繰り広げます。

戦闘の舞台は、太平洋戦争の激戦地を思わせる、蒸し暑い密林。
知波単学園は、以前のような無謀な突撃一本ではない、冷静で組織的な戦い。
前進しない「足踏み突撃」とか、後退しながら「さよなら突撃」で、大洗女子学園を苦しめます。
そして反撃されて、絶体絶命のピンチに陥ります。
ついに、隊長の西絹代さんは、きっぱりと「撤退」を命令。
いやー素晴らしい。
しっかりとした成長を見せてくれますねぇ。

それから、メカのお話です。
なんと。
知波単学園は「特二式内火艇」による奇襲攻撃を仕掛け、大洗女子学園を苦しめます。

これですよ(^^)
なにしろ「水陸両用戦車」ですからね。
現実に存在した特殊構造の戦車が、その特徴を生かして活躍する。
たまりませんねぇ。

| | コメント (0)

2019年6月28日 (金)

見てきました!!! 映画「ガールズ&パンツァー 最終章 第2話」その3

映画と言いますか、OVAの特別上映「ガールズ&パンツァー 最終章 第2話」

もちろん、戦闘シーンも良かったです。

前回の続きの、BC自由学園との一回戦。
戦いの舞台は「ボカージュ」へと移動します。
Gp_201906_4
お。出ましたねぇ。
この機会に、歌詞を引用します(^^:

あんこうチーム「それゆけ!乙女の戦車道!!」
 『一番、通信手、武部沙織!』
 無限軌道でボカージュ越えて まだ見ぬあの人 会いにいこ
 わたしの高ぶり徹甲弾 あなたのハートをつきくだく
 装甲が薄くたって 主砲がしょぼくたって それはそれ
 愛の電撃戦 白無垢の戦士 これがわたしの戦車みち

話は逸れちゃいますけど。
この後の歌詞も、面白いんです。
チームメンバーが順に歌うのですが。
 『四番、操縦手、冷泉麻子』
朝寝坊の麻子さんだけ「!」が付きません(^^)

| | コメント (0)

2019年6月27日 (木)

見てきました!!! 映画「ガールズ&パンツァー 最終章 第2話」その2

映画と言いますか、OVAの特別上映「ガールズ&パンツァー 最終章 第2話」

とにかく、ディティールが面白い。
例えば、フリータイムの過ごし方も各人各様。

アヒルさんチームは、知波単学園の福田さんと「たらし焼」を食べます。
福田さん、新しい「気付き」を得たようです。

西住みほさんは、大学選抜チームの島田愛里寿さんとボコミュージアムへ。
Gp_201906_3
キレイにリニューアルされて、アトラクションも楽しそう。
でも、相変わらずお客の入りが悪いようで、心配です。

その他、夜戦の休憩では、メンバーそれぞれ個性のあるお弁当を食べていたり。

これですよ(^^)
まずは、しっかりした物語の枠組みがあって。
その中で、個性的なキャラクターがいきいきと活躍して。
そして、個性を際立たせるような「小ネタ」の数々。
こうでなくっちゃ。

え?
何の映画と比べて言っているのか、ですか?
それはもう。決まっていますよ。
先日のアレ

| | コメント (0)

2019年6月26日 (水)

見てきました!!! 映画「ガールズ&パンツァー 最終章 第2話」

映画と言いますか、OVAの特別上映「ガールズ&パンツァー 最終章 第2話」
Gp_201906_1
6月15日(土)公開、上映時間54分、特別料金1200円。
各種割引の適用外なので、シニア料金などより高くなります(^^;

2017年12月の第1話に続く、1年半振りの第2話です。
 2017年12月21日(木) 見てきました! 劇場イベント上映OVA「ガールズ&パンツァー 最終章」

全6話構成とのことですので、このペースで行けば、、、
完結は、なんと6年後の2025年6月(^^;
6年後を想像すると、、、ちょっと参ります(-_-)
と言いますが、私自身がもう、どうなっているのか・・・

それはさておき。
今回も、大変面白かったです。
以下、たっぷりとネタバレしますので、ご了承下さい。

第1話の時にも書きましたけど。
今度の大会では、元生徒会広報の河嶋桃さんが隊長です。
西住みほさんは副隊長として、サポートに回ります。
理由は、大学のOA入試のための、活動実績を作る。

おやおやと思いましたが。
今回は彼女の家庭環境が描かれます。
実家は、いかにも流行っていない文房具店。
大勢の弟妹、その上お母さんは病弱。
喜んで食べるおやつは、食パンの耳を揚げたもの。
うわ。
絵に描いたようなアレな家庭、、、って絵に描いているのですが(^^;
つまり、経済的理由で国立大学を目指す、というわけですか。

Youtubeで、第2話の冒頭部分が公開されています。
なんと、全編54分のうち11分(^^;
失礼して、そこからキャプチャさせて頂きます。
Gp_201906_2
 志望校
 鮟鱇大学(国立)
 文学部 経済学部 鮟鱇心理学部

 合格可能性
 判定
 記念に受けてみるのもいいんじゃないでしょうか

ありゃ。記念受験レベルですか。
それでは、OA入試で入学出来ても、その後が心配ですねぇ。

| | コメント (0)

2019年6月24日 (月)

見てきましたが、、、、、映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」その2

映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」の感想です。

先のように、過去の怪獣映画の大ネタ小ネタ盛り沢山の映画でした。
で。
面白いかと言いますと、、、
正直なところ、私はぜんぜんダメでした。

人間のストーリーとしては、ふたつの軸があります。
 ・怪獣を管理する国際機関とテロリスト組織の攻防
 ・離婚した夫婦と娘が敵味方

いずれの設定も見せ方も展開も、どこに視点を置いて楽しめば良いのか。
私には分からずじまい。
おかげで、私にはワクワクもハラハラもドキドキも感じられませんでした。

映像については言うまでもないですね。最新技術による大怪獣の戦闘シーン。
その一方で、、、
 巨大怪獣の戦いの足元で、人間同士の戦い。
 飛んでくる瓦礫や壊れた自動車も、彼らはぜんぜん気にならない様子。
 危ないから、とりあえずそこから離れた方が良くない?
 でもどうせ、ブツからないんだよね。

そんなわけで。
大迫力の大怪獣の大暴れや巨大戦闘母艦や戦闘機群も。
その逆の芹沢博士の沈痛な表情も、私にはまったく響きませんでした。

先日の最初に書きました。
ゴジラとは何か?
あくまで「私にとって」ですが。

先のような、私の子ども時代の昭和の怪獣映画を思い出してみます。
それらの中にも、かなりアレな作品もあります。
例えば「ドゴラ」「バラン」のストーリーなんて、本当にひどい。
他の作品でも、今の感覚では笑ってしまうような荒い展開が目立ちます。

それでもね。
当時のお決まりのパターン。
 ・迫りくる大怪獣や宇宙人の超兵器
 ・都市や村を破壊され逃げ惑う人々
 ・必死に戦う防衛軍
 ・やっと完成した新兵器や味方の怪獣の活躍
 ・それらをとりまく人間模様

陳腐な表現ですが、今見ても面白いですよ。

改めて実感します。
とにかく私は「面白い話」が見たいのだなと。
それがあってこそ、特撮シーンも大ネタ小ネタも生きてくるのだなと。

余談ですが。
このブログには、ずいぶんあれこれ書き散らしていますが。
見てもブログに書かなかった映画も、何度もあります。

 ニュージーランドでロケ地を見てきた「ウルヴァリン」
 私には、話がぜんぜん面白くなくてダメでした。

 モンスターバース第二作「髑髏島の巨神」は家で見ました。
 つまらなくはないですが、まぁこんなものかと。

 シリーズ続々「スターウォーズ」。
 面白くて何度も見返すのは、最初の三部作だけ。

うーん。
どうも、ねぇ。
平成仮面ライダーを見て「ショッカーは出ないのか?」と言っているみたい。

私がもう、現代の映画作品に付いて行けなくなっている、のでしょうか。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧