映画など

2017年10月27日 (金)

見てきました!!! 「オールナイト東宝特撮」その4

2017年10月22日(土)に見た映画の、感想の続きです。



怪獣大戦争
(1965/94分/35mm) 監督:本多猪四郎 共演:ゴジラ、キングギドラ、ラドン

新発見のX星から宇宙人が飛来。
X星で暴れているキングギドラを倒すため、地球のゴジラとラドンを貸してくれ。
ところが、地球制服をたくらむX星人は、三大怪獣で地球を攻撃!
X星人は、町の発明家の作った護身用ブザーの音に弱いことが判明し、大反撃。

とまぁ、地球防衛軍に良く似ている展開です。
ですがストーリーは、こちらの方がはるかに良く出来ています。
宇宙飛行士のX星人との恋愛など、サブストーリーも多彩で見どころたっぷり。
最後に弱点を発見し、新兵器で一気に反撃に出るところが、もうたまりません。

公開は1965年(昭和40年)12月19日。子ども向け怪獣映画の全盛期。
私は当時小学生。この映画は冬休みに連れて行って貰ったのを、良く覚えています。
絵日記も書きました。
 「ゴジラがシェーをして、おもしろかったです。」
そうだねー、本当に面白い映画だったね。



ゴジラVSキングギドラ
(1991/102分/35mm) 監督:大森一樹 共演:ゴジラ、キングギドラ、他

富士山麓に着陸したUFOは、23世紀からやってきた未来人。
日本は経済発展を続け、23世紀にはアメリカやソ連以上の超大国になっている。
これを阻止するため、キングギドラを使って20世紀の日本を破壊し経済を疲弊させようという悪だくみ。
細かいストーリーは、ややこしいので省略します。
ゴジラは、第二次大戦時に南洋の小島で生き残っていた恐竜が、放射能で突然変異。
キングギドラは、23世紀の遺伝子操作ペット動物が、その島に放たれ(以下略。

さすがはバブル絶頂期、今では考えられないような設定(^^;
お気楽な小ネタも満載です。
 第二次大戦当時にタイムマシンを見た二人の米軍兵士。
 「将来息子に話してやれ」と言われるのは、スピルバーグ少佐。
 23世紀のアンドロイドは、ターミネーターのようにクルマを追い回す。
 現代人の青年が、ダーティハリーの名台詞「Make My Day!」を叫ぶ。

身長100mのゴジラが、自分より大きい東京都庁など巨大ビル街を暴れまわる。
それなりに見応えはありますが、、、
先に見た、木造二階建ての瓦が吹き飛ぶシーンの迫力には及ばないなーと思います。



私もトシですしね、一度に映画4本は、確かに疲れます。
それでも、それぞれの時代背景も興味深く、大満足の一夜となりました。

オールナイト映画は、私は数十年振りでした。
昔の名画座のオールナイトはねー、お尻が痛くて大変でしたよ。
その記憶から、ぐったり疲れてしまうかと思ったら。
皆さんご存知の通り、今の映画館はゆったり快適で、意外に疲れませんでした(^^)
機会があれば、また行ってみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木)

見てきました!!! 「オールナイト東宝特撮」その3

2017年10月22日(土)の続きです。

さて、映画の感想です。


まずは、ガス人間第1号
(1960/91分/35mm)監督:本多猪四郎 共演:三橋達也、八千草薫

怪奇空想科学映画シリーズと呼ばれたようです。
残りの2本は「美女と液体人間」「電送人間」。
海外の、フランケンや透明人間やハエ男と同系列なのでしょう。

私は初見で、特に期待もしていなかったのですが。
意外にも、しっかり面白かったです。

人体実験で、体を自由にガス状に出来るようになった青年。
鉄格子をすり抜け、銀行の金庫から大金を強奪。
警官に銃で撃たれても平気。
狙った相手の顔にまとわりつき、窒息死させてしまう。
そして、奪った大金は衰退した日舞の家元に貢ぎます。
謎の事件を追う刑事や雑誌記者もからみ、美しく悲劇的なラストへ。

施錠された金庫室からの大金強奪の謎。
正体が判明しても、なすすべのない警察。
しがない図書館員と美しい日舞の家元の恋。

いやー、家元の八千草薫さんの美しいこと。
人生を捨てて尽くしたくなるのも、納得です。

4作品の上映順を、時系列ではなくこちらを先にするあたり、さすがという感じ。



地球防衛軍
(1957/88分/35mm)監督:本多猪四郎 共演:モゲラ、ミステリアン

宇宙人ミステリアンの地球侵略。
怪ロボット「モゲラ」が大暴れ。
防衛隊の通常兵力では歯が立たないが、鉄橋もろとも爆破して撃退。
その後、富士山のすそ野にミステリアンのドームが出現。
空中戦艦、巨大なパラボラ戦車のマーカライト熱線、電子砲を順に投入して撃退。

とまぁ、説明するほどのあらすじではありません。
新兵器が幾つも登場しますが、開発の様子が一切描写されないのが残念です。
それらを順次投入するなら、電子砲の完成を待って総攻撃の方が良さそう。
次々と戦闘が繰り広げられるだけで、盛り上がりに欠けるストーリー。

私は、この映画は子どもの頃から何度もテレビで見ています。
大きなスクリーンで見られただけで、充分嬉しいです。

ロビーのショーケース(^^)
20171021_03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月24日 (火)

見てきました!!! 「オールナイト東宝特撮」その2

2017年10月22日(土)の続きです。

見てきたのは、こんな特集です。
このラインナップで「おぉ!」と思って下さる方は、私のお友だちです(^^)
(思わなくても、お友だちではない、という訳ではありませんが)

追悼・土屋嘉男 東宝特撮 ガス人間だ!宇宙人だ!これが土屋嘉男だ!
10/21(土) 22:30~10/22(日) 5:25

ガス人間第1号(1960/91分/35mm)監督:本多猪四郎 共演:三橋達也、八千草薫
地球防衛軍(1957/88分/35mm)監督:本多猪四郎 共演:モゲラ、ミステリアン
怪獣大戦争(1965/94分/35mm)監督:本多猪四郎 共演:ゴジラ、キングギドラ、ラドン
ゴジラVSキングギドラ(1991/102分/35mm)監督:大森一樹 共演:ゴジラ、キングギドラ、他

共演:八千草薫、モゲラ、ミステリアン、ゴジラ・・・って(^^;

そもそも「土屋嘉男」って誰?という話からです。
デビューは「七人の侍」の、百姓の利吉。
キレイな奥さんを野武士に奪われた、あの若い農民。

今回上映作での役どころは、館内にあったパネルでご報告です。
20171021_02
ガス人間第一号 では、没落した日本舞踊の家元に惚れるガス人間
地球防衛軍 では、宇宙人ミステリアンの最高指揮官
怪獣大戦争 では、X星人の統制官
ゴジラVSキングギドラ では、ゴジラに深い思い入れのある巨大企業の会長

基本スペックだけで、どんどん長くなってしまいます(^^;
感想など、続きは後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月23日 (月)

見てきました!!! 「オールナイト東宝特撮」

2017年10月22日(土)です。

大きな台風21号の直撃で、週末は大荒れの天気です。
関東地方では紅葉のピークですが、二週続けて週末の雨です。
逆に言えば、屋内イベントのチャンス!

池袋の「新文芸坐」で、オールナイト上映の映画を見てきました。

まずは「新文芸坐」について。
池袋の東口から歩いて数分、ビックカメラの裏通り。
飲み屋ラーメン屋風俗店の並ぶ道の、パチンコ店の3階にある「名画座」です。

私が学生だった昭和の頃、同じ場所に「文芸坐」という名画座がありまして。
その頃からの経緯は、以下ウィキペディアから抜粋です。
・1956年3月「文芸坐」開館
・1955年12月「文芸坐地下劇場」開館 ← こちらが先なんですね?
・1997年3月6日閉館
 跡地はマルハンが借り受け、パチンコ屋ビルとして再建
・2000年12月12日にテナントとして「新文芸坐」がオープン
20171021_01

なお、現在の席数と料金はこんな感じ。
・座席数:266席
・料金(昼間二本立て):一般1350円、学生1250円 など
・料金(オールナイト):一般2300円、友の会・前売2100円 など

続きは後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

つかみはバッチリ!!! テレビ東京「ユニバーサル広告社」

テレビ東京、金曜夜8時の新番組です。
Universal_20171020
直木賞作家・荻原浩の人気作品“ユニバーサル広告社”
シリーズ初の連ドラ化!
かつては一流広告代理店の売れっ子であり、時代の寵児とも言われた時もあった杉山(沢村一樹)。
自分の力を信じて、大手広告代理店を飛び出し独立を考えたが思い描いていたようにうまくは行かず、弱小会社「ユニバーサル広告社」に拾われる。
不運は続き、会社の移転でたどり着いたのが港町の寂れたシャッター商店街…。
だが、どんなに寂れて活気がない町でも、人が生きている以上、悩みがあり、小さな依頼だが仕事がある。
新天地で弱小広告社の新たな奮闘が始まる。

原作は、私の好きな荻原浩さんです。
映画化もされた「明日の記憶」や「愛しの座敷わらし」など。
心温まる、いい話を書く方です。
脚本は、岡田惠和という方。
NHKの連続テレビ小説「おひさま」や「ひよっこ」を手掛けた方ですって。
主演は、 沢村一樹和久井映見
広告社のメンバーは、三宅裕司要潤片瀬那奈

これはもう、間違いないですねー。
というわけで、第一話です。

流行らない広告会社は、寂れたシャッター商店街に移転。
結婚式場「鶴亀会館」から、今夜中にポスター作り直しという難題。
息子が社長を引き継ぎ、ターゲットを熟年に絞ろうという。

そして出来上がったポスター。
20171020

 人生の花は、いつ咲いても美しい。
 私たちは、可愛く華やかな大人婚を応援します。
 鶴亀会館

おぉー。
やはり良いですねー。
基本的に、悪い奴や敵は出てこない。
置かれた状況で、しっかりがんばる人たち。
毎週の楽しみが増えました(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月28日 (木)

見てきました!!映画「パターソン」

古今東西、娯楽映画の最高峰、黒沢明の時代劇。
七人の侍」「隠し砦の三悪人」「用心棒」「椿三十郎」

何度見ても楽しい超大作、良いですよねー。
今度は、さっくりと軽いものをひとつ。

映画「パターソン」
Peterson_201709
 妻にキスし、バスを走らせ、愛犬と散歩する、いつもと変わらない日々。
 それは美しさと愛に溢れた、かけがえのない物語。
 毎日が、新しい
 2017年8月26日(土)ロードショー

以前何本かご報告した「淡々系」と言ってよいでしょうか。
舞台は、アメリカ合衆国東部のニュージャージー州にあるパターソン市。
かつてアメリカの工業化の先端を走り、その後の空洞化を経験している場所のようです。

主人公の名前もパターソン。
東京都中野区の中野さんや石川県金沢市の金沢さん、みたいな。
どこにでもいる誰か、ということなのでしょう。

主人公は若い路線バスの運転手。
彼は、毎朝6時過ぎに起き出して。
一人でシリアルの朝食を食べて。
奥さんの用意したランチボックス持って、出勤。
趣味は詩を書くこと。
秘密のノートに書きためて、読者は奥さんだけ。
お昼の休憩時間には、美しい滝の見えるベンチ。
バックには、彼の作った詩が、文字とナレーションで流れます。

奥さんも、ちょっと芸術系。
部屋のカーテンを模様替えをしたり。
ネットショッピングで教則本付きのギターを買ったり。
カップケーキを沢山焼いてバザーで売ったり。

月曜日から始まり、週末まで。
淡々とした日々が綴られます。
まるっきり同じでもなく、小さな変化。
バスのお客さんとか、出逢う人とか。

そうそう。
朝6時過ぎの目覚めのシーンです。
たしか水曜日あたり、奥さんは何も身に付けていませんでした。
ははーん(^^)

滝の見えるベンチで、彼は日本人の旅行者と出会い、詩の話をします。
うまいことを言っていました。
「詩を翻訳して読むのは、レインコートを着てシャワーを浴びるようなものだ」
そこまで言わなくても・・・(^^;
映画も文学も、国際的なコンテンツですからね。


私も、レインコートの一人です。
それでも、ゆったりと良い気分に浸れました。
映画館を出て、青空を見上げて、ぼそぼそ気に入った言葉をつぶやいてみたり。

映画館も、良いところなんですよ。
川崎の「チネチッタ」。イタリア風のおしゃれなシネマコンプレックス。
年間動員数や興業収入で、何度も全国一位になっているそうです。
20170927
ここに初めて来たのは、2009年「男はつらいよ」40周年記念上映でした。
そんなことを思い出して、気分は街角詩人から、いきなり寅さんに(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

見てきました!!! 映画「隠し砦の三悪人」

2017年9月17日(日)、一週間前です。

クルマで「深谷シネマ」に行きました。
NPOが運営する「酒蔵の映画館」です。
20170917_01

大林信彦、山田洋次、高畑勲監督の色紙、吉永小百合さんのメッセージ。
心地よいカフェスペース。
収容人数は100人足らずですが、上質なシートが見やすく配置され、快適です。
何回か通っていますが、このブログでの最初のご報告はこちら。

 2010年6月27日(日) がんばれ!深谷シネマ

今日の上映作品は、黒沢明「隠し砦の三悪人」です。
ジョージ・ルーカスが「スター・ウォーズ」の元にしたという超娯楽大作。
それがなんと500円の特別料金、その上フィルム上映(^^)

侍大将とお姫さまに、間抜けなコンビ。
困難を乗り越えての敵中突破。
大迫力の騎馬での高速戦闘。
そして絶対絶命のピンチに、思わぬ援軍。

シンプルながら、細部まで練りに練られたストーリー。
まさに「スター・ウォーズ」以上の面白さ。
久し振りにスクリーンで見られて、大満足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

さて次の映画は・・・

是枝裕和監督の新作「三度目の殺人」が、9月9日(土)から公開されています。

とても好きな監督さんなのですが。
これはちょっと、やめておこうかな、と思います。
Sandome_20170909

後出しジャンケンですけど。
先日の「関ヶ原」もねぇ、どうかなぁと思ったら、案の定でしたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

見てきました映画「関ヶ原」

先日公開された映画です。
テレビCMはもとより、スーパーにまでチラシが置いてあったり。
派手な宣伝が目に付きます。
Sekigahara_201709
 累計部数580万部超!司馬遼太郎『関ヶ原』が完全映画化!
 日本映画界屈指の監督・キャストで描く空前絶後の戦国エンタテインメント超大作!

原作は、あの司馬遼太郎先生の長編。
そして昨年は、NHK大河ドラマ「真田丸」を楽しんだばかり。
同じ時代が、違う視点でどう描かれるか、これは楽しみです。

何しろ原作は3巻に及ぶ大作です。
どのように2時間半の映画にまとめるか、そこも興味深いところです。


さーて始まりました。
はじめに、少年時代の司馬遼太郎が登場。
これに加えて、小説の冒頭部分のナレーション。
そして、有名な豊臣秀吉と少年の石田三成の出会いのエピソード「三献茶」に繋がります。
これは上々のすべり出しだと、嬉しくなりました。
ところが。

あとはもう、画面がどんどん切り替わり、主要なエピソードが次々と展開。
さすがに、場所や人物名程度は画面に表示されますが、なんとも慌ただしい。
もうストーリーを追うだけで精いっぱい。

もう少し、どうにか出来なかったでしょうか。

たとえば、家康の会津征伐に対して三成が上杉との挟撃を計画するシーン。
部屋一杯に敷物や置物を並べ、それを地図に見立てて話をします。
そんな凝ったことをする代わりに、普通に紙の地図で説明してくれればよいのに。

会津征伐に関しては、直江兼続は出ますが直江状は出て来ません。
これは、家康が書状に激怒した訳ではなく、会津征伐すべて策略だったという描き方ですね。
ついでに、上杉景勝は出ません。

これも有名な、細川ガラシャが西軍の夫のため屋敷に火を放って自害するエピソード。
それがただ、屋敷が火事だと騒ぐだけだったようです。

関ヶ原の合戦のキモといえば、小早川秀秋の寝返りでしょう。
確か原作では、秀秋は愚かな人物で家康の恫喝により寝返ったと記憶しています。
映画では、家臣たちが情勢を見極めて?秀秋の意に反して?事を進めたようでした。
原作と違っても、それは構わないのですが。
もう少し分かりやすく、盛り上げる演出があったらと思います。

キリがないので、このへんで。

まぁねぇ。
こういった映画のキモは、どこを刈り込みどこを強調するかの方向性でしょう。
とにかく、あれこれ盛り込んでいたら、何時間あっても足りないですもんね。
それでも、ねぇ。
繰り返しになりますが、もう少し、どうにか出来なかったでしょうか。

もちろん、良い見どころもありました。

豪華絢爛の俳優陣による、家康や三成など迫力のある武将っぷり。
人気絶頂の有村架純をはじめ、忍者の暗躍も面白い。
薩摩弁や三河弁は、すごいリアリティでした。
当時は、各地方で言葉も気質も大きく違う、別の国だったことが、良く伝わってきました。

そのように、個々のシーンは結構見応えがあったのですが。
全体としては、なんとも盛り上がりに欠けて平板な印象です。

ちょっときつい例え話ですが。
 豪華料理を平らげはしたものの、急いで食べたおかげで、
 心地良い満腹感ではなく、ただの腹部膨満感 、、、
という感じでしょうか(^^;

この監督さん、2年前の「日本のいちばん長い日」リメイクの方でした。
あちらも、オリジナルには遠く及ばない、ダイジェスト版のような出来でした。
残念ながら、今回も同じだったなー、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

見てきました!!! 映画「ローマの休日」

企画上映「午前10時の映画祭」というのがありまして。
懐かしの名作がスクリーンで見られる、嬉しいイベントです。
それも、一般1,100円、学生500円という特別料金です。
昨年は「バック ・トゥ・ザ・フューチャー」三部作や「七人の侍」などを楽しみました。

さぁて、今年の夏は「ローマの休日」(^^)
テレビ画面では、何度見たか分かりません。
2003年にはDVDも購入しました。
製作50周年記念デジタル・ニューマスター版(初回生産限定版)DVD 3,980円
Roman_03

何度かリバイバル上映もあったようですが、見逃しています。
この「午前10時の映画祭」でも2010年に上映されています。

さぁて、はじめて映画館で見てきましょう。

シネコンの一番小さいスクリーンは、わずか100席ちょっと。
主な観客は、40~60代に見える、ご夫婦。
中には、エレベーターの一段目にためらうような方まで。
皆さんきっと、この映画に懐かしい思い出があるのでしょう。

その一方で、20~30代の女性も結構目に付きます。
ステキな名作映画を楽しみにいらしたのでしょうね。
というわけで。
全体でざっと6割以上の席が埋まっていました。
昨年の「七人の侍」より多いくらい。
私の体験では、このシネコンで一番の混雑でした。


で、感想です。
あぁー、楽しかった。
本当に心地良く楽しい映画です。

この映画の良さは、もう語り尽くされているでしょう。
どこをとっても名シーン。
良かったシーンを挙げて行けば、ストーリー全部の紹介になってしまいます。
むりやり、幾つかリストアップします。

とにかく美しい、オードリー・ヘップバーン。
ローマを楽しむ時の、衣装の変化が良いですよね。
最初は、長そでブラウスにリボン。
翌朝は、リボンを外して袖を軽くまくり。
サンダルを買って履き替え、髪を短く切って。
袖を肘より上まで巻き上げ、スカーフを首に巻いて。
同じ服のまま、状況に合わせアレンジされます。

グレゴリー・ペック演じるブラッドレーは、もちろん格好良いですが。
友人の、ヒゲのカメラマン、アービングも良いですね。

世紀の特ダネ写真をしっかり撮って、これで大金が手に入る!
ところが、相棒に新聞記者ブラッドレーは、その気を失ってしまう。

自分から言い出しておいて。
あろうことか、相棒は女王様に惚れてしまい。
何度も転ばされたり、飲み物掛けられたりして。
それで、、、
 「お前が金にしたければ、止めはしない」

そう言われてもねぇ。
それでも、王女との会見で、写真を渡して、にやり。

いやーもう、たまりませんが。
これ位にしておきます。


最後に一応、バイクのご紹介です。
二人乗りをしたベスパではないですよ。
Roman_01

王女様が乗りこんだ三輪トラックは、モトグッチ、だったのですね(^^)
確かなところは分かりませんが、これでしょうか。
ミニチュアの情報がありました。
Roman_02
Motocarro Guzzi Ercole Cabinato
ファルコーネと同じ空冷単気筒500cc。
なんと1980年まで生産されていたとあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧