VTR雑考

2020年8月 6日 (木)

VTRで「出牛峠」「道の駅万葉の里」その2

リニューアルオープンの「道の駅 万葉の里」到着です。
神流川に面した、気持ちの良いテラスが出来ていました。
20200801_05
レストランには、窓に向いたカウンター席
これも良いですね。
20200801_06
手打ち天ざるそば。1000円。
20200801_07
あれ?
確かに手打ちっぽい麺です。
太目で不揃いで、、、固くて短くて。
うーん。
正直なところ、以前の方が美味しかったですねぇ。
先日、本場の長野でおそばをたっぷり食べてきたせいでしょうか。

以前食べた時の様子。
2016年10月15日(土) Breva750で、秩父周辺さくっと周回
天ざるそば950円。
2015年5月 2日(土) Breva750とSR400とNIGHTHAWK750とFAZEで志賀坂峠から神流湖から土坂峠
天ざるそば850円
2011年7月22日(金) SR400で定峰峠と志賀坂峠と土坂峠
天ざるそば850円

うかつなことに、帰りに気付きました。
バイク専用駐車場は、向かって左のいちばん奥。
建物から一番離れた場所です。
20200801_08
以前は、建物のすぐ脇だったのですが。
テラスを新設したので、騒音を避けるためでしょうか。
たしかに「それなり」のバイクも多いですからねぇ。
分からないことも無いですが、それにしても、遠すぎです。

さて帰りましょう。
いつもなら、志賀坂峠土坂峠を超えて秩父に出るのですが。
土坂峠には「大型車通行止め」の看板もありました。
今日は、おとなしく来た道を戻ります。

オミヤゲは「長井屋のまんじゅう」
12個720円。小粒でおいしいんです。
国道462号沿い、下久保ダムより5キロほど上流です。
20200801_09
包装紙も良い感じ。
20200801_10

というわけで。
出牛峠万場の里の天ざるも、空振りでした。

走行約200km。
クッションのおかげで、お尻もまぁまぁ大丈夫。

| | コメント (0)

2020年8月 5日 (水)

VTRで「出牛峠」「道の駅万葉の里」

私は高校生の頃、サイクリングにハマっていました。
国土地理院の25000分の1地形図をもとに、秩父の峠道を走ったりしていました。
その頃の友人との話です。
 友「出牛峠ってゼウスがなまった地名で、隠れキリシタンの里だったらしいよ」
 私「えー、隠れキリシタンなんて九州の話でしょ?」

それで話は終わったのですが。
つい先日、NHKのテレビ番組で、この話が取り上げられていました。
真偽のほどは定かではありませんが、言い伝えとしては残っている話だったのですね。
そうかー、カワベくん、ごめん。

というわけで。
8月になってやっと梅雨明け。
40年以上も前に自転車で行った小さな峠に、VTRで行ってみます。

埼玉県皆野町「出牛峠」の入口です。
県道をそれて、林道「陣見山2号線」に入ります。
20200801_01
なんと、道路が完全に崩落して、電柱まで宙釣り。
左のわき道にも入ってみましたが、工事車両が置いてあるだけ。
これはもう、諦めましょう。
20200801_02
すぐそばの「出牛交差点」です。
入浴施設とともに「出牛浄瑠璃人形発祥の地」の看板。
白久の串人形とか小鹿野の歌舞伎とか、昔は栄えた地域で・・・
いつも同じ言い回しになってしまいますが。
20200801_03

次の目的地は、群馬県神流町の「道の駅 万葉の里」
以前から良く利用している休憩ポイントです。
ニューアルされたそうなので、見てきましょう。
神流川や下久保ダムを左に見ながら、国道462号を北に向かいます。
20200801_04

続きは後ほど。

| | コメント (0)

2020年7月 2日 (木)

びっくり「ベニシジミの斑点」

杉山城跡にいた、ベニシジミ(紅小灰蝶)
20200626_13
珍しくもなんともない蝶ですが。

こちらは、ウィキペディアの画像です。
ファイル:Lycaena phlaeas Osaka.jpg

見比べて、びっくり。
ベニシジミの羽の黒い斑点は、同じ配置なのですね。
ネットの画像をいくつか見ても、同じです。

へぇー。そうなのか。

今まで気にしたこともなかったですが。
例えば猫やパンダなどのように、みな違う斑点模様なのだろうと、漠然と思っていました。
そう言えば、ナナホシテントウの星は、みな同じ配置ですものね。

生物としてのヒトの顔。
眉と目が横に並んで二つづつ、その下に鼻と口が一つづつ。
どの個体も、相互の位置関係は同じです。
それなのに。
形状や位置のわずかな違いで、絶世の美女だったり、それなりだったり。

ベニシジミの世界でも「えも言われぬ美しい斑点模様」があったりするのかも知れません。





| | コメント (0)

2020年6月30日 (火)

VTRで「杉山城跡」

2020年6月26日(金)です。
急に時間が空きました。
天気は薄曇り。予報では、午後は急な雷雨に注意。
VTRで、さくっと近所を回ってきます。

目的地は、埼玉県嵐山町の「杉山城跡」です。
以前ご報告した松山城跡や、流鏑馬のすぐそば菅谷館跡、小倉城跡と共に
「比企城館跡群」として国指定の史跡となっています。

VTRに付けたゴリラナビCN-G530Dに、すぐそばの「玉ノ岡中学校」をセット。
この学校名も、いわくありげな感じ。

途中の道路からの眺めです。
木に覆われた丘が「杉山城跡」のようです。
その右側に「積善寺」「玉ノ岡中学校」が見えます。
20200626_01

「積善寺」の入り口です。
徒歩ならここから城跡に入れるようですが、専用駐車場はこの先。
20200626_02

中学校を過ぎて交差点を左折、さらに左に入って駐車場に到着。
20200626_03

案内図がありました。
なんと、中学校の裏口から敷地内を通るようです。
20200626_04

体育館や家庭科室の脇を通って。
20200626_05

到着です。
開けた「東の郭」に、案内図などがありました。
20200626_06

案内図です。
左の竹やぶは立入禁止。右には桜の木が並んでいます。
その先に、小高くうねった城跡が見えます。
20200626_07

さて歩いてみます。「外郭 馬出郭口」とあります。
この先に元は橋があり、戦時には橋を落としたのだろうと。
20200626_08

裏の方にある「井戸跡」
大きな石で覆われています。
今でも一年中水がしみだしており、春には山椒魚の産卵場所になる。
蓋をしたのは、廃城の際に敵方に使われないためと思われる。
なるほど、そうですか。
20200626_09

城の中心部「本郭(ほんぐるわ)」まで上がってきました。
古い小さなお社、古い案内板と石碑。
20200626_10

周囲が良く見渡せます。先の中学校が見えます。
20200626_11

先ほどのお寺の奥なんですね。お墓も並んでいます。
20200626_12

規模は小さいですが、草刈りなどよく手入れされています。
そして、随所に分かりやすい説明板があります。
最初は、複雑な地形の散歩道程度の気持ちでしたが、
説明を読みながら歩いていると、だんだんその気になってきます。
「ここから攻め込まれたら、こちらから矢を射かけて」なんて。

先の案内図の裏側がベンチになっています。
それ以外には、特に施設はありません。

このような地形は、私にはうまく撮影できませんでした。
ご興味ある方は、公式サイトをご覧ください。
http://ranzan-sugiyama.jp/

大変キレイなホームページですが、、、
COPYRIGHT © SUGIYAMAJO.ALL RIGHTS RESERVED
とあるだけです。
これでは、このホームページの管理主体が誰なのか、分かりませんねぇ・・・

おまけです。
杉山城跡にいた、ショウリョウバッタ(精霊蝗虫)ベニシジミ(紅小灰蝶)
20200626_14
20200626_13
珍しくもなんともない虫たちですが。




| | コメント (0)

2020年6月11日 (木)

道路情報「定峰峠・二本木峠」開通予定日

昨年秋の台風19号は、各地に甚大な被害をもたらしました。
埼玉県の林道「奥武蔵グリーンライン」周辺は、今も寸断されたままです。
先の尻痛対策のテスト走行を兼ねて、様子を見てきました。

まずは先日の秩父高原牧場に向かいます。
牛さんと記念撮影。
20200604_03

牧場は営業再開で、先日のバリケードは解除。
その先の、二本木峠に向かう道路です。
あー。これはひどい。
ごっそりと、道路全幅が崩落しています。
クルマやバイクはもちろん、歩いて通ることも出来ません。
20200604_04
工事予定は令和2年9月30日まで。
20200604_05

県道11号に戻り、秩父に繋がる定峰峠に向かいます。
途中で通行止めの警告表示。
災害復旧工事中ながら「途中店舗営業中」とのこと。
それでは、失礼して行けるところまで行ってみます。
20200604_06
かなり範囲の広い崩落がありました。
とはいえ、道路の半分以上が残り、自動車が交互通行できます。
工事予定は令和2年9月29日まで。
20200604_07
小さな崩落です。
工事予定は令和2年10月16日まで。
20200604_08
その他、小規模のひび割れなど多数。
結局、定峰峠頂上のT字路直前まで来てしまいました。
峠の茶屋のクルマでしょうか、軽自動車が止まっています。
その先には、道路上に上から崩落した土砂が広がっています。
残りのスペースに大きなフレコンバッグが二つ。
通行規制用に置いたのでしょう。
クルマはもちろん、バイクさえ通れません。
20200604_09
VTRを停めて、歩いて抜けてみます。
反対から見ると、こうです。
20200604_10

さて、来た道を戻って帰りましょう。
途中の苔の生えた法面には、星のカービィ。
以前は、トトロなどが描かれていました。
クルマやバイクのオフ会スポット「峠の鬼うどん」のすぐそばです。
20200604_11

お馴染み、東秩父村の「小松屋本店」で、おみやげ購入。
いつもお茶を頂くのですが、今は提供中止とのこと。
20200604_12
いつものやつです。
生クリーム大福 140円×6個=840円 (8%税込み)
あんこ玉 6個入り390円 (8%税込み)
20200604_13

新装備シートクッションは効果があるようで、お尻も楽です。
STARKS ツーリングクッション バイク用脱着式座布団 国産品 ST-TC01
アマゾン価格:4,580円 送料無料


10数年前のゼルビスの頃「グリーンライン専用機」と書いたことがあります。
最近はちょっとご無沙汰でしたが、VTRに乗り換えたら、この辺の峠道がまた楽しくなりました。
秋の全面開通を、楽しみに待ちたいと思います。

| | コメント (0)

2020年6月 5日 (金)

VTRで小鹿野詣で その2

帰りは、2017年に延長された皆野秩父バイパスから寄居有料道路。
制限速度60㎞。免停にならない速度域なら、ストレスはありません。
20200531_13
小休止ポイントその1。
寄居町の鉢形城址
20200531_14
小休止ポイントその2。
東松山市の将軍塚古墳
前方後円墳ですが、周囲はぎりぎりまで削られています。
20200531_15
すぐそばの無量寿寺の解説パネル。
20200531_16
将軍塚古墳の説明板は、色あせて解読不能。
20200531_17
「前方」の部分には利仁神社
20200531_18
小さなお社。
更に「後円」部分には忠魂碑が建っています。
20200531_19
神社の周囲に咲いていた花です。
Google Lens で確認。
オキザリス・トライアングラリス?
そんなシャレたモンではないでしょう。
イモカタバミですね。
20200531_20

VTRの感想などは、後ほど。

| | コメント (0)

2020年6月 4日 (木)

VTRで小鹿野詣で

2020年5月31日(日)です。

緊急事態宣言解除を受けて、VTRで少し出かけてみました。
さくっと「バイクで町おこし」の埼玉県小鹿野町です。

立ち寄りスポット秩父高原牧場。入口に向かう道路は通行止め。
20200531_01
緊急事態宣言ではなく、定峰峠などと同様に昨年の台風19号の被害です。
上の位置から、来た道を振り返ります。
普段は駐車も出来ないポイントでの記念撮影。
20200531_02
クロスカブCC110の方と世間話。
クルマ用のドライブレコーダーを付けていらっしゃいました。
クラッチレバー台座前の平面部に接着、うまく納まっています。
20200531_03
例年なら「天空のポピー」が満開なのですが、今年は中止。
その代わり、寄居町方面に下った場所で一面のポピーが見られました。
20200531_04
小鹿野町に到着。まずは小鹿神社に参拝。
転倒防止のお守りやステッカーも売っています。
20200531_05
かわいい「顔はめ」の下には、踏み台も置いてありました。
20200531_06
町中を少し歩きます。
古い「警備詰所」の立派な看板。
20200531_07
小さな「八坂神社」
春祭りでは、神輿渡御の行列が小鹿神社からここまで歩きます。
20200531_08
休憩所のポスター。
「クライミングパーク神怡舘」。
以前休止した「埼玉県中国山西省友好記念館」ですね。
人気が出ると良いですが。
20200531_09
ついでにもうひとつ。
「山登り安全ガイド」
ヤマノススメ サードシーズン
20200531_10
いつものお土産。
太田甘池堂の羊羹。
ミニサイズの本練・田舎・柚子、どれもひとつ税別220円。
20200531_11
本練は、白いんげん。
柚子は、本練に柚子の香り。
田舎は、小豆の粒の感触を残した仕上げ。
20200531_12
三個をそれぞれ三分の一に切って盛り合わせ。
ホテル雅叙園のオミヤゲの黒文字で頂きましょう。
20200531_21
上品な白いんげんも良いですが。
こってり小豆の粒つぶの感触も嬉しいです。

続きは後ほど。

| | コメント (0)

2020年4月 1日 (水)

VTRちょこっと試乗

ナビとアクションカムのドラレコモードの動作確認。
キャリアとボックスの取付状態の確認です。
午後から少し走ってみました。

近所の染井吉野の名所は満開。菜の花の香りがいっぱい。
2020326_16
2020326_17

| | コメント (0)

2020年3月20日 (金)

VTRで越生梅林から鎌北湖

2020年3月15日(日)の続きです。

さて。
ここから奥の林道「奥武蔵グリーンライン」に向かってみます。
昨年秋の台風19号で、あちこち通行止めのようなので、様子を見てみましょう。

昨日はこの時期には珍しく「みぞれ」が降りました。
それが、この辺では雪だったようです。
ありゃ。
さっそく「この先通行止め」表示があります。
行けるところまで、行ってみましょう。
20200315_15 20200315_16

特にひどい荒れもなく、グリーンラインに出るT字路に到着。
ありゃ。
どちらの方向も通行止めです。
西の「顔振峠・県民の森」方面はテープで遮断して「絶対に行かないで下さい」
20200315_17 20200315_18
東の「毛呂山・鎌北湖」方面は、簡単な「この先」看板のみ。
仕方ありません。
失礼して、鎌北湖方面を行けるところまで行ってみることにします。
一部ガードレールがひしゃげていますが、道路は特に問題ありません。
20200315_19 20200315_20
特に何事もなく、鎌北湖に到着。
湖水がすっかり抜かれています。ダム堤体の補強工事だそうです。

工事車両の入口は、川上の奥の方にあります。
そこから湖底に下りて、鉄板を敷いて仮設道路の工事中のようです。
道路が出来たら重機を入れて、目的の堤体工事を行うのでしょう。
20200315_21 20200315_22
湖畔を反対側の奥まで進むと「鎌北湖レイクビューホステル」
以前はここは「鎌北湖ユースホステル」でした。
私が中学三年生の頃、二度目に泊まったユースでした。
半世紀近く前の話です。
今でも営業しているんですねぇ。

毛呂山町のサイトをチェック。
「けろやま」なら可愛いのですが「もろやま」です。

鎌北湖耐震化対策整備事業について
・平成25年度に毛呂山町で鎌北湖の一斉点検及び耐震調査を行ったところ、
 堤体の耐震性が基準を下回ったため、耐震対策が必要という結果になりました
・堤体工事開始は2019年10月
・堤体工事終了は2021年4月、鎌北湖の貯水開始 だそうです。

ウィキペディアで一応確認。
鎌北湖
・1935年に完成した農業用貯水池
・ダム形式は中心コア型アースダム

なるほど。
台形に土盛りしたダム堤体が、耐震強度不足だと。
何しろ85年前の工事ですからね。
今の基準で検査すれば、損傷がなくても基準に達していないのかも知れません。

※Vストローム乗りのツバキッキさんも、一昨日3月13日にいらしていたのですね。

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)

VTRで越生梅林

2020年3月15日(日)の続きです。

点検整備が終わったVTRで、近所を150㎞ほど流してきました。

まずは、埼玉県越生町の「越生梅林」。
梅まつりの最終日です。
例年なら期間後も結構花が咲き残るのですが、今年は残り僅か。
おかげで入場無料。屋台も暇そうでお気の毒です。
20200315_11 20200315_12

越生町婦人会売店のうどん500円。
寒い日は、こういうのがありがたいです。
20200315_13 20200315_14
おみやげは、弓削多醤油の「有機たまかけしょうゆ 150ml」300円。
「有機しょうゆをベースに有機塩みりん、かつおぶしを使った、たまごかけごはんに合う醤油です」
積載はタンクバッグ一つですからね。大きいものは買えません。

さて、この後は峠道に向かいます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧